FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > 過去ログページ
2014年12月29日
FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその5
旧ブログより現在移転作業中ですm(__)m
直近の更新
緊急アナウンス 2014/12/13更新
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
年末の少し前から販売オファーの迷惑メールは過熱してきます。
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
インフォトップ
追加アナウンス
リアルタイムで起きている詐欺情報などをここに書いています。
過去の物は過去の記事をご覧ください。現在は一旦解除中。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画をどうぞ-

Woman Abused In Front Of Cops Prank!


どうも高山です。
今夜は戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズの5です。
このシリーズをはじめてみる方は第一回から読み進めてください。
では今回も初心者の方にペースを合わせて
ゆっくり見ていく事にしましょう。
Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

このコーナーは高値と安値の見方に慣れた段階の初心者向けの方の
内容になっています。だからこそ重要で、永続的に使える内容となっています。
基本的に易しい質問を繰り返す中で少しずつ進めていく方がおそらく
わかりやすいと思うのでそのようにすすめていきます。
私の場合もそのように繰り返していく中で頭に刻んでいきましたので
私と同じように不器用な方目線で進めていきます。
announce.jpg

では最初に先週末最後のドル円1時間足がその段階でどの範囲に対しての戻りだったのか
チェックした部分が結果として週明けどうなったのかいつものように確認していきましょう。
はたして指定した範囲は適正だったのか否か毎度の確認です。
先週末終了時のドル/円1H
6.PNG

週末の戻りの範囲は緑の波の範囲にかかる戻りですよと伝えておきました。
では週明けの確認です。

週明けのドル/円1H
1.PNG

戻りの範囲は適正でその範囲に対して38.2戻した所を基点
上昇していくという結果でした。

易しい事を繰り返す。大事な言葉を繰り返す。
難しい事にいきなり挑むより易しい問題をテンポ良くこなす方が上達が早いです。
大事な事は何度でも繰り返して伝えていきます。そういうスタンスで進めています。

ではここでまた一つ復習しておきましょう。適正な範囲を判断し、フィボナッチ等の
罫線ツールを用いて基点を探します。
指標を見送り基点を見送り、次点を待つトレード
をこのシリーズでは行いたいわけですのでフィボナッチのどこで反転したかどうか。
どこで反転するどうかを予測するわけではない事を忘れないでくださいね。
どこで反転するかを予測するという事は難しいとイメージできると思います。
ある地点で反転したのを見送ってもいいというのが前者にくらべて容易な事もイメージできますね?
そういったイメージを今は描けていれば問題ありません。
ここで言いたいのは、
・フィボナッチが重要だという事ではないという事。
・反転した基点を予測する事が重要ではないという事。
この二点を再度確認しておいてください。
2349098787_2cd660c18c.jpg
前回の確認
さて前回は戻りのシリーズはそもそも何をしていくためのものなのか?基点のイメージとは?
そんな感じの内容を書きました。重要な部分ですので再度読んでおいてください。
では今回は再び話を高値・安値に戻して進めていきたいと思います。
今までまずは一つの時間足で慣れていく方がいいと思いまして1時間足だけで話を進めてきました。
ですが戻りの見方シリーズ内では1時間足と5分足を利用したエントリーを前提として進めていくと
最初の方で伝えていましたよね?もちろんこれは記事内容を統一するために前提を置いているだけで
別に1時間と5分足の組み合わせでしかこのトレードはできないというものではありませんからね(笑)
いつもの週明けチャート確認
ここでちょっと1時間足に対して適正な範囲を判断できてフィボナッチを引てみた時、五分足ではどのような
事になっていたのか見ていく事にしましょうか。
先ほど確認した先週末から今週末にかけてのドル/円1Hのチャートを使ってチェックしてみましょう。
ドル/円 5分
1.PNG

赤いラインが一時間足に対する現段階での戻りの範囲です。適正な範囲です。
ここで少し言葉を整理しましょう。
Depositphotos_14423769_resize.jpg
そもそも戻りの範囲、適正な範囲とはなんでしょうか?
わかってる人も多いと思ったので改まっては説明してこなかったのですが
わからない方もいるかもしれないので確認していきます。
見ている高値安値のサイズによりその影響範囲は違ってきますが基本的には
こう覚えておいてください。
例えば上昇トレンド時の売りを例に例えましょう。
適正な範囲を超えた戻りがあった場合、その戻りの基点(高値)が下落方向への
短中長期(サイズによる)の下落トレンド形成の始点になりうる可能性がある…
そういった境界線だと思ってください。
さらに単純な言い方をすると短中長期(サイズによる)のダウトレンドが暫定的に
崩れたポイントであるともいえます。

