FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > 高山流のトレード
2015年10月12日
【FX】次点トレードにおける基点形成はどのタイミングで想定すればいいのか【相場分析】


※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に確認して下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。


現在の状況
四期生は満員により応募締め切りました。
五期生募集は早くて10月中頃〜10月末を予定。

FXクマ詐欺

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1300右矢印1271右矢印1255位(↗)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
6.png10.png


ここから今回の更新▼ 

Tesla_S22arony.jpg 

Romeo + Juliet

 

 

 

 








 ask-a-question.jpg

 私たちが行っている次点トレードに対して頂く質問の中に以下のような内容のものを頂く事があります。

 「 次点トレードにおける基点形成はいつ想定すればいいのでしょうか? 」

 この質問は非常に良い質問だと言えます

 なぜなら基点が想定できなければ当然次点を「 まっている状態 」に移行できないのですから。

 その「 待っている状態 」ではただ待っているだけでなくやる事が色々とあるのです。

 例えば基点が形成した(波が確定した)という段階でその基点形成部の波の詳細を

 あるステップによって分解しなければいけません。

 なぜ分解する必要があるのかは是非考えてみて下さい。

 ともかく基点では?と想定しなければ次点トレードがスタートできないという事は想像できるかと思います。

 Forex1.jpg



 基点形成を疑うタイミンングは主に4パターン

  1. ダウ理論を背景にした基点想定

  2. KOYAMA理論に基づく基点想定

  3. KOYAMA理論「 解消後 」の左基点スイング対右スイング

  4. 基点次点同時発生の場合の同時想定

  ※高山オリジナルKOYAMA理論とは?

  ➡ 【KOYAMA理論@

  ➡ 【KOYAMA理論A


 handpressbutton3_63E2404D.jpg
 2〜4に関しましては私の指導内容に触れますので今回は紹介を差し控えさせていただきますが

 毎ブログ頭に列挙されたリンク先の記事などからヒントを拾い集めていけば何か形が見えるかもしれません。

 興味のある方は試みてください。今回の記事の後半に少し触れます。

 今回は一番代表的なその1について主に触れてみます。

 1. ダウ理論を背景にした基点想定


 これは至って簡単な話です。

 まずわかりやすくシングルフレームで確認してみましょう。

 12.png

 これは誰がみても基点想定しやすいパターンですよね。

 高値をつけた安値を割られた→ダウ理論を背景に転換を示唆。

 12.png

 後は戻りの範囲の中で「 波が基準に基づいて引ける 」のを待ち、

 特定のプライスアクションで叩いて売ればいいだけですね。

 画像上に表面的な戻りの範囲と記載していますが実際には戻りの範囲は

 こんなに広くはないのです。潜在的な戻りの範囲が存在します。

 これはKOYAMA理論によるところですので割愛させて頂きます。

 またこの説明ではシングルフレームで紹介していますが、実際には

 マルチフレームで考える必要があります。

 私たち高山組は少なとも2フレーム以上のエントリーを検討しますので

 シングルフレームでの上記のような状態はむしろ買いを待ってる状態だという事です。

 handpressbutton3_63E2404D.jpg

 話を戻しましてこの1のパターンがもしマルチフレームだった場合、

 この割られた安値が「 どの波 」の安値かという問題が重要になります。

 これは割られた後の動きを予想するのに大きく関わるからです。

 これは「 レンジ相場 」になるなどといった曖昧な状態を予想するためではありません。

 ちなみに私は「 レンジ相場 」は存在しないというスタンスでいます。


 例えば最初1に対して2というサイズの波の安値を1というサイズの波で割ったのなら

 戻りは1でなく2でなければいけないわけですね?

 当然2の「 波が描ける時 」を待たずして下落の準備は整ったとはいえないわけです。

 1という波のサイズしか見ていなければ所謂「 レンジ相場 」に見えても仕方ないかもしれませんが

 それは方向感が無いのではなくて単純に2という波に対しての修正波を形成する必要があり、

 なんとなくボックス相場、レンジ相場だと確認しながら上下を気にしてスキャルを繰り返す場面ではなく

 2という波を一つの基準に基づいて描きながら2の戻りが入ったという状態まで悠遊と待っていれば

 いいだけの話なのです。


 少し書きすぎましたでしょうか?

