FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > 過去ログページ
2014年12月08日
FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその2
旧ブログより現在移転作業中ですm(__)m

緊急アナウンス
連日掲載してきました一連のバイナリー、カジノ、口座アフィ系の
詐欺注意のアナウンスを一旦解除致します。
また何か目にしたり耳にしましたらアナウンスさせて頂きます。

Penguins Falling vs Rope Fail

〜なんだか考えせられるものがあります。始まりは勇気ある者の一歩から〜

どうも高山です。
今週末は2記事連続更新です。もう一方は無名商材シリーズです。
このページでは戻りシリーズ。一週間ぶりのこのシリーズです。
Tesla_S22arony.jpg
このコーナーは高値と安値の見方に慣れた段階の初心者向けの方の
内容になっています。だからこそ重要で、永続的に使える内容となっています。
基本的に易しい質問を繰り返す中で少しずつ進めていく方がおそらく
わかりやすいと思うのでそのようにすすめていきます。
私の場合もそのように繰り返していく中で頭に刻んでいきましたので
私と同じように不器用な方目線で進めていきます。
announce.jpg
それでは前回の続きから行きましょう。
前回はこの下のチャートの黄色く囲った陰線が
もし現在の値だったとしたらその時の段階での戻りはどこからどこに対しての
波に対する戻りでしょうか?という質問で終わったと思います。
考えてもらえたでしょうか?
ドル/円 1H 
1207.PNG
正解はこの範囲に対しての戻りになります。
12071.PNG
ちなみに前回週末、チャートが停まった一番右側に位置している
週末最後の1時間ローソク足、その足がその段階の戻りはどこからどこに
対しての戻りと見たか覚えていますでしょうか?
12072.PNG
先週金曜日終了後の1時間足のチャートは上の黄色に囲ったローソク足の
ようになっており、その時の段階での戻りは白いラインに対しての戻りですよ
とお伝えしましたね?週末あけてどうなったか見てみましょう。
12073.PNG

こうなりました。終値ベースでフィボナッチR23.6まで戻した所から
窓を開ける形で上昇しました。
ちろん値が空いた部分で入る事は不可能です。
まだ別の段階の話ですが五分足で見ても買いサインは
出ていませんでした。23.6戻しているから買い注文入れておこうとは
当然なりませんしここを取るには白いラインの基点見送りの次点の
ポイントでエントリーし結果的にそこまでホールドしていたという形で
ないといけません。この灰色太字部分は今の段階では見ていく段階では
ないので流し読みで大丈夫です。

ここで振り返って欲しいのですが私が何度かある言葉を強調してきた事に
お気づきでしょうか?
その時の段階で
そうです、「その時の段階で」という言葉を強調してきました。
例えば今見てきたチャート画像ですと一見上昇トレンドです。
それはわかると思います。
12073.PNG

上のようなチャートのこの縦の範囲で見たらだれがみてもこの上昇の
基点(安値)は黄色の囲い部分と見るでしょう。
だからといって例えばフィボナッチを引く時にフィボR100を毎回黄色の基点
に合わせればいいという事ではありません。

安値のサイズは一つではなく、どのライン(終値重視で見る高値安値)を
抜けるまではここまでの範囲の戻りであると正確に認識していく必要がありますよという
話を現在しているわけです。

先週末の時点でのチャートに引かれたフィボナッチとその範囲を再度見てください。
波はサイズごとに分類し、どの部分までダウ崩し(高値安値のトレンドに対する関係)が
起きた時に戻りの基準となる範囲が変わるのか。
高値と安値を徹底的に見る練習をしていく中でわかる事の一つが例えばこの戻りの
範囲のとらえ方になるわけです。
高値安値の波を見るオススメ練習方法右矢印1http://fxuhauharesidence.seesaa.net/article/408639200.html