つまりこのドル/円5分で言えば、
1.PNG

この水色のラインを抜けてきたら今度は売りを狙うために戻りを待つ事に
なるので買いは控えますよという判断に例えばつながっていくわけです。
この場合気を付けてないといけないのはこれが1時間足で見た戻りの適正な
範囲を5分足で見ているという事です。5分のヒゲで水色をわずかに抜いたとしても
それは根拠としては薄いです。せめて15分、30分足の終値でしっかり抜いてくる
必要がありますがこれはまだまだ先の話なので今は流し読みでOKです。
また大丈夫かと思いますがこの青いラインはこの段階、この範囲の高値がこの段階の
状態である時の話で永続的なラインではない事は間違えないでくださいね(^_^;)
countdown-5.jpg
さてみなさん。ここでそろそろ一つの疑問が出てくるのではないでしょうか?
今まで1時間足単独で現在地の戻りがどこからどこまでの範囲に対しての
戻りなのかその適せな範囲を見てきましたね?1時間足単独で見れるなら
一体5分では何を見る必要があるのでしょうか?
おそらく五分の方やより早くエントリーできるから…という意見をすぐに持った
方もいるでしょう。それも間違いではありませんがもっと大事な事があります。
それを今回の宿題にしようと思います。
次の更新を読めば済む話でも実際に考える事が大切です。
image writing.jpg
宿題
1時間足の現時点での戻りがどこからどこの範囲に対しての戻りなのか
その適正な範囲を1時間足単独で判断できるのに5分足を使って一体、
何を見ていくのでしょうか?

少し先の予告
昨日の記事の中で2015年の目標を掲げています。
その中で為替ブログランキング10位以内到達達成した場合読者に感謝を還元すると
書いています。到達後、ランキングが維持されている段階に応じて一つで無く複数の
無料ファイルを配布しようと思っています。その一番最初のファイルには超簡単に戻りの
範囲をローソク足を見るだけで判断する方法というのを掲載予定です。
今、現在において1時間足単独で戻りの範囲をそもそも判断できないのだけど…という方は
それを参考にしてもらえるといいかもしれません。
ただ基本的には高値、安値をサイズ事に見ていく事、チャートは成功と失敗の両シグナルから形成
されているという事を逆説的にチャートに反映して見ていく事でより精度の高い仕訳が可能なはずです。
ですので基本的な高値、安値を見る練習は怠らずに行うべきだという事を注意しておきます。

最後にいつもの…
高山は今年のトレードは終了しましたし他の方もうトレードされている方は少ないとは思いますが
いつものように週末の現時点におけるドル/円1時間足がどの範囲に対しての戻りなのかを
見ていきましょう。ただ今週は正しく見るといつものいつものと違い二つの範囲の中で動いている
いわゆるレンジの縮小傾向にあるので今回のは初心者の方はあまり見ない方がいいです。
初心者のうちはなるべくわかりやすい場面を見るようにした方が後々応用が効いてくると思うので。
1.PNG

今なぜ動きが無いかといえば三つの範囲に挟まれて値幅がサンドイッチの中央部分で
縮小しきっているからです。逆に言うと例えば1時間足、5分足のペアで言えば1時間足
単独で適正な範囲の判断がつくような時は動きがある場合ともいえます。
さらっとコツ的な事を書いていますが初心者の方はまだ意識しなくていいです。
また基点を見送るトレードがもっとも勝ちやすいトレード方法ですがこの利点の一つとして
こういう縮小傾向にある時はそもそも基点が発生してないので余計なエントリーが減ります。
これも大きな優位性となります。

次回は
年末年始は更新ペースが乱れます。
2014年のトレードは終了しているので各シリーズ系などの更新を
すすめていこうかと思っています。

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   








posted by レジデンス高山 at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戻りの見方シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月28日
2014年、FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させたい記録!を書き始めてから…
旧ブログより現在移転作業中ですm(__)m

緊急アナウンス 2014/12/13更新
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
年末の少し前から販売オファーの迷惑メールは過熱してきます。
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
インフォトップ
追加アナウンス
リアルタイムで起きている詐欺情報などをここに書いています。
過去の物は過去の記事をご覧ください。現在は一旦解除中。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画をどうぞ-

