FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > 過去ログページ
2015年01月18日
FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその7
旧ブログより現在移転作業中ですm(__)m
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
インフォトップ
緊急・追加アナウンス
リアルタイムで起きている詐欺情報などをここに書いています。
過去の物は過去の記事をご覧ください。現在は一旦解除中。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

Interstellar Movie - Official Trailer 2


-はじめて映画館に二度も観に行った映画でした。最高。-

どうも高山です。シリーズも7まで来ました。
相当な量の文章を書いてきましたので定期的にもっとも
ベーシックなモデルについて等は定期的に確認していきながら
今後も進めていきたいと思います。
今日は練習問題を行いたいと思います。
それにしてもスイスフランはすごかったですね。
大手のFX業者も潰してしまうとは。
XM.COMは何の影響もありませんでしたね。
Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定

今週のランキング推移右矢印1297右矢印1294右矢印1275位(右矢印2)
ジリジリ上がっております。ありがとうございます。
ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。

このコーナーは高値と安値の見方に慣れた段階の初心者向けの方の
内容になっています。だからこそ重要で、永続的に使える内容となっています。
基本的に易しい質問を繰り返す中で少しずつ進めていく方がおそらく
わかりやすいと思うのでそのようにすすめていきます。
私の場合もそのように繰り返していく中で頭に刻んでいきましたので
私と同じように不器用な方目線で進めていきます。
announce.jpg

このシリーズは内容に統一性を持たせるために
ドル円一時間足と5分足の組み合わせを例に話を進めています。
しかし実際のトレードにおいてこの組み合わせでしか通用しないという話では
まったくありませんのでご理解ください。

戻りを狙う中でもっとも勝率が高く、利益が伸びやすいトレードが
指標を見送り基点を見送り次点を待つトレードです。
<もっとも基本的なベーシックな押し目のイメージ>
-メイントレンドに対して修正波の中の小トレンドの転換点のさらに次点を狙う-
1121-1USDJPYM5.png

簡単な事、同じ事を繰り返し行う事で理解力が高まるという方針の元すすめています。
練習問題の前にすべてがつながっているイメージを確認しましょう。


ベーシックなモデルに対して上下±2というようなイメージでいくつかのパターンを
許容する形で押し目を狙う。許容できる幅がいくつかの技術の習得により広がっていく。
そのためにはもっともベーシックなモデルを基準点としなければいけないためこのモデル図の
状況に多く触れる事が大切です。

・修正波、レンジ相場を事前に予想するにはメイントレンドがわからないといけません。
・メイントレンドがわかるという事は高値と安値が正確に把握できていなければなりません。
・高値と安値がわかるという事は戻りが入った際に適正な戻りの範囲つまり現在値の段階での
 戻りの範囲が把握できてるという事になります。
・戻りの範囲が把握できているという事はどこからどこまでの値幅に対しての戻りかを認識する
 事が できるという事です。
・戻りの範囲が把握できるという事はもっとも直近で影響力のあるスイングに対して正確に
 フィボナッチ等の罫線ツールを用いる事ができるという事です。


Size_planets_comparison.jpg
高値と安値には複数のサイズがあり、それらが作るトレンドもまたいくつかのサイズがあり、
ある戻りの範囲を抜けたら次の戻りの範囲に移行するわけですから大き目の修正波を予想し、
例えば5分サイズの短期的なポジションも入る事ができる。
しかし現在の段階ではメイントレンドを意識した押目を狙う事を第一に話を進めています。
まず練習し覚える事は高値と安値をサイズごとにしっかりと見る事。
メイントレンド(このシリーズでは統一性を持たせるために1時間と5分で進めています)を
高値と安値からしっかり把握する事。これだけでいいです。
五分で合わせていくのは実は結構簡単です。その前の段階だけしっかりマスターしましょう。

練習問題やり方
フィボナッチのただしい引き方は別枠でやっていきますが
今回は特に難しく考えず戻りの範囲の基点から終点にかけて
0-100%を合わせて行くようにしてください。
どこに対して動いているのかがわかれば問題ありません。
また五分で合わせていく事を前提に書いていますので四時間足、日足サイズに対しての
一時間の戻りを見ていかなくてもいいですが捕捉で記載はしていきます。

