FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > 過去ログページ
2014年12月14日
FX商材(主にアフィ絡みの商材)を買う前に知っておきたい事、考えたい事。
旧ブログより現在移転作業中ですm(__)m

緊急アナウンス 2014/12/13更新
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
年末の少し前から販売オファーの迷惑メールは過熱してきます。
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。

【キスがしたい】大好きな人にキスをした!!!

〜ガリットチュウさんのチャンネルの中のキスがしたいシリーズやばいです(笑)〜
〜もう削除されてるかもしれませんが中には美人局で捕まった女性まで出てきます(笑)〜


今日は長いですが
読んでおいた方がいいです。
Tesla_S22arony.jpg


どうも高山です。今日は二つ更新しています。もう一つは戻りの見方シリーズです。
アクセス解析をしますと人気ページがわかります。
有料/無料商材のレビューが思いの他アクセス率が高いので今後レビューしていく上でも
大事な事を書いておこうと思います。書いていく内容に関して
そんなの知ってるよ!
という方もいるとは思いますが知らない人のためにFX商材を
買う上での注意点やFX商材ばかり売っている有名商材販売i員の有名人たちの手口などを
書いていこうと思います。

ここから先は、あくまで私個人の個人的な意見にすぎません。
それを踏まえてお読みください。

small_house_clip_art_18640.jpg
みなさんはFXでなくても構いませんが情報商材を購入された方いらっしゃいますか?
FXをやっている方であれば一つくらいは購入した事があるという方多いと思います。
FX商材の場合は非常にわかりやすく住み分けがされている事を御存じですか?

インフォトップ
相互に協力し合って宣伝力とリストホルダーや販売者本人のリストに対して強力かつしつこく
粘着するような形で徹底的に売る事を目的とした販売のプロ達が巣食う販売サイト。
特徴
・目を引くクオリティの高いセールスレター
・高いアフィリエイト率
・一斉に作成される大量の自演サイト(最大手だと検索上位が埋め尽くされるほど表示されます)
・一斉に作成されるコピペのような賞賛文で構成されたアフィリエイター達による一斉プッシュ
・購入後にとめどなく迷惑メールのような商材、サービス、セミナー等の宣伝メールが
 一年中届くようになる
・個人的な経験と感想ですがインフォトップ系のFX商材で優良商材を見た事がない。

その他
それ以外の主に個人レベルで活動してるような人達が情報発信、販売などで利用している所。
ダウンロードマーケット等があげられる。
特徴
・わずらわしい迷惑(販売)メールが来る事が少ない
・広告が簡素
・ごく稀に優良商材がある
・自演サイトほぼ無い。あっても1、2コ
・アフィリエイト率、価格が低い
・たまにメルマガ誘導やステップメールを送る人がいる

例外
販売サイトを経由せず完全に個人ページでの販売を行ってる人達。
フリメからの振り込み誘導と決済ページまで併設されている所等がある。
特徴
・ヤフー質問板などで自演のやり取りが目立つ(質問者、回答者が同じ)
・その質問のやり取り自体をコピペして年に何回か更新している。
・大抵の場合、メルマガ形式で無料指導するといいながら何かと小分けにして
 動画や商材等を販売してくる

とりあえず大きくわけてこんな感じだと思います。
一番気を付けなければいけないのはトレーダーとは名ばかりの有名商材販売者です。
一つ買えば、年にすさまじい回数のメールが届くようになります。
それだけではなく登録した覚えのない販売者、商材からもどんどんメールが来ます。
なぜなら彼らは販売リストをお互いに使いまわしているからです。
一人が100人に販売したリスト。もう一人が200人に販売したリスト。
二人で合わせれば「買いやすい見込み客」が300人に対しての販売が行えるわけです。
これを10人の販売者が行えばどうですか?とんでもない数字になりそうですね(笑)
たまにアフィリエイト率が異常な程高い商材があります。
儲けをまったく考えてないような設定です。
これはどういう事かと言うと販売者は販売リストを手にする事が第一目的なわけです。
そのアフィリエイト率の高い商材で儲けるのではなく、それを購入した相手に対して何度も何度も
違う商品を売りつけていきたいわけです。そのために大量のリストが欲しい。
そのためには大量のアフィリエイターに宣伝して欲しい。
アフィリエイターはアフィリエイト率の高い儲けの大きい商材が大好き。
だからアフィリエイターに大量に宣伝、販売してもらうために
アフィリエイト率が異常に高いわけです。
つまり有名販売者の商材はネットワークビジネスを使った
勝たせる事が目的ではなく売る事が目的の商材なわけです。
cloud-question-mark-original.jpg
ところでなぜ彼らが商材を販売しだすと
一斉に自演サイトやアフィリエイター達が宣伝を開始するのでしょうか?
いくつも商品があるのに一斉に同じ商品をプッシュするのはなぜでしょうか?

