FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > 高山流のFXトレードの例@
2015年03月17日
高山流のFXトレードの例@
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
緊急・追加アナウンス
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
warning-yellow-tape-featured.jpeg
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

Best Female Vocal Dubstep 2014 Vol. 1 (2 Hours - Free Download) 

花粉症の高山はこの時期、薬のせいで眠くなるので眠気対策に音楽はかかせません。

今日は私のトレードについて少し。
Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1292右矢印1197右矢印1188位(右矢印2)
感謝還元企画にまた一歩近づきました。ありがとうございます。


ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG

〜ココから本日の更新〜



以前メッセージを募集していた時期に頂いた質問に次のような物がありました。

>「高山さんはライントレーダーなのですか?」
  
言っておりますが私、高山の用いる技術のそのほとんどが罫線を用いたものになります。
6.PNG
そういった意味では私はライントレーダーに分類されるのかもしれません。
ライントレーダーというとトレンドラインとレジスタンスライン、サポートラインを主要ラインとした
トレードをされてるというのが一般的なイメージだと思います。
しかし例えばですが以前『ライントレードのラインの種類とその使い方の一例』の中でも話した通り
トレンドラインというのは非常に曖昧で「模倣」するための「基準」として利用するには少々頼りない
というのが私の考えです。

私のブログの中での主要キーワードを思い出してください。

・もっとも安全なトレードは指標を避け、基点を避け、次点を待つトレード
・相場はいつも基準を探している。相場における模倣性
・相場は基本的にいずれかの回帰すべきトレンドの中にいる

この三つに重きを置いてる私のラインの利用方法は少なくとも私がこれまで見た商材やブログ
セミナーの中で紹介された事はない性質のものになります。
しかしそうなると矛盾を感じませんか?

「基準」とはだれにとってもわかりやすい物でなければならないはずです。
誰にも意識されない「基準」を持ち出して「模倣」したとしてもそんな物が機能するのでしょうか?

>おそらくしないでしょうね。

ですので私が用いる基準は特殊なものではありません。
おそらく言われてみれば確かに!と言うものであると思います。
ただその切り取り方が特殊でその利用方法が実用的なだけです。

知っているだけでは…という話をしましたがトレードをしてる中で気づいた事というのは
チャート上の「傾向」である事が多いはずです。
しかし傾向だけ知っていてもトレードはできませんよね。

例えば〇〇では反転する可能性が高い…ですとか
200MAの下では売り、上では買いを考えるべき…とか

どうなんでしょうかね(笑)実用的と言えますでしょうか?

意見は色々あるかもしれませんが私はとてもこういった類のものが実用的であるとは
言えないと思います。

「傾向」に気づいたら実用的な水準で利用できる「方法」を考える必要があるわけです。
では例えば高山の場合どの程度「実用的な水準」で利用しているのか一つ例を出します。

先程列挙した主要キーワードの一つ

・もっとも安全なトレードは指標を避け、基点を避け、次点を待つトレード

これに関連する例を挙げます。このキーワードの最終的な目的は次点を探す事になりますね?
次点を探すために必要な事三点あります。

一つは基点を見つける事です。買いを考えるならば安値です。次点は安値を超える事がないわけです。
ですので次点を待つトレードである以上基点で負けるという事はまずありえません。

そして残り二つは「どこからどこの範囲で次点を探すのか」と「どのタイミングでエントリーなのか」ですね?

後者は高山の場合、ローソク足をルール化してますのでエントリーは問題ありません。しかしそれも
ローソク足だけで見たらだましもあるのです。ちなみにローソク足のルールについては酒田五法はまったく
関係ありません(笑)いたってシンプルです。
Depositphotos_14423769_resize.jpg
前者「どこからどこの範囲で次点を探すのか」ですがこれは罫線を用います。
引き方については今後のコンテンツや企画のために伏せておきますが画像で少し解説します。

