FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > 戻りの見方シリーズ
2015年06月16日
《新》FX押し目のための次点トレード無料編《シーズン2-1》「 前置き 」


※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。

現在の状況
三期生の募集はスタートを揃えたいので募集スタートの記事をお待ちください。
いつでも問い合わせOKの形にしていましたがこれだと逆に時間的に非効率に
なりますので募集できる月は毎回記事上で連絡しますのでそれ以外での応募は控えてください。


ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。


為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1192右矢印1265右矢印1289位(↘)
一週間に1-2度程度の更新でやっていきたいと思います。
引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG6.PNG


ここから今回の更新

前回更新からもっともアクセスのあった記事 TOP3

■ 一般読者のみなさん、高山組のみなさんお疲れ様です。高山です。
  二期生の指導に入りまして高山流のトレードを実践、習得中の総人数が5名となったため
  その受講生に配慮し当ブログの無料部分における方向転換を余儀なくされました。


■ それに伴いまして戻りのシリーズも一度リセットし、無料の範囲で説明できる部分を掘り下げて更新していきます。
  それによってより初歩的な内容が詳しくかける分、どうしても無料の範囲で言葉を選びながらだと説明しきれない
  部分を曖昧に説明してしまう事によって読者の方を混乱させる事も少なくなると思います。

  という事でして戻りのシリーズはシーズン2としてリニューアルしてより順序立てて基礎的な部分について
  学んで頂こうとと思います。

■ シーズン2第 一回目の今回は最初に学んでいく事と無料の範囲で言葉を選ぶとどうしても説明しきれない事の
  二つをさらっと紹介致します。
  次回から具体的な無料で行える範囲の基礎的な部分を丁寧に解説していこうと思います。

  
observe.JPG
⒈高値・安値からはどうやってもれる事はできない

■ 当たり前の話ですがどんなトレードを行うにしろ高値と安値を見るという事から目を背けては
  絶対にトレードは成り立ちません。
  ですが実際、高値安値の見方がわからないとインジケーターでなんとかしようとシフトして行ってしまう。  
  そんな方が多いのではないでしょうか?勝てないと楽な方に走りがちですが見たくなくても見なくてはいけません。
  それに結局の所高値、安値を見ていく方がインジケーターでトレードするように比べようもなく楽に勝てます。

 高値と安値を見ていればインジケーターでレンジを判定しようなどという馬鹿げた答えにはなりません。
  
point-clipart-finger-pointing-md.png なぜならレンジというのは「戻りの範囲」の認識によってはっきりと想定できるものだからです。

 高値と安値を見ていればインジケーターでトレンドを判定しようなどという馬鹿げた答えにはなりません。
  
point-clipart-finger-pointing-md.png なぜなら今、何時間足の〇〇の形成過程の中で一時間足では〇〇を形成しており、五分足では
           〇〇を待っている段階であるという事まで高値安値を見ていれば明確に認識できるものだからです。

■ それが無理という方、不可能という方は見方が間違っています。なぜなら私のトレードを行う高山組は
  誰しもが同じようにチャートを分析想定できる「順序」が出来上がっているからです。

  すでにできた物を目にした者からすればできないと言われる方に対して申し上げられる事はたった一つ。
  
  Tesla_S22arony.jpgあなたは間違っています。

■ ですので必ず気づけるものであるという認識の元、自分の時間を投資して取り組んでください。

  罫線分析にしろ次点トレードにしろチャートを見る時必ず「点」を意識します。
  点を意識する事で波・高値・安値・範囲を見る事になります。
  ではローソク足トレードならどうでしょうか?ローソク足トレードを値動きと切り離して考える人がいます。

■ いいですかみなさん。ローソク足に見て取れるパターン・アクションというのはローソク足の並びを下の
  時間足で見たトレンドに過ぎず、言うなればプライスアクションの縮図がローソク足であるだけの話です。
  そこに四本値の見方が加わるだけですがそれを見る前に高値・安値から見る値動きを理解していなけ
  れば意味がありません。そしてそれは実際の所難しくはありません。

■ ですのでプライスクアションを理解していなければローソク足トレードは成り立ちませんし逆に、
  プライスアクションを理解していればローソク足トレードというわざわざ別物であるかのように、
  まるでローソク足にとてつもない秘密が隠されてるかのように区切る必要はまったく無い事が理解できます。
  そしてプライスアクション(値動き)を見る時もやはり当然高値・安値からは逃れられないわけです。

2.シングルフレームではなくマルチフレームでなければてない
  8.PNG
■ みなさんの中にはダウ理論やエリオット波動論を熱心に学ばれた方も多いと思います。
  私はエリオット波動論についてはやや否定的な立場であるので今回は伏せますがダウ理論に
  ついては非常にわかりやすく相場を見る上で必要不可欠な物であると思います。

■ しかしこの名前がどうにもいけません。「ダウ理論」、理論と聞くとどうも難しいイメージがありますよね。
  しかしダウ理論の理屈を難しく考える必要ありません。ここは次回以降やっていきます。

■ いかなる知識やトレード方法もそうですが自分の観察から得られた物に勝るものはありません。
  結局のところダウ理論でもエリオット波動論でもなんでもいいのですが知識として頭にあって
  図形としてそれが認識できたとしてもですよ?生のライブチャートに対してあてはめる事ができなければ
  まったくもって意味がないわけです。ことダウ理論に関してはこの部分が非常に重要です。
  とはいえシングルフレームで高値、安値を見るのが上手な人でもダウ理論に従ったトレードではあきらかな
  優位性を感じたトレードはできないわけです。

  Tesla_S22arony.jpgその由は何か?

