FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその11
2015年02月17日
FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその11
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
緊急・追加アナウンス
・通称ドラステ、ドラゴンストラレテジーFXにご注意を今後レビュー予定
・またイ〇ムさんか販売開始してますね。最近は販売期間をせばめたやり方を
回数こなす方法で販売してるようですね。

warning-yellow-tape-featured.jpeg
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

Niesamowite androidy i roboty w Japonii


みなさんここ行った事ありますか?私、高山は二度程行った事があります。
行く際に気を付ける事が一つあります…学校の移動授業などで子供が来ていない日に
行きましょう…体験ゾーンの順番が回ってきませんので(笑)

どうも高山です。
本日最後に皆様からあるメッセージを募集しています。
もしよろしければ目を通してみてください(^^)
Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1321右矢印1293右矢印1312位(右矢印2)
苦戦しております。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。

このコーナーは高値と安値の見方に慣れた段階の初心者向けの方の
内容になっています。だからこそ重要で、永続的に使える内容となっています。
基本的に易しい質問を繰り返す中で少しずつ進めていく方がおそらく
わかりやすいと思うのでそのようにすすめていきます。
私の場合もそのように繰り返していく中で頭に刻んでいきましたので
私と同じように不器用な方目線で進めていきます。
announce.jpg

このシリーズは内容に統一性を持たせるために
ドル円一時間足と5分足の組み合わせを例に話を進めています。
しかし実際のトレードにおいてこの組み合わせでしか通用しないという話では
まったくありませんのでご理解ください。

戻りを狙う中でもっとも勝率が高く、利益が伸びやすいトレードが
指標を見送り基点を見送り次点を待つトレードです。
<もっとも基本的なベーシックな押し目のイメージ>
-メイントレンドに対して修正波の中の小トレンドの転換点のさらに次点を狙う-
1121-1USDJPYM5.png

ここから今回の更新
相談.『一通のメッセージを頂きました。
letters.jpg

■ 高値、安値についての練習をしっかりとされている事が見て取れるメッセージでしたが
  その方から一つの不安と質問を頂きました。

■ メッセージを頂いたAさんの現在の状況
 >状況
 ・高値、安値はすでにおおまかに見る事ができる。
 ・リアルタイムではわからない場面でも後から見れば大きさ事に高値、安値の分解がほぼできる。
 ・基点を見送り次点を待つという状況もイメージできている

 >不安
 ・基点を基点だと判断できるか不安。基点が基点だとわかる若しくはその可能性があると判断する方法は
  具体的にあるのでしょうか?

回答.『あります

■ これどこかで一度書いた記憶もあるのですがもしかしたらまだ非公開設定にしてある記事だったかもしれません。
  たしかに不安ですよね。なぜならすべての場面において必ずしも基点が根拠ある基点として折り返してくれるかは
  わからないわけですからね。例えば下のような状況の事を言っています。

1.PNG1.PNG
■ ただこの右のような場合もよくよく見ていくと同じなんですね。
  ほぼ例外なく基点に対して下落トレンドを二段、三段落ちで試して安値を更新せずにその
  下落トレンドを崩して上に行く事がほとんどなわけです。
  ですが今回の質問はそこに対してではなくて要するに基点を楽に待ちたいという事だと思います(笑)

■ では何を持って基点を探すのかですがこれはやり方さえわかってしまえば非常に簡単です。
  ギャンやフィボナッチ、その他各ラインですね。これを基点を見つけるために使うだけです。
  以前少しだけ触れました。フィボナッチやギャンは反転箇所を探すためではないのですと。
  覚えていますか?反転箇所を探すわけではなくて基本的には反転準備に取り掛かる場所を
  罫線を用いて見つけたいわけなんですね。

■ おそらく多くの人がフィボナッチでの逆張り、ギャンでの反転等をトレードに取り入れようとした事が
  あると思います。でもうまくいきません。反応するかどうかギャンブル的で、反応したらしたらしたでどこで
  決済していいのかわからない。そんな危険な状況でトレードを行う意味がわかりません。

■ しかし私がおすすめしている素人でも玄人でも一番勝ちやすい形、指標を見送り基点を見送り次点を
  待つトレードならどうですか?基点はつまり最初の反転ですね。危険な反転です。
  そこでトレードしない。そこから反転した箇所の安値、高値を背にしつつそこを割る前にトレンドの転換を待つ。
  だから安全であるしだから伸びきらなくても背にすべき高値、安値にストップを置けるからリスクも少ない。
  悪い点が見つからないトレード方法なのです。

■ そして私にはいくつかの技術といくつかの独自の理論がありますがそのすべては一点に集中しています。
  つまり次点を取りたいのですから私が得た知識や技術や理論はその次点をより正確に取るためにあるわけです。
目的.『目的が決まれば手段が決まる
■  はっきりとした目的があるから何を突き詰めていくべきかも自然と浮かんでくるわけですね。
  フィボナッチもなんでもそうですが使い方です。そして使い方の前に目的が無いといけないと思います。
  フィボナッチやギャンやその他のラインについてはかなりこだわりが強く様々試して考えて試行錯誤した
  結果今の技術がありますが国内で参考になった商材は今現在販売されている物を含めて皆無でしたので
  みなさまお気を付けください。