ドル/円 1H 練習問題1.(現在のドル/円1Hの場合)
1.PNG


練習問題1.回答
2.PNG

わかりやすく色分けしました。
ピンクのスイングが白いスイングに対しての動きであり、
ピンクのスイング内の青のスイングに対しての戻りが五分で見ていく
サイズの戻りであり、青の暫定高値を基点と見た場合に赤の五分の
小トレンドが形成された所が赤のスイングである。
こういう見方ができると思います。この赤い五分の小トレンドが高値を
越えずに下落方向へ転換したとしてもそれは青のスイングに対しての修正となります。
そこまで現状考える必要はないので一時間と五分で見ていく場合の
スイングに対してこのような形でフィボナッチを引いていきましょう。
各スイングも色分けできる人はやってみましょう。
読んで終わりにしてしまう実際にやらない人は
断言してもいいですが何も変わらず勝てないままです。
私には関係のない話ですが(^^;)

ドル/円 1H 練習問題.2 ヒント これは2パターン回答が出る事を期待してます。
3.PNG

練習問題2.回答 たぶん多いであろう回答 悪くはないです。
4.PNG

白いスイング内のピンクのスイング内の黄色のスイグンに対しての
戻りから五分の赤の小トレンドを崩していった戻り。
この戻りは基点が無い形で下落していますがこれはパターントレードの
一種でフィボナッチやローソク足のシグナルで捕えていく所なので今は
軽くスルーで大丈夫です。
おそらくこの引き方が回答できた人の中で一番多いと思いますし綺麗に
引けているのでこれも正解ではありますが正確には…
5.PNG
黄色のスイングのさらに内側の水色のスイングに対しての戻りになります。
戻りの範囲が狭くその中で小トレンドを崩すという事は単純に勢いがあるとも言えます。
これが引けた方はかなり良く高値安値が見えるようになってきています。

練習問題.3 最後は少し意地悪問題です。難しいかもしれません。
6.PNG


練習問題.3回答
8.PNG
水色のスイングに引いた人もいると思います。
実際フィボナッチを引くと一見すればこちらの方が綺麗に機能してるように
見える方もいるかもしれません…ですが、、、
正解はピンクのスイングに引くのが正しいです。

色々と予定しています。
今日の練習問題はいかがでしたか?
ブログのアクセスが増えるとともにやりたい事も出来始め色々と
予定しています。ランキング到達記念企画とはまた別にパス発行を利用して
鍵付き記事でもう少し詳しい内容なんかもやっていけたらと思っています。
誰でも見れるページよりも一段階程度踏み込んだ内容をやっていこうかなと。
又、相変わらず商材は毎月同じペースで購入していますのでたまってきたレビューを
少し残しておこうとも考えています。
過去のレビューはコチラ
ではまたたぶん平日にお会いしましょう。
普段から応援してくださっている皆様、いつもありがとうございます。

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   







posted by レジデンス高山 at 03:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 戻りの見方シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月15日
今日のドル円五分足チャートサイズのトレンド転換はいつだった?最後のロングポジション。
旧ブログより現在移転作業中ですm(__)m
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
詐欺/一部商材警告アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
インフォトップ
追加アナウンス
リアルタイムで起きている詐欺情報などをここに書いています。
過去の物は過去の記事をご覧ください。現在は一旦解除中。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

New Avengers Trailer Arrives - Marvel's Avengers: Age of Ultron Trailer 2


なぜアメコミヒーローはあんなにも男心をくすぐるのか…

どうも高山です。
今日は久しぶりのある日のチャートを更新致します。
今日はドル円の下落どうでした?普段負けている方でも
わりと簡単に稼げたのではないでしょうか?
わかりやすいチャートを目にする事はとても良い勉強になりますよ。
Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定

今週のランキング推移右矢印1294右矢印1270右矢印1297位(下矢印2)
なんとなくキープという状態ですかね(笑)
ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。