Useless-Work.jpg
学んだ事のほとんどが役に立たないFX
ここでやるべき事が少し見えてきたのではないでしょうか?
何を練習すべきかを知る事が必要です。
習った事のほとんどが役に立たないのがFXだと思います。
私も様々な事を自主的に学んできましたが継続して使えている事役立っている事は
本当に数少ないです。その変わり、その数少ない事が非常に役に立ってくれます。
その一つ一つがすべて高値安値を「基点」に広がります。
その中の一つを今やってるという位置づけを頭の片隅に置きながらこのシリーズを
読んでもらえると良いかと思います。
Shutterstock_Questions_Image.jpg
ではまた来週、とその前に今の時点ではどこに対しての戻りなのか確かめてみましょう。
では今週最後の質問です。今の段階ではどこからどこに対しての戻りでしょうか?
フィボナッチRを試しに引いてみてください。
ドル/円 1H
1207.PNG
正解はこの時の段階ではこの範囲に対しての戻りです。
1207.PNG
フィボナッチは範囲を見るために引いてみましょうといっただけで
引いてみてピタリと合うからここまでの範囲ですよと言ってるわけ
ではないので勘違いしないでくださいね(笑)
範囲は高値、安値からだけで判断していくものです。

次回は
このシリーズの次回は少しずつ練習問題を交えながら実際にチャートの
波を分解していく過程に徐々に移行していこうと思います。
あまり複雑に考えず、チャートから高値安値を取り出せるようになる事で
話がスムーズになってくると思います。

平日の更新はまたそのときどきのチャートや雑記等を中心に書いていく予定です。
週末、今回のように連続更新が今後できるかわかりませんが無理のない範囲で
継続していこうと思いますのでよろしくお願いします。

  最近読者登録が毎日増えています。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   







posted by レジデンス高山 at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戻りの見方シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月06日
指標を避けて基点を見送り次点を待つのがFXで一番簡単な高値安値を利用したトレードだと思います。
旧ブログより現在移転作業中ですm(__)m

緊急アナウンス
連日掲載してきました一連のバイナリー、カジノ、口座アフィ系の
詐欺注意のアナウンスを一旦解除致します。
また何か目にしたり耳にしましたらアナウンスさせて頂きます。

Mutant Giant Spider Dog

〜夜道で遭遇したらちびってしまうかもしれません…ワンコ〜


どうも高山です。シリーズ系は週末アップしていく事にして平日メインは
その日のチャートや雑記中心に更新していこうかと思います。
Tesla_S22arony.jpg

お詫び⇀今日の更新内容は木曜深夜に書いた物なので
チャートやエントリーポイントは昨日深夜の物です。
紛らわしくて申し訳ありません!それではどうぞ!

今日は引っ越し先候補の物件を見学にまわっていたので
だいぶ開始が遅くなってしまいました。
チャートを開いた時には指標の少し前でしたので値動きも小さく
特に入れる所もありませんでしたね。
これは以前もこれからも言っていこうとは思っているのですが特に、
高値安値をよく見れるようになった方が最初に取り組むべきエントリーが
指標を避けて、基点を見送り、次点を待つトレードだと思います。
これが一番わかりやすく無駄なエントリーも減り、
リスクの少ないエントリー方法だと私高山は思っています。

これはこ今後も言い続けていきたい事なので現在のいずれかの
シリーズが終わったら改めて書いてみようと思います。
progress-chart-md.png
その一例として例えば今日(この時木曜深夜)の一つのエントリー
実際にはこのようにわかりやすい場面ばかりではなくサイズの
認識等も慣れが必要ですが最初はわかりやすい所を経験して
行く事が私、個人的には良いと思っています。
簡単なことの延長に難しい事がある。単純な理屈です(笑)
12042.PNG

12041.PNG

指標を避けて、基点を見送り、次点を待つトレードのわかりやすい一例です

何をどう消化すべきかわからなくなった時
★そんな時、あなたならどうしますか?