 何にせよ相場で何をするにしても必ずある事に突き当たります。

 「 波 」を描けなければ何もできない。

 という事ですね。波を描くためには何をどう取り扱い、どのような物差しを持って接するか。

 是非考えてみてください。


 お知らせ

 minimini.png( 作:三期生HANEさん)
  現在の予定ですと〜10/18までに5期生の募集をブログ上の記事にてお知らせできるかと思います。

 予定定員は今回も少数にて集中して行いたいので3名以下と考えております。

 また応募に対して誰でもお受けするわけではなく過去の受講生と同じように面談を行った上で指導を

 お受けさせて頂くか決めさせていただく事をあらかじめご了承ください。

 又、お断りさせて頂くケースはまったく珍しい事ではないのでそのような結果になっても

 どうか気にされないようお願い致します。

 募集記事の前にまた4期生のレビュー記事を掲載しようかと思います。

 もしかしたら4期生は3名ですので三名だけで記事を上げるのもどうかなという理由で

 5期生と一緒に掲載するかもしれません。それではまた次回の更新で。

 高 山



ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。投資

※受講者
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法


みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高山流のトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月28日
使えないFX商材・トレーダーを見極めるためのたった二つのキーワード「レンジ相場」「高値安値」


※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に確認して下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。


現在の状況
三期生の募集は終了致しました。四期生の募集時期は未定です。
早くて8月最終週か9月一週目。遅くて10月です。


為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1158右矢印1152右矢印1183位(↘)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG6.PNG


ここから今回の更新

Tesla_S22arony.jpg 







高水準トレーダーは「 レンジ相場 」という表現を使わない!?

「 レンジ相場 」という表現を使ってる販売者、トレーダーを見たら非常に低水準である可能性が高い!


 レンジ相場・ボックス相場

 D.PNG
 レンジ相場、ボックス相場というのを聞いた事があると思います。

 一般的な定義としては方向性がなく、同じような上限下限を行ったり来たりしている状態。

 尚且つ動きが弱いという事も捕捉で説明される事も少なくないと思います。


 私、高山は指導中にこの「レンジ相場」という言葉を使う事はありません。

 それには由があります。

 私たち高山組は以下の流れで波を組みます。


 まずある一つの時間足で見て取れる値動きがあります。その一辺はまた一つ大きな波を描きます。

 大切な事は何をもってして「 波 」とし、何をもってしてその次の「 波 」として認識し、マルチ的な

 足を描いていくのかという事です。

 つまり何をもってしてと表現する以上は「 波 」は順々に発生し、

 次の「 波 」を書くために認識しなければいけない事があるという事です。

 そこから補正したダウ理論とKOYAMA理論の併用により値の振る舞いを想定して次点と考えられる場所を

 抜き出してエントリーしていくわけです。


 つまりこの流れでチャートを見ている場合、たとえばある縦軸右端の値が今現在、

 「 どの波の中にいて、どの波の形成途中であり、どの波のサイズの戻り若しくは推進中なのか 」

 を認識しているので値位置に関して詳細な説明が自分自身にできるわけです。

 連続性を意識し、ストーリーをなぞるよう見ている人からすれば例えば

 ボックスブレイク、レンジブレイクしたらエントリーというような

 馬鹿な考えにはどうやっても結びつかないのです。


 基本的にレンジ相場と言われる動きはいわゆる修正波を形成してる時に作られます。

 ひとつの波しか追っていない人、サイズ別に認識できない人はその修正波がどの左スイングを対象に

 行われているのか、何フレームの左スイングの中にいるかさえを説明できません。

 D1.png

 なんとなく上下に方向感がないからレンジ相場である…

 なんとなく上限、下限にレジサポが機能してるように見えその中で値が動いているからレンジ相場である…

 という表現を用いる方というのは基本的に、

 波の意識が無く、又波の意識があったとしてもサイズ別に認識しておらず、意識すべき左スイングも

 見えていないからこそざっくりした表現になってしまうわけです。

 尚且つ、一般的にレンジ相場はある程度形成されてから「 レンジ相場 」と判断できると

 されています。これ、どうなんでしょうか?(笑)

