FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > 高山通信02 FXで押し目を狙う戻りのシリーズの本当のところ
2015年03月14日
高山通信02 FXで押し目を狙う戻りのシリーズの本当のところ
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
緊急・追加アナウンス
・通称ドラステ、ドラゴンストラレテジーFXにご注意を今後レビュー予定
・またイ〇ムさんか販売開始してますね。最近は販売期間をせばめたやり方を
回数こなす方法で販売してるようですね。

warning-yellow-tape-featured.jpeg
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

Narisawa Tokyo - An Incredible Dining Experience

物欲はあまりないのですが食欲が最近尋常ではない高山です。第三次成長期かも…

今日は高山通信の第二段です。本当の所を少し話してみました。
Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1305右矢印1245右矢印1292位(右矢印2)
ランキング企画のプレゼントは出し惜しみする気まったくないのですが
ランキングがついてきませんね(笑)

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG

〜ココから本日の更新〜


戻りのシリーズの本当のところ
6a00e54f133d698834017c31937dcd970b-800wi.jpg
今、どれくらいの人が記事を見て実際にアクションに移行して練習や観察を重ねてくれて
いるのかわかりませんが仮に一定数いてくれるとしたらその人達に向けて少し本当の話を
したいと思います。

今、戻りのシリーズでは1時間をベースとして5分で入っていくという形で縛りをつけています。

でも例えばその部分についての「本当の話」をすると高山自身は1時間足をほとんど見ていません。
デイトレードで例えば今日、ある時点でここまでの下げなら買い目線は崩れないといったような具体的な
線引きは4時間足で行います。その4時間足をどう使ってそのような判断をするのかというのは具体的に
判断基準があってそれに沿ってシナリオを立てています。
pointmark.gif
ではなぜ戻りのシリーズでは1時間をベースとしてもらっているのかという点ですが
これは戻りのシリーズでは高値、安値を「出来る限り正確に見る癖をつける」という事が一つの目的として
組み込まれているからなんですね。
pointmark.gif
トレードで「楽をする方法」や「楽ができるテクニック」というものはあります。
みなさんの想像するような物ではないと思いますが明確でかなり正確な性質の物を利用しています。
利用していますといっても特別な道具やインジケーターを使っているわけではなくただ観察から得た情報を
自分の中でルール化して利用しているという意味です。
トレードをされている大半の方がが知っているであろう事を実際に使える道具に変えて利用するといった感じです。
a264b3b083afc1f777276d5b5e7e7086ee480acd.14.2.9.2-600x400.jpeg
ではなぜそういった物を最初からシリーズに盛り込まないのかという話ですが
もちろんそういった物を誰かれかまわず無償で渡す事に抵抗があるのは当然として理由はそれだけでなく、
やはり何を使うにしても基本的な見方ができているとできてないとでは結果が全然違ってくると思うからですね。

高値、安値。これをサイズ別に少なくともそう見る以外他にどうにも想定できないと結論づけれる程の水準で
高値安値をチャート上から認識できる人がどのくらいいるのでしょうかね?
私もまだまだという気持ちをもって毎日、チャートの高値安値を整理する事は忘れず欠かさず行っています。

高値と安値を追っていくとまず一つ、感じるものがあると思います。

ある程度の水準で追えるようになってくると高値、安値をしっかり見ていれば少なくも勝ち負けのバランスが
極端に負けに傾くなどありえないというような感覚が持てるようになってくると思います。
事実そうだと思います。不要なポジション、ありえない位置からありえない選択。こういった事は
高値、安値を見ている限りなくなるでしょう。

そしてそういった「経験」から得られる物はみなさんが思っている以上に大きいと思います。
「ただ知っている」この状態でトレードを行う事の危険性を再認識すべきです。
他のどんな事ともかわりありません。「練習」が必要です。

一番の問題はその「練習の仕方」がわからないという人が多い事でしょう。

「練習」とはつまり正解がなければ練習もなにもないわけです。
早く走るには早く走るためのフォームがあり、それを模倣する事で早く走れます。
基準(正解)を持ち、模倣する。

その正解を見つける事が難しいという気持ちはわかります。
実体験として私も悩みに悩んでもう何を悩んでいるのかなにがなんだか…という時期を
経験しています。しかしやはりあるんですね正解は。
100%という確率が不可能な以上は正解と言えないと言われたらそれまでですが少なくとも
勝ち越す事が正解というなら私が行ってるトレードでなくても仲間たちを見渡せばいくつかあるのは
間違いなでしょう。
174.jpg
しかしです。そのどれもが必要とする「経験」というのが高値、安値を見るという事なんです。
その「見る」という経験を積み重ねる練習条件として5分、60分の組み合わせはとてもバランスの良い
「縛り」だと思っているからそうしています。
これも「経験」から得た答えであって万人に対してそれがフィットするかどうかはわかりませんが
少なくとも私はそのような形で練習をして今の結果に結びついたと思っています。