 理論を見つめなおしますか?
 自分の保存してきたチャートを見返してみますか?
 優れたインジケーターを探しますか?
 アフィだらけのFXブログを巡りますか?
 有名商材のセールスレターが光輝いて見えだしますか?
 どれもが一度は当てはまると思います(笑)

 でもそんな時は自分が一番しっくりくる理論を一番わかりやすく
 表現している時のチャートをひっぱりだすか探し出してきて
 その動きを基準としてそうではない時のパターンと見比べ差異を
 見つだしその動きを基準に対してどういうアクションだったのか
 考える事をおすすめしたいと思います。
It_s_Easy_girl.gif
 結果を出す事は簡単です。
 結果を継続する事は難しいです。
 それは信じ続けれる回帰点を持ってないからだと思います。

 偉そうな事を言っていますが私、高山は天に選ばれし才能を持ち
 爆発的な成績を残してるわけではありません(^^;)
 ささやかな成績でも継続していけさえすれば為替では生きていけます。 

 手法やツールを活かすためにも、
 その後手法やツールから卒業していくためにも
 早いうちにとにもかくにも高値、安値、終値重視の見方にシフトされる
 事を個人的にオススメします。

 では今日は普段よりも短いですがある日のチャートという事で
 以上で終わらせて頂きます。

 偉そうな事を言ってしまったささやかな実力トレーダーのつぶやきでした(笑)

次回は

平日は雑記かある日のチャート。週末はシリーズ系と考えてるので
シリーズ系の続きを予定しています。
いつもアクセスありがとうございます(^^)

最近読者登録が毎日増えています。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   


posted by レジデンス高山 at 03:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ある日のチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月04日
コミュ仲間スキャルピンクトレーダーN氏とのカフェでの話
旧ブログより現在移転作業中ですm(__)m

緊急アナウンス
最近バイナリー系の商材、手法詐欺が増えています。
単純に手法を教えるというものではなくまずその準備として口座開設をさせて最低
入金額を入れてからご連絡くださいという口座開設紹介によるアフィを目的とした
物もあります。一例としまして
1ヶ月平均150万副業のススメ
さらに手法代等も請求されるといったような二段、三段構えの
内容で複数のブログを作り呼びかけている人もいますのでご注意を。
続報!
アナウンスしていたバイナリー系詐欺が今度はオンラインカジノ等にも
誘導をはじめています。すべてアフィ目的と取れる相手からは追加で手法等と
称して振り込みさせるような手口になっています。
この詐欺を行っている相手は私が確認してるだけでも過去数回に渡って名前と
ブログを変え直接的にメールで勧誘してくる場合とブログで網を貼っているパターンを
繰り返しております。引き続きご注意を。又最近は法人化した大手有名詐欺トレーダー
の商材販売と口座勧誘が非常に活発化しているので合わせて注意を。サルのキャラクター
のあの人とかですね(笑)

小惑星探査機「はやぶさ2」打ち上げ

〜 帰還は2020年らしいです。ワクワクしますね 〜


どうも高山です。現在更新頻度を上げてます。
Tesla_S22arony.jpg

今日は夕方から開始して二回程短期トレード行っています。
後半は0時の指標前後は静観し、その後一つポジションを一つ取りました。
1204.PNG
緑破線部の陽線です。ドル円五分足。
12041.PNG
深夜三時、就寝準備のため切りました。

今日の更新の方はしばらく個人的な雑記を書いてなかったので先日、
御近所のコミュ仲間の方とカフェで話をした時の事を書きたいと思います。
特に一つの事に書いてるわけでないので今日は興味のある方だけ読んで
頂ければと思います(汗)

コミュ仲間とのカフェでの語らい
お話相手はスキャルメインのトレーダーのNさんです。
Nさんは以前は一日に100回以上取引され微益積み上げタイプの手法を
行っていたのですが枚数の増大と規制等により国内業者での取引が難しくなり
かといって海外業者の広いスプレッドではやる気がでず、
手法改善に臨んだ結果として中期トレンドを軸にして逆張り順張りを以前より
少し長いスパンで繰り返し出入りするといったスタイルに落ち着かれたようです。

中期トレンドを軸にするというのは当然ながら中期トレンドを把握できてこそ
その背景を利用できるわけですがそこはやはり高値、安値を丁寧に見ていく
という流れの中で浮彫にしていくわけですから高山と同じく基本はとにもかくにも
高値安値というスタイルになります。

