FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその4
2014年12月22日
FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその4
旧ブログより現在移転作業中ですm(__)m

緊急アナウンス 2014/12/13更新
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
年末の少し前から販売オファーの迷惑メールは過熱してきます。
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。

追加アナウンス
バイナリー系商材で繰り返し詐欺を働いている販売者がまた新しい商材を
メールでアナウンスしている事案が発生しています。
今回の商材名→IQバイナリー
手口の特徴
  1. 毎回ヤフーメールを用意。
  2. 販売サイトは通さず直接決済
  3. 神、軌跡、勝率100%といった謳い文句を好む
  4. 大抵の場合30前後の限定数が儲けられる。
  5. 値段は10000-30000前後。
  6. 振り込みに持ち込み全額返金保証を謳いますがファイル受け取り後連絡つかず
  7. 商材引き渡し後のコンタクトは一切行えません。
みなさまご注意を。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画をどうぞ-

相撲ロックバンド(Rockin' Sumo Band)/「ザ・ムーヴバンド」

〜すさまじいインパクトです(笑)こういう構想が閃く脳になりたいです〜

どうも高山です。今週末も2記事更新しております。
もう一方は無名商材を二つレビューしています。
平日はなかなかブログ書いてる時間がありませんでした(^^;)
ここでは戻りをゆっくり見ていくシリーズその4を見ていきます。
ついに4まで来ました継続しております。
先日のオシレーターの件や応援メッセージやコメントくださった方ありがとうございますm(__)m
Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

このコーナーは高値と安値の見方に慣れた段階の初心者向けの方の
内容になっています。だからこそ重要で、永続的に使える内容となっています。
基本的に易しい質問を繰り返す中で少しずつ進めていく方がおそらく
わかりやすいと思うのでそのようにすすめていきます。
私の場合もそのように繰り返していく中で頭に刻んでいきましたので
私と同じように不器用な方目線で進めていきます。
announce.jpg


ではいつものように先週最後に見たドル一時間足の…とここで私気づきました。
やってしまいました(^^;)先週は最後にドル円一時間足の確認せずに終わってましたね(笑)
すません忘れてたようです。という事でいきなり戻りのシリーズの話の続きから入ります。
iStock_000008204804Medium1.jpg
情報の整理、今やっている事の確認
ところでもうシリーズも4回目ですが基点のイメージがまだハッキリしてない方もいるみたいです。
ここで少し情報の整理と基点と本的なイメージを確認しておいた方が良いと思いました。

まず戻りを見ていくシリーズを進めていくとそもそも何に使えるのか?
そこから確認してみましょう。
戻りを見るというのですから戻りで入るのが目的ですよね(笑)つまり押目を拾いたいわけです。
そこで思い出してください。私が言い続けている初心者も初心者以外の人も一番取りやすい形は?

指標を見送り、基点を見送り、次点を待つトレード

その中で指標を除けばまず最初にやる事は基点を探す事にあるわけです。

戻りの範囲を見るという事はそもそも基軸となる方向性をわかってなければならない
⇒ダウ理論の大事な要点三点を利用した高値、安値をチャートを分解して複数サイズの波を見ていく
方向がわかった上で戻りの範囲を見る事で基点探しの作業にが可能
⇒フィボナッチ、トレンドライン、ギャン、エリオットそしてダウ理論により基点を待つ
unnamed.png
ここでポイントなのは基点で入るわけではないという事です。

基点は仮にエリオット波動論でいえば1波の始点の事です。
次点は仮にエリオット波動論でいえば3波の始点の事です。
(ただし私の場合はエリオット波動論を主軸としてません。常にダウ理論が主軸)
↑ここに疑問を感じる方もいると思いますが今後触れていきます。

画像で確認しておきましょう。
1.PNG
基点で入る事は難しいですが基点候補を見つける事は容易です。
高値安値から戻りの範囲をチャート分解してサイズごとに見ていく事で
フィボナッチ等の罫線ツールの正確性が増します。
ですのである程度基点の目星をつけていく事ができます。ではそこで
エントリーをなぜしないのかと思いますか?
試す動き
相場の一つの特徴として『試す動き』というのがあります。
例えば上昇が続いてきて基点候補で反応があった場合、もう一度上昇を試します。
例えば下落が続いてきて基点候補の反応があった場合、もう一度下落を試します。
言葉を変えればこれが2波の形成であるともいえます。(基点が確定した場合)
当然、その試しの動きからさらに上昇継続、下落継続の流れもあるわけです。