American Sniper - Official Trailer 2 [HD]

〜ブラッドリークーパーだと最初気づきませんでした(^_^;)〜

どうも高山です。今夜は雑記ですので私的な話を書いています。
個人的に思う事などになりますので面白くないかもしれません。
2014年を振り返りながら来季、来年に向けての目標を設定しておこうと思います。
今日は私の大嫌いなメンタル的な話も少しだけ出てきます(笑)
また私事ですが年内のトレードは終了しました。
Tesla_S22arony.jpg
応援頂けると嬉しいです^^
1.PNG
2015年必ず達成する事

1.六ヶ月毎の資産到達目標を必ず達成させる

2.為替ブログランキング10位到達達成したら読者に感謝を還元する

3.両親に老後のための平屋の家をプレゼントする

私レンジデンス高山は2015年必ず上記のすべてを達成して見せます。
person-writing-a-letter-014.jpg
2014年、FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させたい記録!を書き始めてから…
アメブロで8月からスタートしたこのブログもあっという間に年をまたぐ所まで来ました。
はじめたばかりの頃の取引枚数は今と比べて非常に小さなものでした。
当時というにはまだ数ヶ前の事ですが長い間小さな枚数で経験と確証を深めるために
毎日毎日かなりの時間をトレードに費やしていました。

8月になってブログを始めたのは自分のトレードに確信を持ち始めたたものの、掲げた
目標の大きさに押しつぶされてしまう不安を不特定多数の誰かに向けて言葉に出して
発信する事でモチベーションを維持するためでした。

そしてもう一つが独学で進めてきた手法や考え方を長年相場で生き残っている方への
目に触れてもらい意見を頂きたかった。そういった場所や仲間を探すためでもありました。
アメブロである方に声をかけて頂き、その後実際にお会いする形でコミュの方へも入れて
貰う事ができ多くの意見を聞けた事で確信を深められました。
これは本当にラッキーな事であったと感謝しています。
この出会いが2014年最大の幸運であったと思っています。今後ともよろしくお願いします。

読者の方へ
165636-plasticlogic_reader_original.jpg
日々応援してくださってる方、ランキング向上へ協力頂いている方、本当にありがとうございます。
FXでまだ成果を出せてない方へ少しお話しさせてください。
私は数ヶ月前まで勝率は安定していたものの確証が持てず数枚程度の取引しか行っていませんでした。
そして仲間に出会い、確信を得て積極的に増やそうという姿勢にシフトしてからまだ数ヶ月ですが
今では数ヶ月前の自分が嘘のような枚数で取引する事ができています。
これは自慢話を聞いて欲しいわけではありません(笑)
私がいいたいのはFXで資産を増やし始めたらその後は結構なペースで増えますよと言う事を
言いたいのです。これも自慢に聞こえますか?(^_^;)
そうではなくて言葉を変えるとそんなに焦る必要は無いですよと言いたいのです。
手法がかたまってから資産を増えるペースは非常に早いはずです。
ですので焦る事なくしっかり地固めする事に目を向けてください。
それが一ヶ月の人もいれば半年の人もいるでしょう。一年の人もいるかもしれません。
多くの人は数ヶ月程度ではと思います。ただ向き不向きもあると思いますので(^_^;)
success-18715.jpg
最初に苦労してしまえば後が楽です。それにFXの苦労というのはたかがしれてます。
難しいのは何を学ぶかを見つけるまでであってその後はただ繰り返す事で乗り越えられます。
種類としては資格の勉強と一緒です。私はある国家資格や様々な資格を有しています。
資格ゲッターという一つの趣味です(笑)そういうものと同じです。
積み重ねれば馬鹿でも取れるという系統の学問ですFXは。
才能がいる分野ではないような気がします。
ですので昨日書いた記事を参考に自分に何が足りないか、何を学ぼうか見つめなおしてください。
積み重ねる物がはっきりしてしまったその後は個人個人の時間の差はあれどゴールは見えたも
同然だと私は思います。
top-10-films1.jpg
為替ブログランキング10位(現在400位台)到達達成したら読者に感謝を還元する
これはどういう形で還元するかはまだいくつかの案がある状態でハッキリしていません。
個人的に教えるという事は時間的な問題から不可能ですし読者全員を相手にできるわけもありません。
ブログ上で様々な事を書いていますが正直な話をするともったいぶってつっこんで書けていない事もやはり
少しはあります(笑)誰が見てるかわからないわけですからね(^_^;)
ただこのブログ上で書いてきた事に偽りはありませんので安心してお読みください。
そういった事もあるのでよりつっこんだ内容をファイルにしてアップロードして無料で配布する事なども
視野に入れて考えています。
その変わりファイルにはパスを付けますし各ファイルに個人ごとの名前やナンバーの記載をすると思います。
簡単な取得者の情報も管理させて頂きますがもちろん例えばアドレス等にこちらから連絡するような事はありません。
あくまで無断転載等が起きてしまった時の個人特定のため処置時のためにという形しか利用しません。
ですのであくまで希望者に対してという形にはなると思いますが簡易レポート的な内容の無料配布を考えています。