有名商材販売者達は宣伝力が半端ではありません。つまり売れやすい可能性があります。
それだけはありません。アフィリエイター達は当然アフィリエイトで稼いでるわけですから
アフィリエイト率の高い商品を売りたいわけです。儲けが大きいわけですから。
ですので重要な事は勝てる商材、価値のある商材かどうかという事よりも売れやすく、
還元率の高い商品であれば賞賛の対象とするわけです(笑)
woman-web-design.gif
例えばよくあるパターンの一つにその商品だけの検証サイトがあります。
仮にコル〇パという商材があったとしましょう。
(以下コル〇パは架空の商材名として利用しています)

するとわざわざ個人を名乗る人が「コル〇パ検証しました!」なんてタイトルの
ページを作るわけです…ふつうに考えて個人がそんなサイトをわざわざ作ると思いますか?(笑)

当然、誰がこんなのにひっかかるんだよ…
と思う方が大半ですが実際に多くの人が信じて購入してしまいます。

心理学で見る商材販売

誰がひっかかるんだろうと思ってる人の中にも実はひっかかってしまった事がある。
という人もきっといると思います(^_^;)
そういう人の中でよく当てはまるのではないかというパターンを紹介します。
コンコルド効果
コンコルド効果という現象を知っていますか?
ここではその名前の由来は割愛しますが簡単に言いいますと
ある対象への金銭的・精神的・時間的投資をしつづける事が損失につながると
わかっているにもかかわらず、それまでの投資を惜しみ、投資をやめられない状態を指すします。
例えばコル〇パという商材を買うとしましょう。この商材はとにかく関連した商材の販売の数が
群を抜いて多いと有名ですが最初にコル〇パを買ってしまった。
次に紹介された関連商材を買ってしまった。
勝てなかった。
また関連商材の勧誘がきた。
次こそは勝てるかもしれない。ここまで集めたのだから全部集めないと不安。
コル〇パをさらに活かすための動画販売!?
ここまでそろえたのだからやっぱり買わないと損な気がする…以下ループ。

わかりやすい一例がこんな感じです(笑)
このコンコルド効果、FX自体当てはまる人も多いとは思いますがここでは商材に
当てはめてお話しています。

商材販売は悪なのか
satan-happy.jpg
この問題、みなさんはどう思いますか?
私は善とは思いませんが悪だとも思いません。
彼らは上手くやっているだけなのです。
彼らは彼らなりに頭を使って努力して販売しています。
頭を使わず商材さえ買えば儲けられると思っている思考の方がよほどの悪ではないでしょうか?
資産を増やすために資産からいくらかを投資して情報を得るなら
受動的な態度ではいけないと私は思います。
ただそうはいっても気分の悪い事であるのは確かです。
しかもネットワークビジネスは後発組には入る隙間がありません。
毎年新しい顔が現れ、FXに限らず情報商材が販売されます。
一見回転率のそこそこ良い市場のように見えます。

ですがバックにいる人間はいつも変わりません。
顔を挿げ替えてるだけの話です。
ここに書けないのが残念ですが裏事情を知ると正直胸糞悪くなる世界です。
ですので私は商材販売しようなどとはとてもじゃないですが思えません。