■ 高値、安値というのはシングルフレームで見てもまず意味がありません。
  マルチフレームで見なければいけないのですがこの認識方法がわかるとその辺りに有料で相場予測を
  配信したりシグナル配信してる方よりもはるかにマシな相場分析が容易に行えます。
  それを高山組のメンバーはやっているわけですがそこにシングルフレームで相場を見るという事はまず
  ありえません。

■ ただこれは一般の方も知ってはいるのです。上位の時間足が大切であるいうイメージはあるのです。
  ただそこの対して上位の時間足をそれでは下位の時間足にどのようにして見ていくのかが形式的に
  順序立てて見ていく事ができないわけです。

その事はたった二つの事で解決できます。

 1.ひとつは私のように見るべき安値、高値にガイドラインを設ける方法を自分で作る事 

 2.そこから見えてくる戻りの範囲も同様に形式的に見ていく方法を自分で作る事

■ この二つさらっと書きましたがもしあなたが今現在、まったく勝てない状況でしかしながらどうしても
  FXで勝ちたい。だからといって私や私以外のトレーダーに対して対価をはらってショートカットする程の
  余裕資金もないという事でしたらこの部分にあなたの持ってるすべての時間を全力投資される事をオススメします。
  投資のための余裕資金を作るまでに何もしないでいるのはもったいないです。
  お金がないならあるものを投資しましょう。それがあなたの時間です。
  Short-Time-Period-Binary-Options-Strategy-620x300-650x400.png
■ この部分が解決できてしまえばその後あらゆるトレードにおいて圧倒的にチャートの見方が楽になります。
  これは断言します。FXをはじめて途方に暮れてる方、今一度言いますが高値、安値からは逃れられません。
  そして高値、安値に対して今後書いていくマルチフレームとシングルフレームの違いがわかった上でその
  必要性を理解できたのならその次にあなたがやるには先ほどの2項目にあなたの時間をとにかく必ず

 全力投資してください


★ 1万、2万の何の足しにもならない商材はもう二度と買う必要はありません。
   商材販売会社が年がら年中あの手この手で販売してる商材を購入して検証してる時間は
   すべて先ほどの事にまわしましょう。

  ゴミは捨てる物であって買うものではありません。

★ 某老舗商材販売者トレーダー〇ま氏のようなローソク足トレードを一ミリも理解してないような方から
   指導を受けてる暇があったのなら先程の事にあなたの時間を全力プッシュしましょう。

    時間は限です。与太話に耳を傾けてる余裕はないはずです。



■ 以上、新シリーズの前置きになります。
  次回からはしばらくシーズン2の更新が続きます。合間に受講者向けの記事を更新していきますが
  一般読者の方はこちらは読まなくて結構です。見てもよくわからないと思いますので飛ばしてください。

■ 次回の戻りシーズン2-2はシングルフレームで高値・安値を見る その@です。
  答えがない物に挑むのは勇気が要ります。しかし答えを出した上で頑張って下さいと言っています。
  できない事に夢見てくださいとは言っていません。達成可能な話に対して頑張ってくださいと言っています。


  「 自分を疑えば必ず失敗する 」

 「 誰かにできた事を自分にできないとは言わない 」
   ましてFXなんてものは特別な才能なんて必要ない事ですからね。それではまた次回!
   
                                 2015年後半全力宣言レジデンス高山より


メッセージ募集
テーマ「あなたがトレードにおいて知りたい事はなんですか?
ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。

追加
今、アフィリエイターが捏造大絶賛中の商材、
通称ドラスト正式名称ドランゴンストラテジーFXにご注意を。
この商材はすでにブラックな現状が暴露されていますね。
火消しに躍起なようですがここまで露骨に大量のレビューサイトと
アフィリエイター全力販売されてしまうと墓穴を掘ってるようにしか思えません(笑)
まあドラストやゴルスパなど一斉にアフィリエイターが飛びつく商材はアフィリエイト率が
すさまじく高いですから露骨に気持ち悪いくらいに宣伝されます。
みなさんの中に購入される方はいないと思いますが一応ご注意を。
今週どこかでレビューするかもしれません。この商材ももれなくバックエンド販売
後に控えた販売のプロのいつもの手口です。

みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 04:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戻りの見方シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月11日
FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその15
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。投資
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐欺

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

Ariana Grande - One Last Time (Official)


地球最後の日にはこんな感じでお願いしたいですねぇ(笑)

どうも高山です。
本日は二記事更新してます。
指導中のうち一方の方はお仕事の都合もあり
4時間足トレードを習得中です。
やる事は変わらないですけどね。
変わらないトレード。積み重ねれるトレード。大事です。

Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1152右矢印1149右矢印1168位(右矢印2)
一週間に1-2度程度の更新でやっていきたいと思います。
引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG6.PNG


このコーナーは高値と安値の見方に慣れた段階の初心者向けの方の
内容になっています。だからこそ重要で、永続的に使える内容となっています。
基本的に易しい質問を繰り返す中で少しずつ進めていく方がおそらく
わかりやすいと思うのでそのようにすすめていきます。
私の場合もそのように繰り返していく中で頭に刻んでいきましたので
私と同じように不器用な方目線で進めていきます。
announce.jpg

このシリーズは内容に統一性を持たせるために
ドル円一時間足と5分足の組み合わせを例に話を進めています。
しかし実際のトレードにおいてこの組み合わせでしか通用しないという話では
まったくありませんのでご理解ください。

戻りを狙う中でもっとも勝率が高く、利益が伸びやすいトレードが
指標を見送り基点を見送り次点を待つトレードです。
<もっとも基本的なベーシックな押し目のイメージ>
-メイントレンドに対して修正波の中の小トレンドの転換点のさらに次点を狙う-
1121-1USDJPYM5.png

ここから今回の更新

   image writing.jpg

■ さて今回は前回の続きが残っていたので戻りのシリーズ連続です。
  前回の流れや最後に残しておいた部分を確認できていない方は今一度読んでから
tumblr_n9upnjWDFt1tho5xzo1_1280.jpg
・ 最初に想定した戻りの範囲の下限を崩して深い戻りへ移行してきた時
・ 前回の戻りのサイズよりもあきらかに大きな戻りを入れてきた時