そして『試す動き』が継続を勝ち取れない事を悟った時、次点が次のトレンド形成を
試みていくわけです。これが3波ですね。

こういったトレンド形成と継続の成功と失敗というシグナル
繰り返しながらチャートは形成されていきます。
というわけで基点で入るより次点で入った方がリスクが少なく
エントリー後逆行が無い場合も多く利益がすぐに
得られ結果すぐに建値にストップを置けるという事になります。
Stop-sign.jpg
もちろん結果として基点が基点となった場合、
次点の始点がどこまで戻す(試す)かはその時々で違います。
ネックラインまで戻す時もあれば
基点の高値、安値まで戻してくる(Wボトム、トップ)場合もあります。
それを知る術や技術はまだこの時点では気にしなくていいのです。

では再度確認します。
戻りをゆっくり見ていくシリーズは
これから続く他のシリーズへの最初のステージです。
戻りをゆっくり見ていくシリーズは今、買いと売り、
どちらの基点を待ってるのかを認識するためのステージです。

その先に今度はフィボナッチ等の技術と小トレンドの次点を探す技術が続きます。
今、何をやってるのか把握できたでしょうか?

さて、ここでもっとも理想的でわかりやすい一つの基点の目安を確認しておきましょう。
例えば上昇トレンドで上げてきていて直近のネックライン(安値)を
最初の戻りで割れば(ブレイク)そこは基点候補とわかりますよね?
ダウ理論が一旦崩れてきたのなら今度は逆方向への形成が『試される』
可能性が高いわけですから。画像で確認しておきましょう。
2.PNG


ただ現実としてはこのような形だけでなく暫定的な次点から最初の
ネックラインを割ってきたりする場合などその都度状況は異なります。
またさらに言えば戻りの大きさもその都度違うので小さすぎる?大きすぎる?
なんて事をやっているとわけがわからなくなります(笑)
そこを助けてくれるのもまたダウ理論なのです(^^)
iStock_000014997780_Medium.jpg
結構話が長くなってきてしまったのでいつものアレを改めて言わせてください。
大丈夫です。簡単です(笑)
すぐ難しく考えてしまってはいけません。
やってく事は対して難しくはありません。簡単な事の繰り返し作業です。

今日は一旦整理する日という事でこのような内容で書いてみました。
少しは参考にしてもらえたでしょうか(^^;)

では最後に週末今日現在のドル円1時間足がどの範囲に対しての戻りで動いているのか
確認して終わりたいと思います。今の段階ではどの範囲に対しての戻りでしょうか?
ドル/円 1H
3.PNG

考えてから次の画像を見てくださいね(^_^;)考えないと意味がないです。
4.PNG
こうですか?違います(笑)
5.PNG

じゃあこうですか?これも違います(笑)
6.PNG

これが正解ですよね(^^)そろそろだいぶ回も進んできたので
超初心者向けの簡単な戻りの範囲を見る方法を教えてこうかなと考えています。
パス付き更新とかも今後は考えていますのでその際はまた詳しく説明しますがどちらにしても
お金取るような事は考えていません(笑)

次回は
今日の内容が役立ったという方は応援お願いします。
次回は平日更新なので未完のシリーズやトレードについて書くかもしれません。
年末なので時間があるかわかりませんが。

 ランキングが唯一のモチベーション維持に
  つながります。応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   



posted by レジデンス高山 at 02:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 戻りの見方シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめてコメントさせて頂きます。このシリーズを読ませて頂いてから少しずつ意識すべき範囲が見えてきている実感があります。ありがとうございます。質問なのですがこのシリーズでは5分と1時間の場合を例にとって解説されていますがこれ以外の組み合わせですと見方に違いはあるのでしょうか?書かれている内容と画像を照らし合わせ見ていくと陽線・陰線が非常に重要な要に見えてきます。これが5分と1時間だから言える事なのか確信が持てません。お手の空いた時にでも目を通して頂けたら幸いです。
Posted by 八雲 at 2014年12月22日 17:52
>八雲さん コメントありがとうございます。
 少しは役立ってくれたようでうれしいです。
 質問内容についてですがご指摘の通り、陽線と陰線はトリガーで見ていく足とその足より長い足との
 関係において重要な要素の一つになります。
 ただこれは位置づけとしては初心者用の使い方で厳密にはその先がある内容であったりします。
 ですので今後、陽線と陰線を使った簡単な利用方法については書いていくと思うのですが
 それ以上の関係性、もっと単純に高値と安値を追う事に重点を置いてみてください。
 また初心者用に利用する際のペアとしましてはデイトレで利用するなら5分1時間はかなりバランスの
 よい非常に扱いやすいペアであると思います。
 それ以上になってくると例えば15分と30分ではあまり意味を成しません。
 30分と60分でも同様です。30分なら4時間が、4時間なら日足が良好に機能しやすいです。
 ただし、陽線陰線の利用方法や着目すべきポイントがすでに見えている状態であるなら話は別です。
 本当は落とし込みやすいように5分と60分というペアで話を進めていますがあまり時間足にとらわれ
 すぎず複合的にチャートの波を分解していく事に早めに移行される事をおすすめします。
Posted by レジデンス高山 at 2014年12月23日 01:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。