商材購入は意味ないのかあるのか
結局の所商材購入は意味がないのかどうか。
私が今、書いてきたのは昨今の商材販売のスタイルに対しての意見です。
個々の商材自体に目を向ければ
・ためになった物。
・新しいアイディアを閃くきっかけになったもの。
・チャートの見方が変わったもの。
・大切な事に気づかせてくれたもの。
やはりあるにはあります。ですが購入してみないとわからない場合が多いです。
当たり前の話ではあるのですが(^_^;)
私は知見を得るために商材を月に2-3個購入しています。
以前はお金が無くそこまで高頻度では購入できませんでしたがそれでも1-2ヶ月に
1つくらいは購入していました。大体当たりは一割前後ですね。
余裕があるなら買う事自体はまったく問題ないと思います。
むしろ私は継続して買っているわけですから(笑)
大切なのは買った知識を言いなりではなく自分なりに咀嚼する事だと思います。

購入者側の重大な問題点
marketing_crop380w.jpg
次にここがかなり重要なポイントです。
情報というのもは非常にやっかいです。例えばFX等技術的な事が多大に
絡むような内容はそれこそ購入者側にも問題が多くある場合が多いです。
当たりの商材
仮に当たりの商材にあたっても当たりだという事に気づけない事もあるわけです。
購入者側の知識や技術レベルが低い場合に起こる事ですね。
FXで勝ち残れるのは全体の数%と言われていますが私はそうは思いません。
せめて1割くらいはいると思います。なぜならそれ程までに難しいものだとは思わないからです。
ですが仮に1割としても10人いたら9人が気づけません。
だからみなさんインターネットでレビューや評価を探そうとします。
しかしみなさんが目にするほとんどのレビューや評価は販売者が作ったものです(笑)
大手販売者になると検索上位10ページ以上が自演とアフィリエイターで埋め尽くされます。
それに正しく判断できる人は全体の1割としてその1割の中のどれだけの人がわざわざ
HPを作ってレビューを残すでしょうか?一割の中の何パーセントでしょうか(笑)
ですので偽物か本物か、価値があるかどうかくらいはわかるように自分のレベルを
上げておく必要があります。それはどうやればいいんだと思われるかもしれませんが
そこは私がブログ内でよく言ってるような事に対して観察を進めてみてください。
私は平凡レベルのトレーダーだと自覚があります。
それでもどうにかなる程度のものですFXは。

私を含めて疑いましょう
attention.jpg
10人中多くて1割、私個人の希望で見ても1.5割りくらいしかいない人たちの中で
情報発信してる人がどれだけいるのでしょうか?
私のブログではアフィリエイトリンクを貼ってませんがもしかしたら私はただの暇人で
暇つぶしにブログを書いて満足してるだけかもしれません。
その可能性はゼロではないですよね?(^_^)

だから私を疑いましょう。どんどん疑ってください。

そして私がチャート画像を出して説明していたり解説していたりする
その内容が本物かどうか見極めてください!
簡単です!チャートを開いて私が普段言ってるような事を観察するだけです。
他人まかせにする事はもうやめた方がいいです。読むだけじゃ何もなりません。
評価も情報もすべて自分の考えで終結させてください。
読んだ中で終結させないでください。食べて、消化して、余計な物を吐き出して、
その繰り返しだと思います。なんでもそうですね(^^;)
ちなみに私は自分をよく疑います。自分の考えは正しいの?見方は合ってる?
その理論で一年後、二年後通用している?なんて感じです(>_<)

そんな話でした。
退屈な話に長々とお付きあいありがとうございますm(__)m

 最近読者登録が毎日増えています。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   FX

















posted by レジデンス高山 at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | <重要>FX商材を買う前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月12日
更新を予定しているいくつかのタイトル、インジケーターを使うなら短期間設定を重視するべき等。そして今日のFXトレードチャート
旧ブログより現在移転作業中ですm(__)m

緊急アナウンス
連日掲載してきました一連のバイナリー、カジノ、口座アフィ系の
詐欺注意のアナウンスを一旦解除致します。
また何か目にしたり耳にしましたらアナウンスさせて頂きます。