■ 前回残した部分はこれですね。では崩れる前から見ていこうと思います。
  ただ注意点が1点あります。この戻りのシリーズは次点トレードに沿った流れで紹介していますが
  今回見ていくような状況の時とうのは次点の戻りの場合は少ないです。
  どういう事かといいますと大体2段、3段上げた後。つまりエリオットなんかの話で言えば5波の後等の
  状況で戻りを見ている時に起こりやすいという事です。

■ もう少しわかりやすく言います。今までの戻りのシリーズは1時間をメイントレンドと見た場合の5分の次点   
  トレードでしたがこの1時間の次点からの上昇が4時間足の基点形成だった場合の話になるわけです。
  1時間足に対しての戻りが4時間への戻りと変わる時の話です。

■ ですので今回は4時間足も表示させてみていきましょう。
  
■ 前提 : ここでは高山流のローソク足のルール及び罫線分析の技術は使いません
         手ぶらの状態でどこまでやれるか見ていきます。それでもこのぐらいはできるという事を意識してください。 

解説 1

6.PNG

■ こういった状況です。上昇してきたものが反転を示唆するサインを
  出したと仮定します。この2時間の下降が基点の可能性があったとしましょう。
  今少し戻してきていますがこの戻りはどこに対しての戻りかは明白ですね?
  いつもやってる物よりもイージーですのですぐわかると思います。

解説 2

6.PNG

■ 今回は完全に基点中の基点という想定ですから当然
  前回、回帰トレンドに対して反対トレンドを形成されたという事は
  この時点でありえませんので戻りの範囲は基点の始点、この場合の高値から
  現在の暫定安値が回帰すべきトレンドとなります。

解説 3

6.PNG

■ 回帰すべきトレンドに対して反対トレンド青の上昇をつけました。
  ちょうど半値戻した所です。
  ローソク足ルールや罫線分析を使えば反転から1本ないし2本目の足で
  エントリーを想定できますがここでは使わない前提でやっていますので
  オーソドックスなトレンドラインでも引いてみましょうかね。

解説 4
6.PNG

■ トレンドラインを抜けた後、レジサポ転換を確認するようにワンタッチしてからの
  陰線で入ったとしましょう。
  
  小話 : オーソドックスなトレンドラインを戻りの修正波に引く時、次点からの
         ラインが戻りの3波に沿う形(この図のように)で引かれる時のブレイクは
         綺麗に伸びる事が多いですよね。(ただし高山はトレンドラインほぼ引きません(笑))

解説 4

6.PNG

■ その後綺麗に下降し再び戻してきています。
  この時の戻りの範囲はどこでしょうか?
  前回の記事や今回の解説2で言葉にした通り簡単な事ですね。

解説 5

6.PNG

■ これも大丈夫だと思います。
  このまま落ちてくれて安値を更新してくれればまったく問題ありません。
  次点でないのでエントリーは基本しませんが押し目ととらえてもらっても
  構いません。では次の状況ならどうでしょう?

解説 6

6.PNG


■ 再び反対トレンドを形成しましたが前回2時間半程度の戻りに対して
  今回は倍以上の戻りをトレンドラインを割らずに反対トレンドを崩さずに
  形成しています。この左と右の戻りが同じサイズの戻りを見る人は
  いないでしょう。この時の戻りの範囲は1時間足で2段下げた下落トレンドが
  4時間足2本分の基点形成と見て戻りの範囲は以下のようになります。

解説 7

6.PNG


■ こうなります。そして現在値は61.8%まで戻した状態となります。
  さてこれは一体いつの段階でこの範囲の戻りと想定すべきでしょうか?
  
  考えましたか?

  基本的には全開の戻りのサイズを意識しましょう。安値を更新はしませんでしたが
  解説 5 の段階での戻りの段階ではまだ問題ありません。
  下がりはじめもまだ問題ありません。問題は戻りに使った時間以上に時間をかけて下降
  しているのに安値を更新していない点。そしてこの小さな売り下降トレンドが崩れた点などを
  根拠に戻りの範囲が広がったと想定します。そして解説 5 の時点での下がりはじめた
  基点(赤い水平線)暫定高値を抜いてくる頃にはもう言い逃れできない状況で移行とみます。

■ 他の技術を使っていち早く正確にしる事もできますが現状みなさんにお伝えしている範囲で言えば
  そのような事を根拠に判断されるのが良いと思います。
  その後の展開だけ確認しておきましょう。

解説 8  

6.PNG

■ トレンドラインを割って落ちたかーと思いつつ変則的な上昇を見せたような
  形で損切を狩りにこられて再下降という展開でした(笑)
  しかし今の段階ではこの変則(でもないのですが…)について考慮する事はないです。
  あくまでベーシック。基本の形を覚える事が大切です。
  基本の形さえわかっていればそれ以外だという状況がわかります。これが大事です。

  今回の話も結局サイズが変わっただけの話でベーシックな戻りの形と何も変わっていない 
  という事を忘れてはいけません。

  変則的な場面をどう判断するのかも今後やっていきます。
  ちなみに私のがトレードした場合、税所の戻りの山61.8付近の1-2本目で入って4つ目の
  1時間足の陰線のやり取りで1回切ってると思います。Twitterでもたまに話してますプラス圏
  での撤退というやつですね。この辺りはローソク足のルールが関係しています。

■ 実は今回の話、もう少し書く事があったのですが長くなってしまったので一旦切ってまた次回の戻りのシリーズに
  持ち越しますね。

本日も2記事更新です

■ もう一方で今、試みている事。最近気になった質問。プレゼントの配布方法。
  最近強く思う事などについて書いています。

メッセージ募集
テーマ「あなたがトレードにおいて知りたい事はなんですか?
ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。

