FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその7
2015年01月18日
FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその7
旧ブログより現在移転作業中ですm(__)m
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
インフォトップ
緊急・追加アナウンス
リアルタイムで起きている詐欺情報などをここに書いています。
過去の物は過去の記事をご覧ください。現在は一旦解除中。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

Interstellar Movie - Official Trailer 2


-はじめて映画館に二度も観に行った映画でした。最高。-

どうも高山です。シリーズも7まで来ました。
相当な量の文章を書いてきましたので定期的にもっとも
ベーシックなモデルについて等は定期的に確認していきながら
今後も進めていきたいと思います。
今日は練習問題を行いたいと思います。
それにしてもスイスフランはすごかったですね。
大手のFX業者も潰してしまうとは。
XM.COMは何の影響もありませんでしたね。
Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定

今週のランキング推移右矢印1297右矢印1294右矢印1275位(右矢印2)
ジリジリ上がっております。ありがとうございます。
ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。

このコーナーは高値と安値の見方に慣れた段階の初心者向けの方の
内容になっています。だからこそ重要で、永続的に使える内容となっています。
基本的に易しい質問を繰り返す中で少しずつ進めていく方がおそらく
わかりやすいと思うのでそのようにすすめていきます。
私の場合もそのように繰り返していく中で頭に刻んでいきましたので
私と同じように不器用な方目線で進めていきます。
announce.jpg

このシリーズは内容に統一性を持たせるために
ドル円一時間足と5分足の組み合わせを例に話を進めています。
しかし実際のトレードにおいてこの組み合わせでしか通用しないという話では
まったくありませんのでご理解ください。

戻りを狙う中でもっとも勝率が高く、利益が伸びやすいトレードが
指標を見送り基点を見送り次点を待つトレードです。
<もっとも基本的なベーシックな押し目のイメージ>
-メイントレンドに対して修正波の中の小トレンドの転換点のさらに次点を狙う-
1121-1USDJPYM5.png

簡単な事、同じ事を繰り返し行う事で理解力が高まるという方針の元すすめています。
練習問題の前にすべてがつながっているイメージを確認しましょう。


ベーシックなモデルに対して上下±2というようなイメージでいくつかのパターンを
許容する形で押し目を狙う。許容できる幅がいくつかの技術の習得により広がっていく。
そのためにはもっともベーシックなモデルを基準点としなければいけないためこのモデル図の
状況に多く触れる事が大切です。

・修正波、レンジ相場を事前に予想するにはメイントレンドがわからないといけません。
・メイントレンドがわかるという事は高値と安値が正確に把握できていなければなりません。
・高値と安値がわかるという事は戻りが入った際に適正な戻りの範囲つまり現在値の段階での
 戻りの範囲が把握できてるという事になります。
・戻りの範囲が把握できているという事はどこからどこまでの値幅に対しての戻りかを認識する
 事が できるという事です。
・戻りの範囲が把握できるという事はもっとも直近で影響力のあるスイングに対して正確に
 フィボナッチ等の罫線ツールを用いる事ができるという事です。


Size_planets_comparison.jpg
高値と安値には複数のサイズがあり、それらが作るトレンドもまたいくつかのサイズがあり、
ある戻りの範囲を抜けたら次の戻りの範囲に移行するわけですから大き目の修正波を予想し、
例えば5分サイズの短期的なポジションも入る事ができる。
しかし現在の段階ではメイントレンドを意識した押目を狙う事を第一に話を進めています。
まず練習し覚える事は高値と安値をサイズごとにしっかりと見る事。
メイントレンド(このシリーズでは統一性を持たせるために1時間と5分で進めています)を
高値と安値からしっかり把握する事。これだけでいいです。
五分で合わせていくのは実は結構簡単です。その前の段階だけしっかりマスターしましょう。

