FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > 寄せられた質問『つつみ足はなぜ反転しやすいのですか?解答編』ローソク足・プライスアクション
2015年11月08日
寄せられた質問『つつみ足はなぜ反転しやすいのですか?解答編』ローソク足・プライスアクション

※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に確認して下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。




現在の状況
五期生の募集は終了致しました。
次回募集は早くても11月下旬となります。

FXクマ詐欺

応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
6.png10.png


ここから今回の更新▼ 

Tesla_S22arony.jpg 

American Hero Official Trailer

▼ オススメ記事一覧 ▼ 

 

 

 











 今回は前回の質問に対する解答、解説編です。


 time-for-answers.jpg

 「 える過程 」が無いままに解説だけ見てもまったくもって意味がありません。

 本記事を読まれる際は必ず前回の質問に対して「 考える過程 」を経てからお読み頂くようお願いします。

 形で覚えればいいと考える方がいたとするなら正直見込みは無いと思います。

 私は理屈屋なのでトレードは自分を納得させるための勝負だと思っています。

 自分の頭で納得できない事であったり説明できない事を背景にトレードする事は考えられません。

 それは投資ではなくギャンブルだからです。 

 「 なぜ 」そうなのか。

 その理由をもってその過程を見て取れた上で認識する事に意味があります。

 これは波を見る上でも何をするにも重要な事です。

 では解説編をスタートしましょう。

 前回の記事で出題した質問を一つずつ確認していきます。

 まず包み足とされる以下のローソク足がありました。

 20.png

 そして最初の質問ではこの包み足の前のローソク足を取り出して

 以下のローソク足たちがに見えますかと問いました。
21.png


 ここで一つ注意しなければいけません。

 今やっている事はこの一つのフレームのロウソク足「 だけ 」で判断するという前提

 行っております。なぜわざわざこのように注意を促しているかの理由については各自考えてみてください。

 では先程の回答です。

 先程のロウソク足の本体とヒゲ「だけ」で読みとれる動きというのはそれが「正しい陰線、陽線」である限り

 以下のようにしか読み取れません。つまり以下のように読む事に裁量的な判断は一切ありません。

 もっといえばこのようにしか読めないはずです。
24.png

 このように立った二本の陽線続き、陰線続きから見てとてる情報として隠れていたのは

 上昇トレンドと下落トレンドがあると単体のロウソク足「だけ」で判断した場合推測する事ができます。

 大事な事はまず「 基準となる正しい陽線の見方、陰線の見方 」というような「 正解 」を作ってあげる事です。

 そしてさらに大事な事は「 絶対にこうとしか見えない 」という形でなければいけません。

 では本題に戻ります。

 先程の隠れていた上昇トレンドと下降トレンドに包み足を加えて見ます。
25.png
 その上でさらに考えてみてください。つつみ足が追加された時、どのような動きが追加されたのか。

 頭の中、あるいわノートに書いてみてください。

 15.png(作:三期生HANEさん)


 当に実際に描いてみましたか?


 何度も言いますが形で覚えるだけの人と頭でなぞれている上で覚えてる人というのは歴然たる差が出ます。

 これは断言してもいいですが間違いなく前者は見込みがありません。

 少なくともそういった方は私の指導への応募は是非控えて頂きたいと考えます。

 口うるさく色々と言っておりますが以下解答を描いていきます。

 もしそのロウソク足「だけ」で判断した場合、以下のような形意外に読んではいけません。

 26.png
 さてここで前回の質問を思い出してください。

 なぜこれが反転しやすいパターンであるのか。

 包み足というのはどんなプライスアクションを背景としたサインであるのか。

 もうおわかりですね?

 わからない方のためのに先ほどの画像から値動きだけを取り出してみましょう。
 27.png
 さらに付け加えると上記左の売り方向への包み足と右側買い方向での包み足は状況が違う事もわかりますね?


