FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその12
2015年03月11日
FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその12
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
緊急・追加アナウンス
・通称ドラステ、ドラゴンストラレテジーFXにご注意を今後レビュー予定
・またイ〇ムさんか販売開始してますね。最近は販売期間をせばめたやり方を
回数こなす方法で販売してるようですね。

warning-yellow-tape-featured.jpeg
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

12055 Summit Circle Beverly Hills CA 90210

関東でこのくらいの家を建てようと思ったらどのくらいかかるのでしょうね(^^;)

今日は高山通信01と別のページで雑記を更新しています。
Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1202右矢印1177右矢印1305位(下矢印2)
一時期177位をマークしましたが…
意味の無いブログをとりあえずでも毎日更新した方が順位が上がるなんて
システム間違ってますよね(笑)それはしたくないので地道に頑張ります。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。

このコーナーは高値と安値の見方に慣れた段階の初心者向けの方の
内容になっています。だからこそ重要で、永続的に使える内容となっています。
基本的に易しい質問を繰り返す中で少しずつ進めていく方がおそらく
わかりやすいと思うのでそのようにすすめていきます。
私の場合もそのように繰り返していく中で頭に刻んでいきましたので
私と同じように不器用な方目線で進めていきます。
announce.jpg

このシリーズは内容に統一性を持たせるために
ドル円一時間足と5分足の組み合わせを例に話を進めています。
しかし実際のトレードにおいてこの組み合わせでしか通用しないという話では
まったくありませんのでご理解ください。

戻りを狙う中でもっとも勝率が高く、利益が伸びやすいトレードが
指標を見送り基点を見送り次点を待つトレードです。
<もっとも基本的なベーシックな押し目のイメージ>
-メイントレンドに対して修正波の中の小トレンドの転換点のさらに次点を狙う-
1121-1USDJPYM5.png

ここから今回の更新

再開します■

少しだけお休み頂いていた戻りのシリーズ復活です。
継続して練習されていた方が大半だといいのですが(^_^;)
そんなわけで今回はリハビリ回です。
練習問題を通して勘を取り戻しましょう。
今回は二つの場面を出して少し細かく流れで見ていく形で進めますね。

・回帰すべきトレンドをしっかりと把握する

基本的にこれだけ出来ていればどうとでもなります(笑)
注意して欲しい事は結果としてその想定した戻りの範囲でなかった場合です。
例えば想定していたサイズの戻りよりも大きな戻りになった場合などもあると思います。
それ自体は特に問題ではありません。
ある時点であなたがそのチャートから回帰すべきトレンドは今の段階ではここだとその
状況におけるチャート上の状況からそれ以外判断できない結論を出せるかどうかが重要です。
394359583_f6fc5d4036_m.jpg
つまりそれは自分の中に基準があるかどうかという事になります。
このブログでは基準、模倣という言葉がよく出てきますが何事も基準がなければはじまりません。
例えば戻りを見る基準とはなにか。そういった事のヒントであったりテクニックであったりはこのブログでも
書いていますし今後もより深く触れていこうと思っています。
それらをただ見て知るだけでなくしっかりとアウトプットしてさらにブラッシュアップして私なんかよりも何倍も
上手に相場を駆け巡れるようになってください。

ではリハビリ開始です。
まずは簡単なのから行きましょう。

第一問

ドル/円 1時間足
5.PNG
これは大丈夫かと思います。上昇トレンドが確認できますね。
その中で現在回帰してるトレンド(スイング)を探します。

6.PNG
これはみなさんこう引けたかと思います。
回帰すべきトレンドを見つけたら今度は真逆のトレンドの崩壊を
まって次点を打つのがセオリーでしたね?
真逆のトレンドとはつまり調整の事です。必ずしもトレンドを形成
するわけではありません。トレンド形成が失敗という形のシグナルの場合もあるからです。
それはまだ少し先にやっていこうと思っています。まずは基本系に慣れる事が重要です。
5.PNG
さて陽線と陰線を頼りになんとなく五分で下落トレンドが形成されたような
5.PNG
トレンドを崩した後、次点をつけて上昇しました。
この場面を五分で見てみましょう。
5.PNG
回帰トレンドに対しはっきりとした下落トレンドが確認できます。
トレンドを崩した後の次点の取り方も一時間足を見ていた時の視点と
何も変わりませんね?何も変わらない、例えばそれがつまり基準というものになります。
第二問行ってみましょう。