練習問題やり方
フィボナッチのただしい引き方は別枠でやっていきますが
今回は特に難しく考えず戻りの範囲の基点から終点にかけて
0-100%を合わせて行くようにしてください。
どこに対して動いているのかがわかれば問題ありません。
また五分で合わせていく事を前提に書いていますので四時間足、日足サイズに対しての
一時間の戻りを見ていかなくてもいいですが捕捉で記載はしていきます。

ドル/円 1H 練習問題1.(現在のドル/円1Hの場合)
1.PNG


練習問題1.回答
2.PNG

わかりやすく色分けしました。
ピンクのスイングが白いスイングに対しての動きであり、
ピンクのスイング内の青のスイングに対しての戻りが五分で見ていく
サイズの戻りであり、青の暫定高値を基点と見た場合に赤の五分の
小トレンドが形成された所が赤のスイングである。
こういう見方ができると思います。この赤い五分の小トレンドが高値を
越えずに下落方向へ転換したとしてもそれは青のスイングに対しての修正となります。
そこまで現状考える必要はないので一時間と五分で見ていく場合の
スイングに対してこのような形でフィボナッチを引いていきましょう。
各スイングも色分けできる人はやってみましょう。
読んで終わりにしてしまう実際にやらない人は
断言してもいいですが何も変わらず勝てないままです。
私には関係のない話ですが(^^;)

ドル/円 1H 練習問題.2 ヒント これは2パターン回答が出る事を期待してます。
3.PNG

練習問題2.回答 たぶん多いであろう回答 悪くはないです。
4.PNG

白いスイング内のピンクのスイング内の黄色のスイグンに対しての
戻りから五分の赤の小トレンドを崩していった戻り。
この戻りは基点が無い形で下落していますがこれはパターントレードの
一種でフィボナッチやローソク足のシグナルで捕えていく所なので今は
軽くスルーで大丈夫です。
おそらくこの引き方が回答できた人の中で一番多いと思いますし綺麗に
引けているのでこれも正解ではありますが正確には…
5.PNG
黄色のスイングのさらに内側の水色のスイングに対しての戻りになります。
戻りの範囲が狭くその中で小トレンドを崩すという事は単純に勢いがあるとも言えます。
これが引けた方はかなり良く高値安値が見えるようになってきています。

練習問題.3 最後は少し意地悪問題です。難しいかもしれません。
6.PNG


練習問題.3回答
8.PNG
水色のスイングに引いた人もいると思います。
実際フィボナッチを引くと一見すればこちらの方が綺麗に機能してるように
見える方もいるかもしれません…ですが、、、
正解はピンクのスイングに引くのが正しいです。

色々と予定しています。
今日の練習問題はいかがでしたか?
ブログのアクセスが増えるとともにやりたい事も出来始め色々と
予定しています。ランキング到達記念企画とはまた別にパス発行を利用して
鍵付き記事でもう少し詳しい内容なんかもやっていけたらと思っています。
誰でも見れるページよりも一段階程度踏み込んだ内容をやっていこうかなと。
又、相変わらず商材は毎月同じペースで購入していますのでたまってきたレビューを
少し残しておこうとも考えています。
過去のレビューはコチラ
ではまたたぶん平日にお会いしましょう。
普段から応援してくださっている皆様、いつもありがとうございます。

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   







posted by レジデンス高山 at 03:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 戻りの見方シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも更新ありがとうございます。
毎回勉強させて頂いてます。

細かい事で恐縮ですが、
練習問題2の画像の水色の線が無いように思うのですが・・・。
もし間違っていたらスイマセン。

また次回も楽しみにしてます!

Posted by 武者小路 at 2015年01月18日 12:15
>武者小路さん
武者小路さんまたコメントくださってありがとうございます。
お役に立っているようなら嬉しいです。

ご指摘頂いた件、今直しました(^^;)
細かいなんてとんでもないです。
とても大事な所なので逆にありがとうございますm(__)m
Posted by レジデンス高山 at 2015年01月18日 15:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。