追加
今、アフィリエイターが捏造大絶賛中の商材、
通称ドラスト正式名称ドランゴンストラテジーFXにご注意を。
この商材はすでにブラックな現状が暴露されていますね。
火消しに躍起なようですがここまで露骨に大量のレビューサイトと
アフィリエイター全力販売されてしまうと墓穴を掘ってるようにしか思えません(笑)
まあドラストやゴルスパなど一斉にアフィリエイターが飛びつく商材はアフィリエイト率が
すさまじく高いですから露骨に気持ち悪いくらいに宣伝されます。
みなさんの中に購入される方はいないと思いますが一応ご注意を。
今週どこかでレビューするかもしれません。この商材ももれなくバックエンド販売
後に控えた販売のプロのいつもの手口です。

みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
posted by レジデンス高山 at 03:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戻りの見方シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月03日
FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその14
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。投資
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐欺

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

Wiz Khalifa - See You Again (feat. Charlie Puth) 

映像と一緒に聴いてしまうと泣きそうです。ポール・ウォーカーよ永遠に!

どうも高山です。
基礎講習を終えた二名のお弟子さんはすでに独立へ向けて加速中です。
ですので間もなく更新頻度を元に戻せると思います。
再現性が高く勝率も高いトレードとは積み重ねる事ができるという特性を必ず含みます。

Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1172右矢印1174右矢印1173位(右矢印2)
一週間に1-2度程度の更新でやっていきたいと思います。
引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG6.PNG


このコーナーは高値と安値の見方に慣れた段階の初心者向けの方の
内容になっています。だからこそ重要で、永続的に使える内容となっています。
基本的に易しい質問を繰り返す中で少しずつ進めていく方がおそらく
わかりやすいと思うのでそのようにすすめていきます。
私の場合もそのように繰り返していく中で頭に刻んでいきましたので
私と同じように不器用な方目線で進めていきます。
announce.jpg

このシリーズは内容に統一性を持たせるために
ドル円一時間足と5分足の組み合わせを例に話を進めています。
しかし実際のトレードにおいてこの組み合わせでしか通用しないという話では
まったくありませんのでご理解ください。

戻りを狙う中でもっとも勝率が高く、利益が伸びやすいトレードが
指標を見送り基点を見送り次点を待つトレードです。
<もっとも基本的なベーシックな押し目のイメージ>
-メイントレンドに対して修正波の中の小トレンドの転換点のさらに次点を狙う-
1121-1USDJPYM5.png

ここから今回の更新

   image writing.jpg

 「数で埋めれる優位性」を愛そう!
  
■ トレードにおいて数で埋めれる優位性というのは絶対に手放してはいけない物の一つです。
  例えば私のトレードで言えば罫線分析の手順、ローソク足の見方などが例にあげられます。
  やり方、視点を知った上で数をこなす事で確実に上達できる事を「数で埋めれる優位性」と
  私は表現するようにしています。
  そしてこの次点トレードのベーシックなモデルもまた先の二つにおよびはしないものの数少ない、
  「数で埋めれる優位性」と言えるようなシンプルで 再現性の高いトレードスタイルであるという事です。
  しっかりと情報を咀嚼して自分の血肉とするため他のあらゆる事柄と同じように練習をしっかりと
  行いましょう。「数で埋めれない優位性」を持て余してる時間はすべてこちらへ注ぎ込んでください。

■ そんなわけで戻りのシリーズも14回目なので今のターンはとにかく数をこなす事ですので
  理想的なモデル、変則的なモデル含め練習問題を流れで紹介していく事を基本としています。
  20回を超えた辺りで次のステップに進もうかと思います。
point-clipart-finger-pointing-md.png
■ 基本 次点トレード ベーシックな押し目のモデル想定練習

前提 この戻りのシリーズでは私の所有するローソク足のルール
    プライスアクションによる技術、罫線分析などは一切使わず
    最低限の情報による次点トレードの戻りの範囲からの転換を見ていく練習です。

⇀今回はいつもと違い5分足で1時間足を見ていきましょう。

問題1. 5分足 青の囲いの範囲が確認可能な状況と仮定 画像右端が最新
6.PNG   
1-1 
・まずは戻りの範囲を確認しましょう。
・ベーシックモデルなので非常に簡単ですね?
・もみ合いの下落トレンドを抜けた時点が基点となり次点を待っています。
・この場合の戻りの範囲は以下の通りとなります。
6.PNG

1-2
・この場合当然回帰すべきトレンドは上昇トレンドとなります。
・リトレースメントは回帰すべきトレンドの戻りの範囲の始点と終点に引きます。
・拡大していきましょう。
6.PNG
1-3
回帰すべきトレンド上昇トレンドに対し戻りの範囲内で反対トレンドを探します。
今現在綺麗な下落トレンドによる戻しが入っています。
一般的にレンジ相場と言われる方向性の弱い動きはこの戻りの範囲内で起こります。
6.PNG    
1-4
・回帰トレンドに対する青の反対トレンドを確認
・反対トレンドが戻りの範囲を割らない中でトレンドの崩壊を見せたらエントリー
・単純なブレイクであれば赤い囲い辺りのエントリー
・ローソク足のルールやプライスアクションを用いると黄色の囲いでとなります。
・これがもっともベーシックなモデルとなります。

■ 一番のポイントは戻りの範囲を正確に把握する事です。
  なんでもかんでも直近の高値から安値、安値から高値にリトレースメント引けばいいと
  勘違いしてる人が多いですがそうではありません。
  その違う場合を次の問題で見ていきましょう。