ドル/円 5分
3.PNG

2.PNG


みなさんどこから買いを考えましたか?
深夜の決済、どうにか寝る前に利確ポイントに到達してくれたので助かりました(笑)
ところで本日は下落、下落と簡単にタイミングはかれる簡単な動きでしたね。
ですが最後はこの通り、買いですがみなさんどこから買いを考えますか?
5分足チャートのサイズで買えるかも?と警戒しだすのはどこからだったのか。
時間帯的に寝てる方も多いと思うので見てたつもりで考えてください。
高山の場合はこの画像上で底の部分。この部分で買いを警戒しました。
しかしここでは買いません。ここはあくまで基点候補、次点を待ちます。
それに思い込み程怖いものはありません。そんな危険も次点を待つ事で回避が
できるわけですね。またなぜ底の時点で買いを警戒するのか?
これもまたとても単純な技術によって基点ではと疑う事ができます。それはいずれ。

さてなぜ画像の買いのエントリーを決めたのでしょうか?
ラインでしょうか?フィボナッチでしょうか?
たまにこれさえ極めればOK!みたいな事を言ってる人がいますが一つの事で
すべてがわかれば苦労はありませんよね(笑)
difficult.jpg
では複合的に判断していくとしてそれが難しいのでは?と思う方もいるでしょうが…
FXの一つ一つの技術なんていうのはいつも言っていますが非常に簡単です。
一つの技術だけ使う場合も複合的に使う場合も要は簡単な作業の繰り返し、
ここは変わらないわけですね。数をこなすという事が一番重要です。
やる事自体は単純ですよ本当に。ローソク足を見るにしろ、罫線ツールを使うにしろ。
まず高値、安値が見えていれば基本的に何も難しい事はないです。

ローソク足の味方につけ方…そうそう最近何度か警告しておりますが…
ローソク足に興味がある方は以下に注意してください。
ローソク足についても今後書いていきます。とても簡単にトレンドを味方につける方法など。


warning-yellow-tape-featured.jpeg
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。

ローソク足といえば!
今日は短い更新なのでサラっと書きます(笑)
ローソク足が重要だ!観察しろ!そんな事を言ってる人が言いますが
なかなかローソク足を使う上で重要な言葉を目にする機会はありません。
それはなにか?それは…

時間です。
Short-Time-Period-Binary-Options-Strategy-620x300-650x400.png

ローソク足を使うには時間を考慮する必要があるのです。
時間足を複数見ましょうという事とはまた違う話です。単純に時間です。
ニューヨーク、ロンドン、アジアといった事ではありません。単純に時間です。
これはパス付き記事で更新予定です。

ふと思う事
しかしブログを書いていて思うのはトレードに関していざ言葉にしてみると
書く事は結構あるものですね。まだまだたくさんあるのですが普段のトレードに
置き変えてみるとシンプルにトレードしているわけですから書けば長いですが
身に付くといかに単純作業なのか我ながら改めて実感させられます。

では短いですが今日はこれで!週末はまたシリーズを埋めていきますね(^^)

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   



posted by レジデンス高山 at 04:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ある日のチャート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月10日
FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその6
旧ブログより現在移転作業中ですm(__)m
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
緊急アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
インフォトップ
追加アナウンス
リアルタイムで起きている詐欺情報などをここに書いています。
過去の物は過去の記事をご覧ください。現在は一旦解除中。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

イーサン・ホークが時空警察を演じたSFサスペンス!