いろいろと雑談を交わしながらトレードの話にうつっていくと、先日の場合は
逆張りの話で盛り上がりました。

xcontrarian-ETFs.jpg.pagespeed.ic.L5hwz4SVES.jpg
私の場合ほとんど逆張りを行いません。自分のトレード期間におけるメイントレンド、
このメイントレンドとは大体の場合、私の場合は持越しを考えていませんので
中期トレンドを指していますがその中で短期トレンドの崩れをやや予測気味に
とりにいくのが私の基本なっています。

人によって、また一つの足しか見ていない人にとっては逆張り的なポジションに
見えるかもしれませんがN氏が指す逆張りとは売りは陽線、買いは陰線の状態
でエントリーするような完全な逆張りを指しています。

彼の場合は全部ではないのですがそのようなポジションを取る事も少なくなく、
全逆張中、感覚で言う所のおよそ3割程度がそのようなポジションだそうです。

一度トレードを見させて頂いた事があります。
逆張りのポジションを取る時は私のような順張りメインのトレーダーが意識してる
利確タイミングを結局の所、わずかなアクションで狙い売ってるイメージなので、
そのポイント、ポイントは理解できるのですがわずかなアクションを拾うのがあま
りに美しく的確で逆行値はゼロに近いポジションもよくあるそうです。

ゼロですよみなさん(^^;)順張りで逆行値ゼロは私もよくありますが、逆張りの
しかもN氏の場合は折り返しの右側を想定してないゼロです。

順張りトレーダーは反転の基点を捨てる事が多いです。
天井で売る必要もなく、底で買う必要もありません。

なぜならそこは動く所ではないからです。反転の基点で入ったとしてもその後、
そのまま直線的に動くことは稀です。そうなると目標値が定まらないのでおそらく
そうなりにくいのではと私は思っています。
調整を入れた後に動く事が多く、その場合は目標値も定めやすいわけですから
想定通りに動きやすいわけですね。だから私のような順張りトレーダーは比較的
のんきにトレードしています(笑)

N氏はそこを基点から攻めるわけです。しかも逆張りで。
かなり強気でないとできませんよね(笑)勝ってる人が言えばすごいと感心しますが
負けてる人がそうしていたら馬鹿だと思ってしまうと思います。
言葉とはだれが言うかで重みも意味も違ってくるといいますがまさにそれです(^^;)
Australian-Speakers.jpg

さてそのNがなぜ売りを陽線、買いを陰線で入れるのか聞いてみました。
話を聞くと納得です。私は終値重視なので確定までは入るのが怖くてダメです。
ですがN氏はローソク足形成中の中のさらに小さな確定を目で追って入ってます。
それを一分足でやっていたりするので驚きなわけです。
ティックも見てるそうですが私には真似できそうにありませんでした。
ただ基本的な見方は私たち、基点の次点を待つ順張りトレーダーの想定方法と
何も変わらないわけです。

基本は高値、安値が織りなす軌跡をただ追って最後にささやかな予測を
入れてるわけで何も変わらないのですね。

N氏がすごい所はその極小サイズの早い展開についていける所とボラリティの
判断が素晴らしい所なのだと思います。
そんな事を感じたある日のやり取りでした。
美味しいコーヒーを淹れてくれるお店、また教えてくださいね(^-^)

話の中でN氏 「順張りはほぼ負けないんだけどね」
       「逆張りはたまに三連敗とかやっちゃうんだよ(笑)」

では順張りだけに絞ればいいのではないですか?(汗)

          「やっぱりスリル求めてる所あるのかも」
          「そういう意味ではやばいよね〜(笑)」

これがスキャル脳なんですねと苦笑いの高山でした(>_<)

次回は

次回はゆっくり戻りを見ていくシリーズか商材紹介かオススメ練習方法の
更新を予定しています。いつも応援ありがとうございます(^^)

最近読者登録が毎日増えています。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   


posted by レジデンス高山 at 03:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。