■ ベーシックなモデルにおける戻りの範囲のよくあるパターン 1

問題. 5分足 青の囲いの範囲が確認可能な状況と仮定 画像右端が最新

6.PNG

2-1
・まずは戻りの範囲を確認していきます。
・この場合この時点ではどの範囲が戻りの範囲でしょうか?
5.PNG

6.PNG.
2-2 
・こんな間違いはもう最初から読んでる方はしませんね?
・以下の正解にたどりついた方が大半でしょう。

8.PNG

2-3
・回帰トレンドに対しての反対トレンドを確認
・崩落でエントリー(他に技術が無い前提があるので)
8.PNG


戻りの範囲を言葉で表す

■ 感覚として戻りの範囲がわかるという方は多いと思いますが
  言葉で表すとどういう事なのかいまいちよくわからない方もいると思います。
  簡単に言ってしまうと以下のように言えると思います。

ブレイクされる前の前回、回帰トレンドに対して形成された反対トレンドの
終点⇀基点から現在の最新の戻りの基点までを戻りの範囲と見る

■ 例えば今日のチャートを例に振り返ってみましょう。
 問題2
8.PNG
補-1
 この中で一番近いポイントで回帰トレンドに対して戻りを試したのは
 どこでしょうか?戻りの範囲はすでに答えがわかってしまっていますが 再度目線を変えて考えてください。
5.PNG

補-2
 回帰トレンドに対して青の反対トレンド。
 その崩落から次点を作り二段で上昇。という事は前回の戻りの終点(基点)
 がこの場合でいう戻りの範囲の下限となります。
 そしてこの下限がやぶられた時は戻りの範囲が次のサイズへ移行したと言えるわけです。

 ではその場合を次回やりましょうかね。
forexonetv-forextrader2.jpg
■ 私が利用してるような罫線分析方法やローソク足に対するルールや視点を使わずしても
  このくらいのトレードが可能だという事は勝てない方にとって大きな希望になりませんか?
  大雑把にやってもこのぐらいの精度は可能という事です。
  
  現在あなたがご自分で考案された手法や誰かに指導を受けたにも拘わらず
  まったく勝てないという現状を抱えているのならそれは手法どうこうの問題ではなくあなたの
  チャートの見方がそもそも間違っている可能性が高いです。
  
  手法や指導を受けて負け越しているとしてもせめて3割.4割バッターであるという状態なら
  逆に手法や指導が間違ってる可能性も大きくなってきます。

  今一度、戻りの範囲と同様にご自身のスキルのレベルも把握される事をオススメ致します。


本日は2記事更新

もう一方はほとんどお知らせの内容になりますが一応目を通して頂けると良いと思います。

メッセージ募集
テーマ「あなたがトレードにおいて知りたい事はなんですか?
ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。

追加
今、アフィリエイターが捏造大絶賛中の商材、
通称ドラスト正式名称ドランゴンストラテジーFXにご注意を。
この商材はすでにブラックな現状が暴露されていますね。
火消しに躍起なようですがここまで露骨に大量のレビューサイトと
アフィリエイター全力販売されてしまうと墓穴を掘ってるようにしか思えません(笑)
まあドラストやゴルスパなど一斉にアフィリエイターが飛びつく商材はアフィリエイト率が
すさまじく高いですから露骨に気持ち悪いくらいに宣伝されます。
みなさんの中に購入される方はいないと思いますが一応ご注意を。
今週どこかでレビューするかもしれません。この商材ももれなくバックエンド販売
後に控えた販売のプロのいつもの手口です。

みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
続きを読む
posted by レジデンス高山 at 02:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 戻りの見方シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月25日
FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその13
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
緊急・追加アナウンス
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
warning-yellow-tape-featured.jpeg
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

"Frozen Fever" - Dueling Piano Siblings

自国のすばらしさって意外としらないものですよね。

今回はW更新!こちらは戻りのシリーズ。もう一方は雑記。
Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1173右矢印1163右矢印1170位(右矢印2)
順位安定してきました。このまま上位を蹴散らしていきたいですね!
みなさんがついてきてくれる限り攻めていきます。



ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG6.PNG
このコーナーは高値と安値の見方に慣れた段階の初心者向けの方の
内容になっています。だからこそ重要で、永続的に使える内容となっています。
基本的に易しい質問を繰り返す中で少しずつ進めていく方がおそらく
わかりやすいと思うのでそのようにすすめていきます。
私の場合もそのように繰り返していく中で頭に刻んでいきましたので
私と同じように不器用な方目線で進めていきます。
announce.jpg

このシリーズは内容に統一性を持たせるために
ドル円一時間足と5分足の組み合わせを例に話を進めています。
しかし実際のトレードにおいてこの組み合わせでしか通用しないという話では
まったくありませんのでご理解ください。

戻りを狙う中でもっとも勝率が高く、利益が伸びやすいトレードが
指標を見送り基点を見送り次点を待つトレードです。
<もっとも基本的なベーシックな押し目のイメージ>
-メイントレンドに対して修正波の中の小トレンドの転換点のさらに次点を狙う-
1121-1USDJPYM5.png

ここから今回の更新

-------------------------------------
最近思ったのですがもっとも効果のある練習方法はなんだろうと考えた時、
それは同じ目線に立って何度も想定練習を行う事かなと感じました。
何度も何度も同じ想定を一緒に行っていけばイメージがかたまっていき理想形が
刷り込まれて勝ちやすい形というものが「基準」になると思うのです。
実際私は勝った状況を何度も何度も見返してそれがかなりプラスに働いた経験があります。
そういったスタンスでしばらくやっていこうと思います。
あっちこっちつまみ食いさせるような形を取るとダメだという考えからです。
--------------------------------------

 ※いつもの事ながら前置きが長いですので飛ばしてもいいです(笑)
 戻りシリーズ13回目の更新です。
今回は方向性の無いレンジ相場・調整・保ち合い時には…
 これをテーマに書いていこうと思います。

 今までの練習の中ではなるべく単純な相場を切り取って問題を提出してきました。
 これはなぜかという理由については過去にも少し触れたのですが覚えていますでしょうか?

