FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > <為替チャート・波>波はいつ引けるのかという事についていくつかのヒント
2015年09月02日
<為替チャート・波>波はいつ引けるのかという事についていくつかのヒント


※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に確認して下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。


現在の状況
三期生の募集は終了致しました。四期生の募集時期は未定です。
早くて8月最終週か9月一週目。遅くて10月です。


為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1183右矢印1200右矢印1192位(↘)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG6.PNG


ここから今回の更新

Tesla_S22arony.jpg 

Rain - Gentle Rain Sound 

 

 

 

 


 

 

 

 

 1356604543475837012complex flowchart1.jpg
 次点を捉えるためには高値、安値を徹底的に言及していかなけれらない。

 ↓

 高値、安値から見てとれるマルチ的なアプローチの話を覚えなければならない。

 ↓

 アプローチをチャート上で想定するためには高値、安値を確認しなければならない。

 ↓

 高値、安値を観るためには波を認識しなければならない。

 ↓

 波を認識するためには波が引けなければならない。

 ↓

 波を引くためには何をもっていつ波が引けるのか理解しなければならない。

 unnamed.png

 この話のスタートラインである「 波がいつ引けるのか 」という点について考えた事はありますでしょうか?

 波の認識方法や構造の理解、アプローチの理解がない人であっても

 ある日チャートを開いて、こんな動きで来たのかな?となんとなく

 「 感覚的 」に波を想定される方はいるでしょう。

 例えばある日、下記のようなチャートを開いたとします。

 D.PNG

 一番右側が現値だとします。

 波の意識や知識、理解が無い人でもなんとなく「 感覚的 」に

 以下のような流れで落ちてきているのかなと想定するのではないでしょうか?

 その結果、下落トレンドなのかなと考えるのではないでしょうか?

D1.png

 上記の波の引き方は一般的な「 視点 」を想定して、

 「 感覚的 」に書いたものであって私たち高山組が描く波の書き方とは違います。


 話を戻しますがおそらく「 感覚的 」になんとなく波を想定された場合はこのように見える方が

 多いのではないかなと思います。

 さてこの「 感覚 」だけで描く事の一番の問題点はなんでしょうか?


 ある程度、値が動き波が形成されてからようやく「 なんとなく 」このような波が

 認識できる事が一番の問題点ではないでしょうか?


 遅い、一貫性がない、基本アプローチが定まらないというように一番の問題点と言わず

 横並びに問題点が列をなす事になります。

 これではトレードはとてもじゃないですができません。

 根拠や理屈がないのです。そしてマルチ的に見るにしてもとても不安定になります。

 なにしろ引くという事に対しての土台が無いのですから。


 私たちは高値、安値からそのパターン応じてアプローチを形式的に変化させていきトレードをしていますが

 それは「 覚えてしまえばいいだけの事 」なのです。考えるというより覚えた事を思い出すだけ。

 この波の引き方で「 覚えてしまえばいいだけの事 」にあたる部分は一点のみです。

 とてもシンプルで絶対に見逃してはならないチャートの特性から見えるもっとも原則的な事だけです。

 それを後はどのように認識すればいいかルールを決めればいいだけです。私はこれをほぼほぼ決めた通りに

 描いています。そして後はマルチ的に統合していけばいいだけの話です。

 その一点とは何か?それは私のここ三ヶ月以内の記事のどこかの内容がそれにあたります。

 波がいつ引けるのかについて考えるとダウ理論を背景にしていない時でも問題なくトレードを行う事ができます。

 D3.png

 波がいつ引けるのかについて考えると例えば2フレームの次点トレードにおいて上位の波の次点の一辺を

 形成している下位の波の基点でエントリーできる場合と下位の波の次点、つまり上位次点の下位次点パターンの

 エントリーでしか入れない場合の両方に対応でき、なぜそうなるのかも「 理屈として理解できる 」はずです。

 今日の更新内容の一番上に書いた一連の流れの中で、この事は最初のスタート地点に位置します。

 そう考えればこの事の重要性がいかに大きな物か理解してもらえると思います。


 この事について深く考えてみましょう。わかってしまえば理屈は非常に簡単です。

 unnamed.png
 ヒントをまとめましょう。

  ・チャートの数少ない原則的なファクターの中のたった一つの事。

  ・ダウ理論を背景としたエントリーとそうでない場合のエントリーに両対応できるという事はどういう事か。

  ・仮に2フレームの次点トレードの場合において下位波基点で入れる時と次点で入れる時の理屈が
  
   わかるという事はどういう事なのか。

  ・ここ三ヶ月月以内の記事にヒントはある(波の引けるタミングと関連付けて説明はしていません

 無料ブログですのでわかりにくく表現しておりますが毎度の通り、重要なヒントは織り交ぜて描いております。

 自力で気づける方も少なからずいるはずです。お金がなければ自分の時間を投資しましょう。

かやまのつぶやき

 今日の冒頭の一連の流れをよく考えて下さい。あの一連の流れの中で自分ができる事はどの部分か。

 自分はどのステージまで上がってきているのか。何が足りないのか。


 自力で道を開こうと観察に励まれている方にはそのような事を再度確認して頂ければと思います。

 基本的冒頭の一連の流れさえできてしまえばトレードをやる上で必要な事のほとんどは手元に揃うはずです。


 四期生の話。そろそろ四期生募集の記事を書きます。来週あたりを考えています。

 今週、二期生の遅れて提出された方と三期生の方のレビューを掲載する記事をまた書きます。

 すべて「 原文ママ 」に掲載します。否定されても肯定されても私はまったく構いません。

 良いようにも悪いようにも好きなように書いてくださいと毎度みなさんに言っております。

 なかなかおもしろい意見があったり私が面談を行った上で受講生として採用する方、採用しない方を選別してる理由も

 そこから少し感じてもらえるかもしれません。よろしければ参考にしてください。


 高山

  

ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。投資

※受講者
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法


みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXを開始する前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。