映画『プリデスティネーション』予告編


−イーサンホーク好きなのですが結構SF好んで出てるイメージありますよね-

どうも高山です。
戻りのシリーズ再開です。
このシリーズ更新の日はアクセスが多いです。
それがこの重要性を感じ取ってくれている結果だとしたら
とても素晴らしい事だと思います。
Tesla_S22arony.jpg
応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定

今週のランキング推移右矢印1400右矢印1348右矢印1294位(右矢印2)
結構上がってきました(^^)ありがとうございます。
アフィリエイターとプロの自演商材販売者が占める上位を蹴散らしたいですね。

このコーナーは高値と安値の見方に慣れた段階の初心者向けの方の
内容になっています。だからこそ重要で、永続的に使える内容となっています。
基本的に易しい質問を繰り返す中で少しずつ進めていく方がおそらく
わかりやすいと思うのでそのようにすすめていきます。
私の場合もそのように繰り返していく中で頭に刻んでいきましたので
私と同じように不器用な方目線で進めていきます。
announce.jpg


このシリーズは内容に統一性を持たせるために
ドル円一時間足と5分足の組み合わせを例に話を進めています。
しかし実際のトレードにおいてこの組み合わせでしか通用しないという話では
まったくありませんのでご理解ください。

では早速はじめていきましょう。
前回の第5回の内容を覚えていますか?
またさらに宿題を出しておいたのですが実際にやってみてくれた方は
いますでしょうか?残念ですが100人中2-5人程度しかやってないでしょうね(笑)
それがそのままFXで勝ち残ってると言われている割合になります。
実際にやってる人。ただただこのブログに限らず延々ブログあちこち見てまわるだけの人。
人間の脳はそう簡単には変わりません。一度ついた癖は犬に芸を仕込むような気持ちで
コツコツコツコツ易しいミッションを数多くこなしていく必要があります。
unnamed.png
前回は戻りの適正な範囲とはそもそもどういう事?
そして宿題として出しておいた事は、
一時間足単独で現時点における適正な戻りの範囲を判断できるなら
五分足は何のために利用するでしょうか?
という質問でしたね。

宿題の答え合わせ
では宿題の内容から触れていきましょう。
この質問は非常に簡単に答えはわかったと思います。
考えてくれた大体の方はエントリーに使うのだろうと考えたと思います。
それではお聞きしますがなぜ5分足でエントリーをするのでしょうか?
五分の方がリスクが少ないからですか?(笑)
attention.jpg
それはそうです少ないのは間違いありません。
ですが一時間足サイズの波の戻りを5分でつかまえるわけですから
当然ノイズ的な動きをどうにかする必要があります。
インジケーターで合わせた場合、2-3度のミスも許容する必要が出てきます。
もう少し鈍感な設定で騙しを回避してやればミスも減ると考える人もいるでしょう。
しかし私が使う『押目』というのは反転した基点を見送った次点における反転の
一本目もしくは二本目までの事を指しています。
それ以上、例えば3本目というようなエントリーは存在しません。
一つのポジションでローソク足3本ものリスクを私、高山は背負いたくはないからです。
ですので五分でエントリーする場合はノイズに対して無抵抗ではいけないわけです。
conversion-rate-optimization.jpg

話が少し脱線しましたが確かにエントリーのために5分足を使うというのは正解です。
しかし正しくは次の言い方がべストではないでしょうか?
トレンド転換は小さい足から始まるから
1時間足で想定される値幅を1時間足で狙っていくのはリスクが高くなります。
なぜならポイントポイントでの抵抗から利確ポイントは見えても、
どこまで上がっていくかのその上限は誰にもわからないからです。
もし一時間足の適正な戻りから基点が発生し、次点を捉えたとしてその次点における
一本目の一時間足がとても長い陽線若しくは陰線だったらどうしますか?
すでにその足で上限まで登り切っているかもしれない。下限まで下り切ってるかもしれない。
長い陽線、陰線は想定される利確ポイントのいずれかで止まる事が多いですからそのような
可能性は少なくないわけです。そんなポジションを獲る事はリスキーですよね。
conversion-rate-optimization-icon.jpg
だから五分足の小さなトレンド転換を五分で見ていくわけです。
適正な戻りの範囲とは言い換えればレンジの下限、上限を探す事。
そしてそこが基点となり次点を取りに行くのが目的です。
そして成功すればそれは一時間足の押目であったという事になります。
五分足で五分の押目は拾いません。一時間足で一時間の押目は拾いません。
初心者の方これを忘れないでください。
五分で五分の。一時間足で一時間足の押し目を拾うような事は余程慣れてきてから
行うものですし慣れてきたとしてもわざわざ行う必要もないと高山は考えています。
なぜなら高山は超安全志向なのでリスクはとにかく抑えたトレードを行いたいからです。