 私のブログの中ではよく出てくる言葉がいくつかあると思いますが今回の場合は「基準」が関係しています。

 私が用いる基準の中に含まれてるのは時間、値幅、出来高(少し意味合いが違いますが)など
 様々ありましてその様々あるものを実用的にシンプルな形で道具に変化させて利用しているわけですが
 今回はそいういった少し技術的な話とはまた違う「基準」の話になります。

 「正解」を知る事。「基準となる形を覚える事」「理想形を美しいと感じる事」
 forexonetv-forextrader2.jpg
 例えばトレード歴が長い人などによくある事だと思いますが

「なんとなく下げそうだなぁ…」「なんとなく揉みそうだな…」

 そういう感覚的な読みが結構当たる時ってありますよね。
 こういう方はある程度ト自分の中にトレードに対する基準をもっている方が多いと思います。
 そういう方の中で勝った経験を大切に蓄積されている方は似たような場面に遭遇すると直感的に
 上げそう下げそうというイメージが湧いてくるわけです。所謂経験則というものですね。

 このようにポジティブに作用する事もあれば負け続けてる人にとってはネガティブに作用する事も当然あるわけです。
 wsydblasb.jpg
 なぜなら負けている人というのは負けている経験が大量に蓄積されていますから負ける場面に
 潜在的には親しみを感じてしまいそういう状況であえてトレードしたくなってしまうという事なんですね。
 こういったような行動パターンを指した理論などもあるようですが別にそれを詳しく覚える必要はないです。
 ただそういう事をまずイメージしてください。

 つまり負けている人が勝つためにやる事は色々ありますけども大切なのは勝ちやすいパターンに
 親しみを感じれるように何度も何度も理想形の状況を目で見て声に出して納得して刷り込む必要があるという
 事なんです。それを行うためになるべくわかりやすい状況のチャートを切り取って問題として出しています。

 そして自分が行うべきトレードの理想・基準が定まると当然それ以外の状況というものも「違う」と
 はっきりと選別していけるようになります。無駄なエントリーが減る。これは資産を減らさず、
 増やしていくためにとても重要な事だという事は言わずもがなという所ですよね。

success-18715.jpg
前置きが長くなりましたが今回はある程度基準の刷り込みが終わった方に読んでもらう回になります。
 わかりにくい状況といえばレンジ・間延びした調整・修正波でしょう。保ち合いというやつですね。

■保ち合いにも色々とありまして三角持合いと言われたりボックスを形成したりとまあ色々で
 それぞれに名前がついていたりもしますがとりあえずそこは別に覚える必要はないと思います。

 大切な事は例えば上昇トレンドの時にそういった保ち合いが発生した時、
 絶対に抑えておかなければいけない所がどこなのかという事です。

 上昇トレンドであるなら最後に高値をつけた時の安値を絶対に確認しておかなければなりません。
 そうする事でまず基本となる戻りの範囲というものが確認できるはずです。

■次に現在の高値、そして今確認した安値の中での保ち合い内においてのトレンドを丁寧に見ていく事。
 保ち合いの中にもトレンドはあり高値を試したり安値を試したり、それが失敗に終わったりとストーリーがあります。
 そのストーリーをただの「保ち合い」「ボックス」「レンジ」といった言葉だけで表現して終わらせないでください。

 そのストーリーを追わず無視して単純なブレイクに身を任せるという事は
高値、安値を見る事を放棄しているという事と 同義だと私は思っています。

■保ち合いの中のストーリーも押し目を拾うための理想の状況の中で回帰トレンド対し反対小トレンドの形成を待ち
 そこからのトレンド転換の次点を狙いに行くときの見方と何も変わりません。
 まずそのイメージをもって頂くために少し画像を見ながら流れを確認しましょう。

注意今回の前提:実際にはもっと楽に戻りの範囲を横軸、縦軸ともに判断できる技術というものがありますが
     ここでは高値、安値しか見ず、横軸の意識も無いとした場合の想定となります。

1.PNG
今回はこの緑の範囲の保ち合いから下落までのストーリーを例に説明します。
見きれていますがこの緑の範囲のスタートに当たる高値は以下のような上昇トレンドによって
形成されています。
2.PNG

ではまずこの上昇トレンドをサイズ別にラインを引いて波を浮き彫りにしていきます。
2.PNG
こんな感じになると思います。ピンクよりも小さい波も描けますが
そのくらいのサイズになるとエントリーの時に見ていくような小さなものになるので
大体のこのくらいの大きさの波がサイズ別に見えていれば基本的に問題ありません。
ではこの時点でまず戻りが入り始めたら最初はどこの範囲に対しての戻りと見ていくかわかりますね?
2.PNG


まず最初に意識されるはこの範囲でしょう。ここまでは今までやってきた
練習でも何度もみたような状況ですね。問題はこの後に続く保ち合いです。
しかし見方は変わりません。限定された範囲→戻りの範囲の中で
単純に小トレンドの崩壊、次点を追っていくだけの作業です。
しかしこの時、メインの方向だけは見失ってはいけません。この場合は買いがメインですね?
まずそれが前提です。

また私が推奨している次点トレードは基点で勝負しません。相場はいきなり急転換して次点が無い
というパターンは非常に稀です。という事は上昇トレンドの中の大きな安値を崩してきてもそこで
トレードはしないという事ですね。どうせ一回戻してくる確率が高いのにわざわざ含み損抱えてヒヤヒヤ
する時間を作る必要はないしさらに大きな安値を割る前に大きなトレンドに回帰して再度高値を試す動きが
入る可能性のが高いからですね。再度試してそれが失敗に終わればそこで初めて売り目線に変わるわけです。
言葉にすると長いですが実際にはローソク足だけで判断していけます。
ローソク足のルールは前回の更新で発表しましたが今後何かの企画か限定記事で無料で公開しますのでお楽しみに。