前回の更新も合わせて読みたい方は



Delpero Scores Perfect 10 at World Longboard Championships

〜こんな風に波に乗れたら…本物の波に乗るより為替チャートの波乗りなら才能いらずです〜


どうも高山です。平日更新ですので今日のチャートの話とこれから書いていく予定の
追加タイトル等を予告しておこうと思います。

Tesla_S22arony.jpg
追加予告タイトル
・インジケーターを使うなら短期間設定を重視するべき?
・上位足陰線陽線を見て簡単に方向を絞る方法

今週末更新予定タイトル
・戻りをゆっくり見ていくシリーズ
・有料/無料商材買ってみました

はじめて当ブログを読んで頂く方へ
当ブログは週末に技術的な話や情報発信を主として更新しています。
平日は聞き手のスキルを考慮せずその日のチャートを交えて書いていますが、
基本的にはなるべく初心者の方でもわかるような形にしようとは心がけています。
メッセージ、コメントされる際は回答返答まで時間がかかる場合が多々ある事をご了承ください。

〜今日の指標を見送り、基点を見送り、次点を待つトレードを探そう〜

今日は22:30に指標が密集していましたね。
ちょうど指標を見送り…の段階から見ていける場面だったのでその時の私のトレードを
切り取ってみました。

今回の場合は発表があった時にはすでに基点候補の動きが入った後でしたね。
そこから次点を待っている所で指標タイムがやってきた状況です。
赤の縦線部が22:30です。

ドル/円 5分
12112.PNG
にほんブログ村 為替ブログへ 
私はどこで入ったでしょうか?わかりますか?
その前に一時間足を見てみましょう。今日の方向と基点はどこにあるのでしょうか?

ドル/円 1H
12113.PNG

今日の場合、チャートを開いた時点で黄色枠の外右側陰線二つからの陽線一本つけた
所でした。この段階で一時間足の暫定の基点がこの画面上の安値に変わります。
そうなると今度は現在どの範囲に対して動いているのかを見る事になります。
この場合は赤い横線二本の範囲の話になりますので買うにしても長くは持てないなと
イメージする事ができます。幸い今日はボラリティもありましたので取りやすい日でしたが。

話は戻りまして5分足です。
私がエントリーした足は、指標発表のあった10:30の足の確定した時です。
12111.PNG
1211.PNG

第一決済ポイントが黄色枠ですがここは今は特に気にしなくて大丈夫です。
問題は五分足でどこが基点になっているのかという所です。

さらに今まで出てきたパターンと今回は違いますよね?
一時間足で暫定の基点が出てきました。一時間足を見れば誰がみても下げてきてるなと
見れるチャートであったはずです。ただし昨日の話の中で出てきた言葉を思い出してください。
その時間で利用できそうな基点
なんてフレーズがありましたよね?一時間の基点、五分の基点が同じ方向を向いているなら
それは伸ばしていく事を考えましょう。しかし今回のように上位が暫定的な基点である場合は?

そして戻りの範囲の上限に対してそれ程ゆとりがない場合は?ボラリティはある?ない?
なんて話をしているとみなさんの中には
difficult.jpg
複雑すぎる!わからない!

と思う人もいると思います。
わかる人には私がなんて事無い事しかやっていない事がわかると思いますが
まだ慣れてない方、高値安値が綺麗にまだ見えてきてない方には私が色々考
えているようにうつるかもしれません(笑)でも実際は違います。
結局は一つの事を基にして順々に見ているにすぎません。
見ている事もやっている事も基本的には同じです。
この辺りもゆっくり今後書いていけたらと思ってます。

ですので更新継続希望の方はランキング応援お願いします(笑)
唯一、反響がわかる所で唯一テンションが維持できる所なので(^_^;)

次回は
次回はそうですね、週末ですかね。もう少し読者が増えたら少人数制で語れる場を
作ろうかと思います。私は現在リアルの人間関係でできたコミュに属していますので
そういった本格的なものではなくてパス付の掲示板等を使ってという形を考えています。
もちろん有料とか入会後にお金を取るとかセミナー開くといったものではありません(笑)
まだまだ妄想の段階ではありますが一応お伝えしておきます。

 最近読者登録が毎日増えています。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   








posted by レジデンス高山 at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ある日のチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月11日
たとえば今日の指標を避けて基点を見送り次点を待つトレード
旧ブログより現在移転作業中ですm(__)m

緊急アナウンス
連日掲載してきました一連のバイナリー、カジノ、口座アフィ系の
詐欺注意のアナウンスを一旦解除致します。
また何か目にしたり耳にしましたらアナウンスさせて頂きます。