次回は
明日、日曜日に戻りのシリーズもしくは他のシリーズ、
時間があればまた二記事更新を考えています。
今回はいつもの違いFXの直接的な内容ではありませんでしたが
読んでくださった方々ありがとうございました。
年末年始は更新ペースが乱れる可能性もありますがご勘弁を

ランキングが唯一のモチベーション維持に
 つながります。応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   



posted by レジデンス高山 at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014を振り返って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月25日
クリスマスイブ特別編:FXは難しくない!単純作業の繰り返しで勝つ事ができる。さあ何を学ぼう!
旧ブログより現在移転作業中ですm(__)m

緊急アナウンス 2014/12/13更新
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
年末の少し前から販売オファーの迷惑メールは過熱してきます。
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
インフォトップ
追加アナウンス
リアルタイムで起きている詐欺情報などをここに書いています。
過去の物は過去の記事をご覧ください。現在は一旦解除中。

週末の記事をまだ読んでいない方はこちらへ
-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画をどうぞ-

[HD] 'Winter Chills' Wonderful Chillstep Mix

〜クリスマスに合いそうなBGMで勉強しませんか〜

どうもこんばんは。少しお酒の入った高山です。
クリスマスイブという事でいつものシリーズとは離れて
なにをやっても上手くいかない。FXをあきらめかけている方に向けて少し書きたいと思います。
Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^
ダウ理論
FXを難しくしているのは自分自身かも?
FXの基礎知識はある。各種理論も勉強した。商材も買い漁った。
インジケーターにも詳しくなった。人によっては
EAを作れるようにまでなった。インジケーターを作れるようになった。
という方もいると思います。
それなのにまったく勝てない
という方に向けて今夜は書きたいと思います。
少し考えてみてください。みなさんの頭の中に詰まった知識や経験それら本来トレードを助けて
くれるはずの物が実際にはあなたのトレードを迷わす原因になってはいませんか?
先にいっておきますがこれは
有名商材販売者達が都合よく持ち出すマインド、メンタルの話ではありません(笑)
Jesus_Son_of_god_Holy_Spirit.JPG
迷うという事はどういう事か考えるべきです。
迷うという事はつまり判断すべき決断すべきその「物」が複雑な可能性があります。
トレードを助けてくれるはずの経験やツールそれ自体の判断がすでに複雑であり、
その複雑な要素を集めてさらにチャートを分析するからより複雑になり、迷うのではないでしょうか?

なぜシンプルを求めるべきなのか?
〜単純作業の繰り返しをイメージする〜
インジケーターも
その集まりからなるシステムも
そのシステムを利用した手法も
基本的にはシンプルでなければいけません。

なぜか?
それはチャートは単一の時間足で動いてるわけではないからです。
複数のサイズの波で形成されています。
チャートそのものが幾重にも重なっているわけです。
つまり各時間軸、サイズを同じように繰り返し重ねて分析・分解する必要がある。
そのためにはシンプルで同じ判断が下せる基準と使い方が必要である。
そう私は考えていますしトレードする中でその通りだと日々実感しています。

ツールや手法をよりよく使うためには
もっともっとシンプルな判断基準を設けるべきです。
例えばその代表例が高値、安値ですよね。
announcing2.png
ところで私は戻りのシリーズなどの説明の中で話が一見難しくなった時にみなさんへ
言う事がありますよね?