  ➡ 直近上昇トレンドに対し「高値をつけた安値」(ネック)を基点で割った 

     ➡ 上昇トレンドの転換示唆(ダウ理論背景)を背景にした基点ネックブレイクのプライスアクション 

  ➡ 直近下落トレンドに対し「高値を付けた安値」(ネック)を次点で割った

     ➡ 直近下落トレンドに対して次点ネックブレイクのプライスアクション


 という事ができるはずです。

 つまり包み足は何かといえば簡単に言えば「 トレンドブレイク 」を終値に重きを置いて見ているという事です。

 さてこれで包み足の正体がわかると私がなぜ前回、以下のような画像を載せて包み足を紹介しているサイトなどは

 見る価値の無い情報しか書いていない可能性が高いといった理由もわかると思います。
 23.png

 つまり「 ヒゲ 」があって尚且つ「 ヒゲ 」から読みとれる情報が

 「 良い包み足 」と「 悪い包み足 」を見分ける事へつながるという事なのです。

 では例えば以下のような包み足であった場合に信用度は高いでしょうか低いでしょうか。

 28.png

 考えてみましたか?

 正解はこの場合における包み足の信頼度は「 最悪 」です。

 ではこのロウソク足「 だけ 」で判断した場合どのような動きがあるのか実際に描いてみます。
 29.png
 こうなります。見てのとおり、何の根拠も背景もないサインとなります。

 では以下の場合はどうでしょうか?右と左、どちらが信用度が高いか考えてみてください。
 30.png
 考えてみましたか?

 本当に考えてみましたか?

 正解は当然右側の買いサインの方が信頼度は高いです。

 ではまたこのロウソク足「 だけ 」で判断した場合、どのような値動きがあったのか描いてみましょう。

 31.png
 「 だけ 」で判断した場合、こう以外考えられないはずです。

 当然ネックを割った上で終値ベースで乗り上げている方が根拠が高いに決まっています。

 このような目線で包み足に向かえば最善の形、最悪の形、中間の形というように信頼度に評価をつける事ができます。

 ただし最初にも言いましたがこういった事を「 形 」で覚える人というのは

 私が見てきた限り上達が遅く、理解も低いです。ですのでそういった傾向が見られた生徒さんは

 早いうちに毎度叱って見方を変えさせるようにしています。本質はそこじゃないでしょと。

 その背景にある動きも含めて毎回目で追った上で認識する事が大切です。



 回の質問・解説に関連して…

 本文中「 だけ 」と強調してきた事については是非、なぜ強調してるのか考えてみてください。
  
 ところでこのロウソク足の包み足だけでトレードができるかどうか考えた方もいるでしょう。

 その答えは簡単です。


 『 できません。 』


 ぜか?値幅に対しての期待値における優位性等簡単に想像できる物も含め

 理由はいくつかありますが例えば、こういった小さなアクションというのはそれ以上の

 フレームが特定の状態になった時まで「 待って 」から見るものです。

 エントリーにつかうような物ですからエントリーをするしないといった背景があって、

 待っている状態になって、はじめて出てくるものなのです。

 またロウソク足とプライスアクション(値動き)を切り離して考えてしまってはいけません。

 ロウソク足トレード、プライスアクショントレードというような形でわざわざ名前を変えて

 区切って宣伝しているような方というのはこれら二つをまったく別物のように考えているように

 思われますが本来は一緒に紹介されるべきものなのです。

 see-waste.jpg
 さく見ているのか、大きく見ているのか。

 またなぜ小さく見た場合だけでトレードしてはいけないのか。

 その辺りを考えて頂ければ現値分析がいかに大切か見えてくると思います。


 をするにしてもどこかしらで苦労する時間は絶対に必要です。

 投資であろうが何であろうがそれは同じはずです。

 頭を使い、当たり前の事を当たり前で終わらせず、

 他の誰でも無い自分を納得させるためのトレードを構築する。

 一見難しい事も一つ一つ見て行けば意外と単純な事であったりします。

 相場の面白い所は一つがわかると連鎖的に様々な事がつながっていく所だと思います。

 そういった楽しみを感じながら考察を深めてはいかがでしょか。

 長くなりましたが以上解説編でした。 高 山




ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。
投資クマ 勝てない ローソク足FXクマトレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法
みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>
為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1251右矢印1208右矢印1238位(↗)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   


posted by レジデンス高山 at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄せられた質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。