5.PNG
罫線を用いた技術は一つのエントリーに対していくつかの種類を使用します。
その順番も種類もいつも同じで決まっています。やり方に基準があるという事ですね。
上の画像はそのいくつかの種類の一つを上げた例です。少しラインを消してあります。
例えば基点から伸びる二本のラインがありますね?次点はこの範囲でなければ見送ります。
仮に次点と想定してエントリーした後、想定した通りに値が動かず上方のラインを抜けてしまったら
ドテン売買を行います。この場合、値はここでいえば高値を「試す」ように動きます。
このドテン売買の目的は損失のカバーであるのでここで高値更新は狙いません。
この基準から伸びるラインは何を基準に引いていると思いますか?
角度でしょうか?(笑)
pointmark.gif
例えばギャンファンの引き方の一つに角度を用いる引き方があります。
先程のラインがギャンファンに関連したものという事ではないです。
一般的に45度に対してギャンファンを引きますので一応未来に引けるラインの一種です。
ギャンという方は当時の相場に45度という基準を見出したのかもしれません。
しかし45度が一体なんだというのでしょうか。基準というにはあまりも一方通行な気がします。
少なくとも私は角度が何度かなんて事を基準にはしません。

角度なんてものは毎回違います。しかし明確な基準はあります。
そしてこの罫線分析に限らずすべての罫線分析を行う上でもっとも練習を要すべき事は
なるべく正確に高値と安値を把握する事です。

また私が利用する罫線の種類やその利用方法はそのほとんどが
次点をとらえるためにあります。ただその一点に集中させています。
wsydblasb.jpg
先程のどこからどこの範囲でというラインの出し方は今後のコンテンツ用に伏せさせて頂きますが
一つだけヒントをお教えします。このラインがいつ引かれるかというタイミングについてです。
このラインは「基点」の候補ができた瞬間にすでに引く事ができます。
そもそも基点で勝負をしない私のトレードでは次点の端っこを取れればいいわけですのでこれは
非常に理に適った安全なタイミングで最速のタイミングともいえます。
そうすると基準の候補を探すラインが必要ですね?もちろんそれもあります。
そのように何が必要かつなげて考え逆算的に学ぶべき探求すべき事柄というのは見えてきます。

引くラインは未来に引き、そのラインで反応する事はとても多いですがそこでエントリーはしない。
基点は見送る。反応があれば「基点かな?」と準備に入るだけです。

基点で負けない。次点で入る。次点で入るという事は必ず高値もしくは安値を背にします。
基点で入るという事は背にするものが何もありません。それってとても怖いと感じませんか?

次点があればそこからおおよその利益を想定する事もできる。しかし基点でうまく値が進んでもそれは
単純な戻りの数値しかわからない。それってどうなんでしょうか?

pointmark.gif
安全で尚且つ勝率が高く、メンタル的にも余裕があり、負ける時も損失を明確に限定できる。
次点トレードの優位性。そしてその次点トレードの精度を高めるための罫線分析。
私の場合はやりたいトレードを実現するための技術がたまたま罫線を用いたものであったというだけです。
知識を頭の中に点在させても一円にもなりません。
どんなトレードをしたいのか。そのトレードを行うために必要なスキルはなんなのか。
つなげて考えてあなたに足りない事、あなたが目指すスタイルを逆算的に考えてみてはどうでしょうか?

メッセージ募集
テーマ「あなたがトレードを行う目的はなんですか?」
                  
次回は…
次回は情報商材やFX商材の特に「売る事を専門」にした人達のやり口と購入者に対して
私が思う事や言いたい事を書いた内容か逆張りについての内容かのいずれかを考えています。
前者に関しましては今後の私の活動内容にも触れるものになりますので目を通してもらえますと
参考になるかもしれません。


ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。

追加
今、アフィリエイターが捏造大絶賛中の商材、
通称ドラスト正式名称ドランゴンストラテジーFXにご注意を。
この商材はすでにブラックな現状が暴露されていますね。
火消しに躍起なようですがここまで露骨に大量のレビューサイトと
アフィリエイター全力販売されてしまうと墓穴を掘ってるようにしか思えません(笑)
まあドラストやゴルスパなど一斉にアフィリエイターが飛びつく商材はアフィリエイト率が
すさまじく高いですから露骨に気持ち悪いくらいに宣伝されます。
みなさんの中に購入される方はいないと思いますが一応ご注意を。
今週どこかでレビューするかもしれません。この商材ももれなくバックエンド販売
後に控えた販売のプロのいつもの手口です。

みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
posted by レジデンス高山 at 00:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 高山流のトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも山田太郎です!メッセージ募集との事なのでコメントさせて頂きます。
相場の世界でも稼げる技術を身につけ、そして何より親孝行するのが目的です!
Posted by 山田太郎 at 2015年03月17日 01:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415686138
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。