話がそれましたがまず前提、基本スタンスはしっかり持った上で戻りの範囲内の小トレンドを追っていきましょう。

1.PNG
まず理想的な形で小さな下落トレンドを戻りの範囲内で形成(青枠)その後上昇高値を試しました。
しかし高値を更新できずに再び下落していきます。
1.PNG
そして青のサイズでの下落トレンドを形成し税所の戻りの範囲の下限を攻めますが
終値は内側で収束しています。終値に対する考え方は後日詳しく書いていく予定です。
単純に終値を優先すればいいという事ではなくそこにはいくつかの条件もあるのですが
ここではとりあえず戻りの範囲を拡張する戦いは失敗に終わったというようにしておきます。
1.PNG
そして青のサイズで再び次点を形成し高値を試しますが失敗、ここで
青のサイズが二つですので黒のサイズでの高値更新が失敗と見ます。
水色の基点、次点が逆にピンクの基点、次点と入れ替わりその中でさらに次点を作り、
下降していきました。しかし今は黒のサイズで動いているわけですので黒のサイズの安値までが
戻りの範囲の下限とみますのでこの下限到達前よりも早くに決済しなければいけません。
仮にここを一気に抜けてきたとしてもそれは基点形成の話であり、結果論です。
勝負はどんな時もサイズを意識した次点トレードでしか行いません。
pointmark.gif
この練習は戻りの範囲を確認しながらチャートを見る事が目的ですのでとりあえず今は
決済の話などはそこまで考える必要もないですのでまずはしっかり範囲を意識しながら
チャートを見る癖付けをしていきましょう。
pointmark.gif

独自の罫線分析や技術が入り私は精度を格段に上げていますが、それが無くても
高値、安値だけでここまで見れる。できるという感覚をまず持てる事が大事です。

次回告知とお知らせ
今回はW更新でした。次回は次点トレードが想定と違った動きになった時でも
損失カバーが容易である理由とその説明を書いていきます。
これはもう半分書きあがっているのですぐに更新予定です。
それかから現在私のTwitterをフォローされている方で読者の方は一声かけて頂けると助かります。
今後、フォロワーしか見れないツイート用のアカウントを今週か来週あたりに作ります。
今現在のアカウントも更新していきますが非公開用は日時を決めて何か一つのテーマに私が
つぶやきまくったり今後のコンテンツとからめたりといった事を考えています。
例えばローソク足ならローソク足についてつぶやきまくる日をやったりなどを考えています(笑)
フォロー承認の条件などはまた後日書きますがこちらは無料ですので。

 今回はW更新!
メッセージ募集
テーマ「あなたがトレードにおいて知りたい事はなんですか?」
ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。

追加
今、アフィリエイターが捏造大絶賛中の商材、
通称ドラスト正式名称ドランゴンストラテジーFXにご注意を。
この商材はすでにブラックな現状が暴露されていますね。
火消しに躍起なようですがここまで露骨に大量のレビューサイトと
アフィリエイター全力販売されてしまうと墓穴を掘ってるようにしか思えません(笑)
まあドラストやゴルスパなど一斉にアフィリエイターが飛びつく商材はアフィリエイト率が
すさまじく高いですから露骨に気持ち悪いくらいに宣伝されます。
みなさんの中に購入される方はいないと思いますが一応ご注意を。
今週どこかでレビューするかもしれません。この商材ももれなくバックエンド販売
後に控えた販売のプロのいつもの手口です。

みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
posted by レジデンス高山 at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戻りの見方シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月11日
FXで押し目を拾うために戻りの見方をゆっくり考えて行こうシリーズその12
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
緊急・追加アナウンス
・通称ドラステ、ドラゴンストラレテジーFXにご注意を今後レビュー予定
・またイ〇ムさんか販売開始してますね。最近は販売期間をせばめたやり方を
回数こなす方法で販売してるようですね。

warning-yellow-tape-featured.jpeg
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

12055 Summit Circle Beverly Hills CA 90210

関東でこのくらいの家を建てようと思ったらどのくらいかかるのでしょうね(^^;)

今日は高山通信01と別のページで雑記を更新しています。
Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1202右矢印1177右矢印1305位(下矢印2)
一時期177位をマークしましたが…
意味の無いブログをとりあえずでも毎日更新した方が順位が上がるなんて
システム間違ってますよね(笑)それはしたくないので地道に頑張ります。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。

このコーナーは高値と安値の見方に慣れた段階の初心者向けの方の
内容になっています。だからこそ重要で、永続的に使える内容となっています。
基本的に易しい質問を繰り返す中で少しずつ進めていく方がおそらく
わかりやすいと思うのでそのようにすすめていきます。
私の場合もそのように繰り返していく中で頭に刻んでいきましたので
私と同じように不器用な方目線で進めていきます。
announce.jpg

このシリーズは内容に統一性を持たせるために
ドル円一時間足と5分足の組み合わせを例に話を進めています。
しかし実際のトレードにおいてこの組み合わせでしか通用しないという話では
まったくありませんのでご理解ください。

戻りを狙う中でもっとも勝率が高く、利益が伸びやすいトレードが
指標を見送り基点を見送り次点を待つトレードです。
<もっとも基本的なベーシックな押し目のイメージ>
-メイントレンドに対して修正波の中の小トレンドの転換点のさらに次点を狙う-
1121-1USDJPYM5.png

ここから今回の更新

再開します■

少しだけお休み頂いていた戻りのシリーズ復活です。
継続して練習されていた方が大半だといいのですが(^_^;)
そんなわけで今回はリハビリ回です。
練習問題を通して勘を取り戻しましょう。
今回は二つの場面を出して少し細かく流れで見ていく形で進めますね。