■ そういったわけですので今は戻りのイメージを固めていく事に集中されれば良いと思います。
  進みのペースは個人個人で違うでしょうし自分で色々と気づいて自分のスタイルの探求に向かう方も
  いると思います。私は超初心者向けにこのシリーズを書いていますが自分で気づき、自分で考え自分で
  確立できるものがあるならそれはそれで全然まったく良いと思います。 むしろそれが理想です。
募集.『都度アナウンスします。』 

■ 以上が質問に対しての回答になりますが皆様に一つアナウンスさせてください。
  アメブロにしろシーサーブログにしろ時間があればメッセージを見る事もありますがほぼ
  見ていません。何かしら募集であったり意見を求める時にはそのように告知致しますので
  その場合以外は回答は期待しないでください。今回はメッセージを下の方で募集しています。
基本モデル.『美しく感じるための時間
■ では改めてみ戻りのシリーズです。しばらくは一番ベーシックなわかりやすい根拠の高いモデルを
  メインにみなさんにイメージ付けを行っていこうと思っています。ベーシックなモデルが美しいと頭に
  セットされればそこからプラスマイナスどこまでを許容するかも検討しやすいと思うからです。
  
■ せっかくなので『回答』の所で触れた根拠ある基点からの切り替えしではない場合を少し見ておきましょう。
  
  ドル/円1時間足
  2.PNG
  →現時点、あなたが見ているのが黄色の縦線であると仮定してその段階での
    戻りはどこに対しての戻りか想定してください。これは簡単な場面ですね。
  3.PNG
  → こうですか?はい、もうみなさん大丈夫ですよね。
     一見機能していますがこうではありませんね(笑)
  2.PNG
   →これが正解ですね。これは問題ないと思います。今回注目したいのは
   その先の部分です。まず現状を確認しましょう。
   回帰すべきは上昇トレンドです。今、そこに反して下落トレンドを安値を
   割らずに形成してきました。そして戻りの範囲を見定めましたね?
   この時点で下落トレンドが崩壊するのはどの高値を超えたらでしょうか?
   2.PNG
   →下落トレンドの中で最安値をつけた波の高値、つまり赤いラインです。
     これも大丈夫だと思います。仮にここを安値から一つの波で超えてきた場合、
      そこは基点だとすぐわかりますね?ベーシックなモデルです。
      しかしここはどうですか?基点、次点の流れが根拠ある高値の下で行われています。 
      この形が『回答』で触れたパターンの一つですね。
      この時、五分はどうなっていたか見てみましょう。
   3.PNG
   →先程も少し話しましたが根拠ある高値の下でしっかりともう一度安値を
     小さな下落トレンドで試しにいっていますね?
         更新は失敗に終わり、失敗というシグナルを元に上昇へと転じました。
     この場合仮にエントリーするとして私の手持ちの技術で可能な箇所は
    3.PNG
   →基本的には右二つのうち左側でエントリー可能ですが初心者の方は
      右二つの右側のがイメージしやすいと思います。これはどちらでも問題なく、
     今後展開していく技術でエントリーは可能になっていきます。

■ 回帰すべきトレンドを意識しながら小さな反転トレンドを待ち、
  その崩壊を逆行しない場所でエントリーしていく

■ 結局はどこまで見ていくのか?という問題にいつかはぶち当たると思います。
  丁寧に高値、安値を見ていれば大きく見るのは誰でもできます。
  問題は小さく合わせるという部分です。小さく見ていこうとすればどこまでも見ていけます。
  もちろん限界はありますが最小一分で見ていく事もできます。
  私の場合は最小が5分です。デイトレードの場合ですね。
  五分といっても五分のローソク足から最初のトレンドを見る事もあります。

  これはオススメの練習方法の中のローソク足のヒゲから一段下のトレンドを見る方法を参照ください。

  長くなりましたので今回はこれで。
  早く招待制の掲示板を作成してもう少し深い内容をやっていきたいのですが 
  その場所がなかなか決められません。オススメの場所などありましたがどなたか教えてください(^^;)
  次回は大量にストックしてある記事を公開するか他の何かかまだ未定です。
  実は旅行に行く時等にも更新できるように記事をストックしてあります(笑)

今回の募集メッセージテーマ

『トレードで悩んでいる事、知りたい事はなんですか?』
   
追加
今、アフィリエイターが捏造大絶賛中の商材、
通称ドラスト正式名称ドランゴンストラテジーFXにご注意を。
この商材はすでにブラックな現状が暴露されていますね。
火消しに躍起なようですがここまで露骨に大量のレビューサイトと
アフィリエイター全力販売されてしまうと墓穴を掘ってるようにしか思えません(笑)
まあドラストやゴルスパなど一斉にアフィリエイターが飛びつく商材はアフィリエイト率が
すさまじく高いですから露骨に気持ち悪いくらいに宣伝されます。
みなさんの中に購入される方はいないと思いますが一応ご注意を。
今週どこかでレビューするかもしれません。この商材ももれなくバックエンド販売
後に控えた販売のプロのいつもの手口です。

みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   



posted by レジデンス高山 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戻りの見方シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。