第二問

ドル/円 1時間足

5.PNG
どうでしょうか?さっきより少し難しいでしょうか。
大きく見る場合のポイントとしては回帰トレンドに対して調整が入り、
再び基点、次点と形成されたところがつまりサイズを区切る際に一つの
基準となります。当然ですよね。なぜならすべてはいずれかの波の中にいるわけですから。
2.PNG

まず大きくこう見えると思います。これは見えていますね?
このサイズが回帰すべきトレンドでしょうか?
大きくみればそうでしょうがこの段階での戻しのサイズで言えば
そうではありません。もう一段小さく見てみてください。
5.PNG

多くの人はこう見えたかなと思います。
もしこう見えた場合はオレンジのスイングに対しての戻りと想定してしまっても
問題ありません。これはこれで悪くはありませんが私はこうだとは思いません。
6.PNG
こうでしょうねおそらく。こうした場合、この段階での戻りの範囲と
いうのは以下の通りとなると考えられると思います。
2.PNG
これは後からならどうにでも言えるのではないか?というような事でもありません。

サイズというのは例えば単純な上下の幅だけではありません。

為替チャートの場合は二次元ですので時間も考えなければいけません。
どのくらいの時間に、どれだけ上下したかで形が決まり、そこにサイズ感が生まれます。
「感」というと感覚的なイメージを持たれやすいですが時間も上下の幅も完全に数値で表せます。
そこにあまり感覚というものが入り込む余地はないのですがしかし「見る」という事にはやはり
「慣れ」が大きく関係すると思います。矛盾してるようですがこれは知っているのとやってみるのでは
違うという全ての事に当てはまる当たり前の事ではないかと思います。
forexonetv-forextrader2.jpg
なぜ練習するのか■
知り得た事や気付いた事はあくまで原石、素材です。
そこから道具を作りだし使いこなす作業がつまり練習です。
しかし投資を行い負け続けている人の多くは楽観的で大抵の場合その作業をしません。
知って終わり、学んで終わり。わずかな時間を検証と呼んで終わり。
そこから生まれる結果は容易に想像できると思います。

戻りのシリーズは少し間が空きましたがこの間、高値安値を追いかけ戻りの範囲を想定し続けた人で
またこの記事の再開を目にしてる人は今日書いた内容の意味がよくわかると思います。
そうでない人には基準がどこにあるのかさえイメージできないかもしれません。
Next-Level.jpg
やってやれない事は無い。努力が物言う世界。努力が物を言える世界と考えるならば
頑張ってみてもいいかなと思えるのではないでしょうか(^^)
そんなわけで戻りのシリーズは再開致しました。また適度な感覚で更新していきますね。
Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。

追加
今、アフィリエイターが捏造大絶賛中の商材、
通称ドラスト正式名称ドランゴンストラテジーFXにご注意を。
この商材はすでにブラックな現状が暴露されていますね。
火消しに躍起なようですがここまで露骨に大量のレビューサイトと
アフィリエイター全力販売されてしまうと墓穴を掘ってるようにしか思えません(笑)
まあドラストやゴルスパなど一斉にアフィリエイターが飛びつく商材はアフィリエイト率が
すさまじく高いですから露骨に気持ち悪いくらいに宣伝されます。
みなさんの中に購入される方はいないと思いますが一応ご注意を。
今週どこかでレビューするかもしれません。この商材ももれなくバックエンド販売
後に控えた販売のプロのいつもの手口です。

みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   




posted by レジデンス高山 at 21:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | 戻りの見方シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、ぽにょです。


>多くの人はこう見えたかなと思います。

私も水色の高値安値を取りました。
時間も上下の幅も完全に数値で表す方法があり、それが出来れば、赤色の高値安値を取る事が出来るようになるものでしょうか?


以上、ご回答頂ければ幸いです。
Posted by ぽにょ at 2015年04月14日 18:07
>ぽにょさん

まず完全にピンポイントでわかる術などありません。
だから想定するわけですが想定するからには基準が必要です。
それはおおよそのものでいいのですが結局の所それらをもってしても
サイズ感というものは何度も何度もラインを引いて練習して養っていくしかありません。

数値に関してですが数値は非常に情報量の少ない情報ですよね。
ただの数字ですから。一本の線よりもただの数値の方が情報量が少ないでしょう。
チャートは線と線がつながり角があり、横には時間、縦には値と広がっていますので
もう少し情報量の大きな基準が考えられると思いませんか?

というのが回答になります。
Posted by レジデンス高山 at 2015年04月19日 03:23
こんにちは、ぽにょです。

ご回答頂き、ありがとうございます。

まずは、サイズ感の練習を続けます。。。
Posted by ぽにょ at 2015年04月21日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。