・回帰すべきトレンドをしっかりと把握する

基本的にこれだけ出来ていればどうとでもなります(笑)
注意して欲しい事は結果としてその想定した戻りの範囲でなかった場合です。
例えば想定していたサイズの戻りよりも大きな戻りになった場合などもあると思います。
それ自体は特に問題ではありません。
ある時点であなたがそのチャートから回帰すべきトレンドは今の段階ではここだとその
状況におけるチャート上の状況からそれ以外判断できない結論を出せるかどうかが重要です。
394359583_f6fc5d4036_m.jpg
つまりそれは自分の中に基準があるかどうかという事になります。
このブログでは基準、模倣という言葉がよく出てきますが何事も基準がなければはじまりません。
例えば戻りを見る基準とはなにか。そういった事のヒントであったりテクニックであったりはこのブログでも
書いていますし今後もより深く触れていこうと思っています。
それらをただ見て知るだけでなくしっかりとアウトプットしてさらにブラッシュアップして私なんかよりも何倍も
上手に相場を駆け巡れるようになってください。

ではリハビリ開始です。
まずは簡単なのから行きましょう。

第一問

ドル/円 1時間足
5.PNG
これは大丈夫かと思います。上昇トレンドが確認できますね。
その中で現在回帰してるトレンド(スイング)を探します。

6.PNG
これはみなさんこう引けたかと思います。
回帰すべきトレンドを見つけたら今度は真逆のトレンドの崩壊を
まって次点を打つのがセオリーでしたね?
真逆のトレンドとはつまり調整の事です。必ずしもトレンドを形成
するわけではありません。トレンド形成が失敗という形のシグナルの場合もあるからです。
それはまだ少し先にやっていこうと思っています。まずは基本系に慣れる事が重要です。
5.PNG
さて陽線と陰線を頼りになんとなく五分で下落トレンドが形成されたような
5.PNG
トレンドを崩した後、次点をつけて上昇しました。
この場面を五分で見てみましょう。
5.PNG
回帰トレンドに対しはっきりとした下落トレンドが確認できます。
トレンドを崩した後の次点の取り方も一時間足を見ていた時の視点と
何も変わりませんね?何も変わらない、例えばそれがつまり基準というものになります。
第二問行ってみましょう。

第二問

ドル/円 1時間足

5.PNG
どうでしょうか?さっきより少し難しいでしょうか。
大きく見る場合のポイントとしては回帰トレンドに対して調整が入り、
再び基点、次点と形成されたところがつまりサイズを区切る際に一つの
基準となります。当然ですよね。なぜならすべてはいずれかの波の中にいるわけですから。
2.PNG

まず大きくこう見えると思います。これは見えていますね?
このサイズが回帰すべきトレンドでしょうか?
大きくみればそうでしょうがこの段階での戻しのサイズで言えば
そうではありません。もう一段小さく見てみてください。
5.PNG

多くの人はこう見えたかなと思います。
もしこう見えた場合はオレンジのスイングに対しての戻りと想定してしまっても
問題ありません。これはこれで悪くはありませんが私はこうだとは思いません。
6.PNG
こうでしょうねおそらく。こうした場合、この段階での戻りの範囲と
いうのは以下の通りとなると考えられると思います。
2.PNG
これは後からならどうにでも言えるのではないか?というような事でもありません。

サイズというのは例えば単純な上下の幅だけではありません。

為替チャートの場合は二次元ですので時間も考えなければいけません。
どのくらいの時間に、どれだけ上下したかで形が決まり、そこにサイズ感が生まれます。
「感」というと感覚的なイメージを持たれやすいですが時間も上下の幅も完全に数値で表せます。
そこにあまり感覚というものが入り込む余地はないのですがしかし「見る」という事にはやはり
「慣れ」が大きく関係すると思います。矛盾してるようですがこれは知っているのとやってみるのでは
違うという全ての事に当てはまる当たり前の事ではないかと思います。
forexonetv-forextrader2.jpg
なぜ練習するのか■
知り得た事や気付いた事はあくまで原石、素材です。
そこから道具を作りだし使いこなす作業がつまり練習です。
しかし投資を行い負け続けている人の多くは楽観的で大抵の場合その作業をしません。
知って終わり、学んで終わり。わずかな時間を検証と呼んで終わり。
そこから生まれる結果は容易に想像できると思います。

戻りのシリーズは少し間が空きましたがこの間、高値安値を追いかけ戻りの範囲を想定し続けた人で
またこの記事の再開を目にしてる人は今日書いた内容の意味がよくわかると思います。
そうでない人には基準がどこにあるのかさえイメージできないかもしれません。
Next-Level.jpg
やってやれない事は無い。努力が物言う世界。努力が物を言える世界と考えるならば
頑張ってみてもいいかなと思えるのではないでしょうか(^^)
そんなわけで戻りのシリーズは再開致しました。また適度な感覚で更新していきますね。
Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。

追加
今、アフィリエイターが捏造大絶賛中の商材、
通称ドラスト正式名称ドランゴンストラテジーFXにご注意を。
この商材はすでにブラックな現状が暴露されていますね。
火消しに躍起なようですがここまで露骨に大量のレビューサイトと
アフィリエイター全力販売されてしまうと墓穴を掘ってるようにしか思えません(笑)
まあドラストやゴルスパなど一斉にアフィリエイターが飛びつく商材はアフィリエイト率が
すさまじく高いですから露骨に気持ち悪いくらいに宣伝されます。
みなさんの中に購入される方はいないと思いますが一応ご注意を。
今週どこかでレビューするかもしれません。この商材ももれなくバックエンド販売
後に控えた販売のプロのいつもの手口です。

みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   


posted by レジデンス高山 at 21:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | 戻りの見方シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。