大丈夫です。難しくありません。単純な事の繰り返しを行っているだけです。

この単純な作業の繰り返しという部分、みなさんイメージできているでしょうか?
例えば高値、安値を見るという事はどの時間足においても繰り返しの単純作業で行えますよね?
そうする事で今〇〇時間足で見る高値を〇〇時間足で見るサイズで形成してる途中かな?
そんな風に相場状況を簡単に確認できるわけです。そうするとレンジなのか、大きいレンジンか
小さいレンジなのか?そんな事が見えてくるわけです。
そこに必要な技術ななんでしょうか?チャートの波を見る技術です。
高値、安値しっかりと大きさ事にわけて振り分けていく技術です。

つまり高値、安値というシンプルな判断ツールを使いたい。
それでは波を見る技術を付けるために高値、安値をマークする練習をしよう。

といった感じで何を学ぶかが決まるわけです。
例えば話をインジケーターに変えてみましょう。
こちらはもっと簡単です。これはまた別のシリーズの更新時に
書いていこうと思っていますが、短期設定にしたオシレーターは短期的ではありますが
チャートが形成する波の角を良く捉えますよね?
当然それだけに頼ればだましも多く使えたものではないとは思います。
また例外として極端に短すぎる設定については論外だと先に言っておきます。
woman-web-design.gif
では初心者でも扱いやすいRCIを例に出してみましょう。
ここでは設定をデフォルトの9に設定しておきます。
短期設定というと大体5-9ぐらいまでの事を私は指しています。
ここではRCI9が中央ラインまで戻してからまた上に抜けた範囲に対して縦ラインを引いています。
1.PNG
ここでの話はあくまでわかりやすく話す事を目的としていますのでそれを踏まえて聞いてくださいね。
単純に見る事が大切ですのでこの例では簡単に
1時間サイズの短期的なサイクルは戻った状態にある…でOKです。
今回は例えなので難しく考えないでOKです。まずイメージを固める事を優先させてくださいね。
次にこの一時間サイズの短期的なサイクルが半分消化された範囲を15分足で見てみましょう。
2.PNG
1時間短期サイクルを終えた後に15分足の短期サイクルが上昇を指示した所です。
どうですか?非常に簡単で同じような事をやった事がある方も多いですよね。
単純だからこそ、「重ねる事」ができます。
今回は違うシリーズの話なので深く解説いれませんが一つ注意を書いておきます。
複数時間足の短期オシレーターを
同じ時間足に表示させればいいと思っている方もいると思います。
MTFを利用したり例えば1時間足RCI 9 を5分足に108として入れるといった事です。
これは絶対にやめた方がいいです。必ず時間足を切り替えて確認してください。なぜか?
終値を最重視
終値を最重視しているからに他なりません。なので基本的にローソク足の確定を待たないで
エントリーを謳う商材はまず間違いなく使えませんので相手にしない方がいいです。
ダウ理論で終値を重視するように書かれているからというのが理由ですが、これは実際に
終値を意識してチャートを見る事でより実感できると思います。
各インジケーターも基本的には終値で計算されています。(変更も可能ではありますが)
これはまた戻りのシリーズが進んだ先に関係してくる事なので追々詳しくかいていきます。
thumbs-down-guy_shutterstock_72308182-300x201.jpg
また、単純に先ほどの例のような形でエントリーしても必ず大きなドローダウンに遭遇します。
それを回避するためにあるのが基点を見送りという考え方です。
FXで習得すべき多くの技術のその目的は
基点の目星をつける事で基点と決めつけてエントリー
する事ではないのです。次点を待つ技術、
これを見る授業の一時間目が今更新中の戻りのシリーズです。

まとめ
何を学ぶにしろアクションを起こすために考える事が同じです。
目的があり、それを構成する要素があり、それを見るための技術の練習がある。
そして大事な事はその要素となるものがなるべくシンプルであるべきという事。
10回同じ状況に遭遇した時に10回同じ判断ができるような物を選ぶという事です。
あとは重ねて繰利返していくだけです。面倒臭いようでこれが一番簡単な上達方法です。
単純にトレンドフォローしましょうという話ではなくて、重ねる感覚のイメージを持って欲しい。
FXは複雑な分析の重なりでなく、
単純な事の繰り返しで充分に戦えるというイメージを持って欲しい。
今夜はそんな理由で書いた内容でした。いつも応援ありがとうございます。
少しずつランキングが上がってきたようなそうでもないような気がして嬉しいです(笑)

次回は
今日の内容が役立ったという方はrankingへの協力を。
年末ですがいつもぐらいの更新ペースをなるべく維持します。
ですのでモチベーション維持のために応援お願いします(笑)

 ランキングが唯一のモチベーション維持に
  つながります。応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   






posted by レジデンス高山 at 02:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。