FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその14
2015年05月03日
FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその14
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。投資
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐欺

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

Wiz Khalifa - See You Again (feat. Charlie Puth) 

映像と一緒に聴いてしまうと泣きそうです。ポール・ウォーカーよ永遠に!

どうも高山です。
基礎講習を終えた二名のお弟子さんはすでに独立へ向けて加速中です。
ですので間もなく更新頻度を元に戻せると思います。
再現性が高く勝率も高いトレードとは積み重ねる事ができるという特性を必ず含みます。

Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1172右矢印1174右矢印1173位(右矢印2)
一週間に1-2度程度の更新でやっていきたいと思います。
引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG6.PNG


このコーナーは高値と安値の見方に慣れた段階の初心者向けの方の
内容になっています。だからこそ重要で、永続的に使える内容となっています。
基本的に易しい質問を繰り返す中で少しずつ進めていく方がおそらく
わかりやすいと思うのでそのようにすすめていきます。
私の場合もそのように繰り返していく中で頭に刻んでいきましたので
私と同じように不器用な方目線で進めていきます。
announce.jpg

このシリーズは内容に統一性を持たせるために
ドル円一時間足と5分足の組み合わせを例に話を進めています。
しかし実際のトレードにおいてこの組み合わせでしか通用しないという話では
まったくありませんのでご理解ください。

戻りを狙う中でもっとも勝率が高く、利益が伸びやすいトレードが
指標を見送り基点を見送り次点を待つトレードです。
<もっとも基本的なベーシックな押し目のイメージ>
-メイントレンドに対して修正波の中の小トレンドの転換点のさらに次点を狙う-
1121-1USDJPYM5.png

ここから今回の更新

   image writing.jpg

 「数で埋めれる優位性」を愛そう!
  
■ トレードにおいて数で埋めれる優位性というのは絶対に手放してはいけない物の一つです。
  例えば私のトレードで言えば罫線分析の手順、ローソク足の見方などが例にあげられます。
  やり方、視点を知った上で数をこなす事で確実に上達できる事を「数で埋めれる優位性」と
  私は表現するようにしています。
  そしてこの次点トレードのベーシックなモデルもまた先の二つにおよびはしないものの数少ない、
  「数で埋めれる優位性」と言えるようなシンプルで 再現性の高いトレードスタイルであるという事です。
  しっかりと情報を咀嚼して自分の血肉とするため他のあらゆる事柄と同じように練習をしっかりと
  行いましょう。「数で埋めれない優位性」を持て余してる時間はすべてこちらへ注ぎ込んでください。

■ そんなわけで戻りのシリーズも14回目なので今のターンはとにかく数をこなす事ですので
  理想的なモデル、変則的なモデル含め練習問題を流れで紹介していく事を基本としています。
  20回を超えた辺りで次のステップに進もうかと思います。
point-clipart-finger-pointing-md.png
■ 基本 次点トレード ベーシックな押し目のモデル想定練習

前提 この戻りのシリーズでは私の所有するローソク足のルール
    プライスアクションによる技術、罫線分析などは一切使わず
    最低限の情報による次点トレードの戻りの範囲からの転換を見ていく練習です。

⇀今回はいつもと違い5分足で1時間足を見ていきましょう。

問題1. 5分足 青の囲いの範囲が確認可能な状況と仮定 画像右端が最新
6.PNG   
1-1 
・まずは戻りの範囲を確認しましょう。
・ベーシックモデルなので非常に簡単ですね?
・もみ合いの下落トレンドを抜けた時点が基点となり次点を待っています。
・この場合の戻りの範囲は以下の通りとなります。
6.PNG

1-2
・この場合当然回帰すべきトレンドは上昇トレンドとなります。
・リトレースメントは回帰すべきトレンドの戻りの範囲の始点と終点に引きます。
・拡大していきましょう。
6.PNG
1-3
回帰すべきトレンド上昇トレンドに対し戻りの範囲内で反対トレンドを探します。
今現在綺麗な下落トレンドによる戻しが入っています。
一般的にレンジ相場と言われる方向性の弱い動きはこの戻りの範囲内で起こります。
6.PNG    
1-4
・回帰トレンドに対する青の反対トレンドを確認
・反対トレンドが戻りの範囲を割らない中でトレンドの崩壊を見せたらエントリー
・単純なブレイクであれば赤い囲い辺りのエントリー
・ローソク足のルールやプライスアクションを用いると黄色の囲いでとなります。
・これがもっともベーシックなモデルとなります。