また私が利用している技術などはそのほとんどが罫線を用いたものが多いですので高値、安値は
罫線を利用する上ではなるべく正確に把握していなければいけない事であり、またそこには「経験」
からしか得られない「サイズ感」であったりも関連してきますのでこの練習がいかに重要なのか
わかって頂けたらと思います。
次回は…
戻りのシリーズの本当の所を今回は話させて頂きました。
次回は罫線関係についてかインジケーターについてなど書いてみようかなと思っています。
過去の手法例もいいかなと思っているのですが迷います。
ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。

追加
今、アフィリエイターが捏造大絶賛中の商材、
通称ドラスト正式名称ドランゴンストラテジーFXにご注意を。
この商材はすでにブラックな現状が暴露されていますね。
火消しに躍起なようですがここまで露骨に大量のレビューサイトと
アフィリエイター全力販売されてしまうと墓穴を掘ってるようにしか思えません(笑)
まあドラストやゴルスパなど一斉にアフィリエイターが飛びつく商材はアフィリエイト率が
すさまじく高いですから露骨に気持ち悪いくらいに宣伝されます。
みなさんの中に購入される方はいないと思いますが一応ご注意を。
今週どこかでレビューするかもしれません。この商材ももれなくバックエンド販売
後に控えた販売のプロのいつもの手口です。

みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   


posted by レジデンス高山 at 03:28 | Comment(8) | TrackBack(0) | 高山FX通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アフィリエイターは、有効な商材をきちんと紹介して欲しいものです。
自分も今年教材出すと思いますので、よろしくお願いします。

応援しておきました。ポチッ
Posted by 矢田@医療職兼業トレーダー at 2015年03月16日 17:01
>矢田さん
応援ありがとうございます。
アフィリエイトの構造上、このような状況になってしまう事は仕方ないのかもしれませんね。
良い物を紹介して利益を得るという事をストレートに行っている人など検索上位表示される人達の中には
皆無といっていいでしょうし。
そんな彼らでさえ手数料ビジネスの養分でしかない現状を考えると情報ビジネスは法改正でもして一回フラットにしないともう難しいでしょうね。
そういう中で埋もれていく優良教材も多いと思います。コメントありがとうございました。
Posted by レジデンス高山 at 2015年03月16日 22:15
アフィリエイターが多いせいで本当に価値ある商材かどうかって見極めるのが難しいですよね。
世の中全員アフィリエイターに見えてしまいますよw
Posted by 山田太郎 at 2015年03月17日 07:15
>山田さん
こんにちは(^^)
価値のある商材というのはFXで言えば日常的に勝っている人、それで生活できている人にしか評価しようがありません。
絵の価値のわからない人が何億もする絵を見てもなんでこれが?というのと同じです(^_^;)
ですので商材紹介を専門にやっているサイトやタイトルに「暴露」「徹底検証」と力強く書いてるような所でも結局は基本的に無意味な事しか書いていませんし大概の場合、メインとして売りたいアフィリエイト率の高い商材を押している場合が多いです(笑)
私は勘違いされたくないので最初からアフィリエイトリンクは貼っていません。
ただブログ上右あたりにある楽天のものだけ試しに置いていますがまったくクリックされません(笑)
Posted by レジデンス高山 at 2015年03月18日 02:03
真実の情報を見極められる用になるには、結局自分のレベルを上げるしか方法はないんですよねー。でもそこまていくと結局商材って必要なくなりますよね!
本当矛盾してますよね(笑)
Posted by 山田太郎 at 2015年03月18日 15:07
>山田さん
その通りです。ただ私の場合はいまだに色々と商材は買っていますよ。
FX商材に限らず色々と買ってます。
情報ビジネスは今後さらに拡大していく分野ですからアンテナは貼っておいた方がいいですし
どのような傾向が主流なのか知っておく事は身を守る事にもなります。
FXの場合は新しい視点を得るきっかけにと思い買っています。
いわゆる「当たり」と評価できる商材は20個に1個あるかないかくらいですね。
トップアフィリエイター達が紹介しているのは大体フォーラムのパクリ系が多いのですが「当たり」だった事は一度もありませんね(笑)
Posted by レジデンス高山 at 2015年03月19日 01:08
まったく同感です。
色々な商材買いましたけど、私の一番知りたいマルチタイムでの高値、安値の見方をここまで詳しく書いているのは高山さんのブログしかありません。高山さんのおかげで、エントリーのタイミングの精度がより高まりました。本当にありがとうございます。
ブログの更新楽しみにしています。
Posted by 山田太郎 at 2015年03月19日 09:46
>山田さん
ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します(^^)
Posted by レジデンス高山 at 2015年03月19日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415569425
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。