とても単純なイメージ画像がこちらです。教科書的な画像ですのでこれをゼロと見てください。
1121-1USDJPYM5.png
絵があまりうまくなくてすいません(^^;)
これは理想の教科書通りの見本になります。
これはとてもイメージがつきやすいと思います。
適正な範囲を判断してピンクの始点(基点)が作られるのを
待って次点をとらえていくわけですね。
pointmark.gif
まだまだ先の話ですが応用技術としては
フィボナッチの利用方法やエリオット波動論を駆使して
エントリー箇所を詰めていきます。
またエントリー後にそれが短期的に決済すべきなのかどうかも
判断していくわけです。
pointmark.gif
現在は適正な範囲を見て、どのサイズで戻りがおきたのかを知る。
それはどこの範囲に対して基点を作ったかでわかるわけです。
もし五分で狙うべき波のサイズを超えた場合は一時間足のトレンド転換を
試す大き目のレンジを覚悟する必要があります。
そんな事を考えながらトレードしていくわけです。
そしてこの辺りで例のあれを一応言っておきましょう。

大丈夫です!簡単です(笑)
easy-st-300x174.jpg
すぐ難しく考えてしまうそこのあなた!いつも言っています。
FXは簡単な事を繰り返すだけの作業です。FXは積み重ねの作業で
馬鹿な私でもどうにかなってしまう程度のものでしかありません。
単純作業=楽をしても勝てる、考えなくても勝てる、努力の必要もない
ではありませんからね。楽する事しか頭にないのであれば私のような
長ったらしいブログを毎回読んでも頂いてもいないと思うのでそんな方は
いないと思いますが念のため(笑)

ゼロとは?
ところで先ほど、教科書的な押目のイメージをゼロと見て下さいと言いました。
それはどういう意味だと思いますでしょうか?
-2、-1、0、+1、+2といった事があるという事です。
毎回教科書通りならそれこそ苦労はありません。
実際にはいくつかのパターンで基点〜次点の流れを作ってきます。
一見すると次点が無いように見える場合もあります。
どこまでOKとするのかは個人の判断になってきますが
その一つ一つを判断できるできないは非常に大きな力になります。
pointmark.gif
またプライスアクションという言葉やキャンドルアクションという言葉があります。
どちらも高値と安値を見ている事に変わりはありませんがそういったアクションを
利用しないと入れないポイントもあります。
それもいずれ書いていけたらと思っています。長くなりそうで今からすでにしんどいです(笑)
pointmark.gif
ですがとにかく今は適正は戻りの範囲です。
戻りのサイズを知る事がまず優先されます。
五分で入れるサイズなのか?五分で入るとしたらどういった動きを見送った後なのか?
これは適正な範囲におけるデッドライン(あるサイズの高値、安値)を超えてきた場合、
さらに戻りのサイズが大きくなるわけですから五分でそのまま入るわけにはいかないな。
そんな話の事をいっています。

こんな事を今後も徐々にやっていく予定です。

今日の最後に
再開一発目でしたので気合いが入りとてつもなく長い更新になりました(^^;)
毎回長すぎると思うのでこの1/3くらいのサイズで更新していこうと思います。
次回は練習問題をまたいくつか出していこうと思います。
現時点での1時間足サイズでは戻りが発生していないので戻りの範囲はありません。
あ、それと紹介した商材で稼げました等といった報告もたまに頂くのですが各商材を
うまく使うにも高値安値を見ていく事、波を分解して見ていく事は非常に大切です。
商材はゴールじゃなくてただの道具です。良い道具悪い道具はもちろんありますが
稼げているならより稼ぎやすくなるように高値、安値からはじまる波の分解と範囲の
認識は常に意識するようにされた方がいいですよ。ではまた次回に。

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   









posted by レジデンス高山 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戻りの見方シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。