■ 一番のポイントは戻りの範囲を正確に把握する事です。
  なんでもかんでも直近の高値から安値、安値から高値にリトレースメント引けばいいと
  勘違いしてる人が多いですがそうではありません。
  その違う場合を次の問題で見ていきましょう。

■ ベーシックなモデルにおける戻りの範囲のよくあるパターン 1

問題. 5分足 青の囲いの範囲が確認可能な状況と仮定 画像右端が最新

6.PNG

2-1
・まずは戻りの範囲を確認していきます。
・この場合この時点ではどの範囲が戻りの範囲でしょうか?
5.PNG

6.PNG.
2-2 
・こんな間違いはもう最初から読んでる方はしませんね?
・以下の正解にたどりついた方が大半でしょう。

8.PNG

2-3
・回帰トレンドに対しての反対トレンドを確認
・崩落でエントリー(他に技術が無い前提があるので)
8.PNG


戻りの範囲を言葉で表す

■ 感覚として戻りの範囲がわかるという方は多いと思いますが
  言葉で表すとどういう事なのかいまいちよくわからない方もいると思います。
  簡単に言ってしまうと以下のように言えると思います。

ブレイクされる前の前回、回帰トレンドに対して形成された反対トレンドの
終点⇀基点から現在の最新の戻りの基点までを戻りの範囲と見る

■ 例えば今日のチャートを例に振り返ってみましょう。
 問題2
8.PNG
補-1
 この中で一番近いポイントで回帰トレンドに対して戻りを試したのは
 どこでしょうか?戻りの範囲はすでに答えがわかってしまっていますが 再度目線を変えて考えてください。
5.PNG

補-2
 回帰トレンドに対して青の反対トレンド。
 その崩落から次点を作り二段で上昇。という事は前回の戻りの終点(基点)
 がこの場合でいう戻りの範囲の下限となります。
 そしてこの下限がやぶられた時は戻りの範囲が次のサイズへ移行したと言えるわけです。

 ではその場合を次回やりましょうかね。
forexonetv-forextrader2.jpg
■ 私が利用してるような罫線分析方法やローソク足に対するルールや視点を使わずしても
  このくらいのトレードが可能だという事は勝てない方にとって大きな希望になりませんか?
  大雑把にやってもこのぐらいの精度は可能という事です。
  
  現在あなたがご自分で考案された手法や誰かに指導を受けたにも拘わらず
  まったく勝てないという現状を抱えているのならそれは手法どうこうの問題ではなくあなたの
  チャートの見方がそもそも間違っている可能性が高いです。
  
  手法や指導を受けて負け越しているとしてもせめて3割.4割バッターであるという状態なら
  逆に手法や指導が間違ってる可能性も大きくなってきます。

  今一度、戻りの範囲と同様にご自身のスキルのレベルも把握される事をオススメ致します。


本日は2記事更新

もう一方はほとんどお知らせの内容になりますが一応目を通して頂けると良いと思います。

メッセージ募集
テーマ「あなたがトレードにおいて知りたい事はなんですか?
ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。

追加
今、アフィリエイターが捏造大絶賛中の商材、
通称ドラスト正式名称ドランゴンストラテジーFXにご注意を。
この商材はすでにブラックな現状が暴露されていますね。
火消しに躍起なようですがここまで露骨に大量のレビューサイトと
アフィリエイター全力販売されてしまうと墓穴を掘ってるようにしか思えません(笑)
まあドラストやゴルスパなど一斉にアフィリエイターが飛びつく商材はアフィリエイト率が
すさまじく高いですから露骨に気持ち悪いくらいに宣伝されます。
みなさんの中に購入される方はいないと思いますが一応ご注意を。
今週どこかでレビューするかもしれません。この商材ももれなくバックエンド販売
後に控えた販売のプロのいつもの手口です。

みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   



posted by レジデンス高山 at 02:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 戻りの見方シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日も5つのランキング、全て往復で応援クリック済みです。

私も動物名のローソク足トレードは受講致しましたが、とても残念な内容でした。

とりあえず、ルールの重要性を連呼するわりには、講師によってルールが異なる点が笑えますよ^^

Posted by ぽにょ at 2015年05月03日 18:50
>ぽにょさん

いつも応援ありがとうございます。あの人はもう何年も商材を売り続けていますがそのどれもがまったく勝てませんからね(笑)
オリジナルインジケーターを作れても実際問題勝てないのでは無駄なスキルです。
ローソク足トレードに興味を持った方があれがローソク足トレードなんだと勘違いされてその後、自分の視点で観察できなくなるような事があった場合彼の罪はかなり重いと思いますよ。
Posted by レジデンス高山 at 2015年05月04日 01:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。