前回の更新も合わせて読みたい方は




Walking on beautiful clean ice in Slovakian Mountains

〜ここまで透明度の高い氷をあなたは見た事がありますか?〜


どうも高山です。
今日はある日のチャートシリーズです。
初心者が一番勝ちやすいのは指標を見送り基点を見送り、次点を待つトレード。
たとえばという事で今日のチャートから実際のエントリーと一緒に見ていきましょう。
週末以外は軽めの更新になりますのでご了承ください(>_<)
Tesla_S22arony.jpg

今日はドル円で見ていました。
チャートを開いたのが日本時間の六時頃です。

私の場合は最初に日足を見てから次に一時間足を見て基点を探します。
ここで言う基点は一時間足の基点と五分足の基点をそれぞれ探します。
ここでは詳しくはやっていきません。戻りのシリーズが続く限りはその中で
少しずつ詳しく書いていきますね(^^;)
ブログがいつまで続くかもわかりませんが(笑)

ドル/円 1H
1211.PNG

縦の破線が日本時間6時頃の所です。
一時間足を開いたとしてこのチャートの場合で確認している所が黄色の箇所二点です。
では問題です。
この中から見てとれる基点ってどこでしょうか?
五分でトレードしていくとしてどの方向はパッと見て決めれますか?
このチャート画像では右側下落部分が見えてしまってますけど(笑)
見えてないとして考えてくださいね(^^;)
この時間から利用できそうな一時間足の基点は?
まず一時間足のこの日のエントリーで見ていくぐらいの大きさの基点は右の黄枠の高値です。
ここがこの日、この時間からトレードする場合の5分足サイズで使える基点です。
この段階で売りしか見ていません。では次に五分を見ます。

ドル/円 5分
12111.PNG

同じく赤の破線が六時頃です。この時の段階ですでにこの段階での
戻りの範囲の対象に対して61.8%戻してから斬点高値を割らずに一定値の
下落を見せて再びまた高値を目指しています。
この段階での五分での暫定の基点はどこですか?
Shutterstock_Questions_Image.jpg
この段階での五分の暫定の基点は61.8%つけた所た暫定の五分の高値です。
一応言っておきますが61.8%をつけたから基点ではないですからね(笑)
ある程度反応を見せていますよね?そこそこ下落しました。
あなただったらどう思いますか?フィボナッチ61.8%すごい!
ここで売ればよかったのかな?ここで売れる方法はないかな?と考えますか?

そう考えた場合のその先は、ものすごくギャンブル性の高い安定とは程遠いトレード地獄が
待っていると私なりの予想をお伝えしておきます(笑)

さて次ですが基点が決まりました。初心者が勝ちやすいパターンを思い出してください。
指標を見送り、基点を見送り、次点を待つ。
はい、その通りです。自分で言った言葉ですが自分でうなづけます。その通りです。
基点は見送ります。基点での売りは気にしません。

あれこれ言う前に私が今日結局この後どこで入ったのか見た方が早いと思います。
ドル/円 5分
12112.PNG

キャプチャ.PNG
二重の水枠が私の入った所です。
本当は手前の水色枠で見当したのですがヒゲをつけてますよね?
このヒゲを見て迷いが生まれました。
ただダウ理論により終値が優先されますので入ってもよかったと思います。
全体的なボラリティに対してストップもコンパクトでしたからね(>_<)
FS_Custom_Caution__33976.1405475566.1000.1000.jpg
結果としては警戒してさらにその中で次点を探した結果のエントリーとなりました。
チャートからかなりイメージつきやすいと思うのですがどうでしょうか?
一目みて誰でもわかる高値、安値がいつでも基点というわけではありません。
見る時間足によって、見る波の大きさによって常に基点は変わります。
ただ大きい波の基点の中に小さいな波と基点がある事だけは変わりません。

こう考えてみると次点トレードがいかに安全か見えてきませんか?

結局今日も長くなってしまいました(-_-;)
キーボードを打つ指が痛いので今日はこの辺で失礼します(汗)

次回は
今週また平日更新できればその時はまたある日のチャートか雑記を更新予定です。
ランキングが微妙に上がったりもしているのですがアメブロから移転してから読んでもらっている
実感がないですね(^^;)誰か読んでますか?(笑)

 最近読者登録が毎日増えています。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   

posted by レジデンス高山 at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ある日のチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。