 又、レンジ相場をインジケーターで判断する!と言った商材販売者も

 おりますが外です。

 私からすれば「 レンジ相場 」など「 存在しない 」と思っています。

 私たちがトレードする場合、自信が見ている値の状況について

 例えば以下のような表現で説明する事が多いです。

 「 この売り方向基点は3フレームにまたがっているのでオレンジサイズの戻り(波)が引けるまで

 基点形成途中の段階である可能性が高い。

 もし緑の波のサイズの次点を売るのであればオレンジの基点形成の次点であり、

 次のアクションとしてオレンジの波の波の戻りが入る前提であるわけなので

 短期的なポジションとして持つ必要がある。

 戻りの際、オレンジサイズであると考えると緑次点を狙って次点形成時の特徴である

 〇〇への〇〇を背景に短期的な買いポジションも考えられるがこの場合、

 ダウ理論を背景にしている時とそうでない時の違いを考慮してポジションを持つ」




 というような表現を常に行っているため「 レンジ相場 」などという昧な言葉は

 出る幕は一切ないという事です。



 また私のブログの読者様であれば今更いう間でもない事ですが

 「 高値・安値に徹底的な言及がない 」というのは論外。
 D3.png

 高値、安値、波、それにかかわるアプローチと基本構造についての知識に関して

 もっとも恐ろしい事は…

 そららはすべて一番最初で考える事であって尚且つ、それらがすべてと言っていいほどの

 割合を占める重要なファクターであるという事です。

 つまり、最初に間違えてしまうと基本軸となる考えが誤ったまま検証や新しい要素をそこに

 付け加えて「 検証 」などを行ってしまうわけですから間違った知識がどんどんと上塗りされ

 やればやるほど遠回り…で済めばまだいいですがその流れのまま退場する確率がハネ上がるという事。

 これはお金も時間、特に時間ですね。もっとも価値ある資産「時間」をすさまじく無駄に浪費してしまう

 結果につながりかねません。
 fear_ofcommitment.jpeg
 しかも真面目な方である程、名ばかりの「 検証活動 」を行い、書籍を買う感覚で

 どうしようもない商材を買い集め本来フォーカスすべき事柄から遠のき、必要のない情報で

 塗り固められていきます。自分の貴重な資産である「 時間 」を使って自らの首を絞めます。

 これはもうの本当に注意して情報を選別して摂取されるようにした方がいいです。

 閃いた時、見るべきものが見えた時に最初に感じたのは希望ではありません。

 どちらかといえば膨大な時間を無に帰したとなった時の半端ではない虚脱感です。

 実体験から話しています。どうしてこんなに遠回りしてしまったのだろうという感覚。

 誰しもそういう感覚をわざわざ味わいたくはないでしょう。

 これは私のブログや私の有料指導への誘導ではありません。(いくら応募人数が増えようと一度に

 抱えられる生徒さんの数は変わらないので宣伝という行為自体が無駄です)

 誰を見本としてもいいと思いますし私より上手なトレーダーはたくさんいるでしょうが少なくもこの点に関して

 言及し基本アプローチをもっている方に学ぶようにしましょう。

 もしくはそれらについて着目し、自分の観察をもってまずトレードの軸を形成してください。

 断言しますがそれらの構築から取り掛かるのが最短ルートです。

とがき

 これは前にも書いた事ですが私は古い記事もすべて消さずに残しています。

 今読んで見ると「 ずいぶんレベルの低い話をしていたな 」と感じるようなものもありますが

 このブログはもともと自分の記録でもあるため消していません。

 熱心な読者さんはすべて読み込んだ上で指導募集などに応募されてきますがもし今後、私の

 ブログを読み進めようと思っている方は新しい方から順々にさかのぼってみて頂く方が良いと思います。

 指導やトレードを通して脳内が整理され去年と比べてトレードスキルも私自身、かなり向上していると感じますので

 新しく書かれた物の方がそういった状態が反映されているからです。

 よろしければ参考までに。又、四期生の募集に対して問い合わせが増えてきていますが募集時は記事を出しますので

 その時まで応募は控えて頂きますようお願い致します。


 次回は次点トレードについて改めて書いてみようと思います。たぶん。

 高山

  

ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。投資

※受講者
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法


みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 00:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 高山流のトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月30日
高値安値をみれるようになる前のパズルの話


※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。

現在の状況
三期生の募集は終了致しました。四期生の募集時期は未定です。
早くて八月最終週か九月一週目。遅くて10月です。


為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1275右矢印1241右矢印1292位(下矢印2)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG6.PNG


ここから今回の更新

Tesla_S22arony.jpg 

Lightning Bolt BGM

 


   
       
                     右矢印1      ・【次点トレードの前に最低限知っておくべき事B



■ 高値と安値を負う理由はなんでしょうか?

  まず結ぶべき点と点が見えなければ線が生まれません

  では線が生まれたら次に何を観るのでしょうか?

  講習の際、一番最初にズル形式で問題を出しています。

  これは読者のみなさんにも是非やってみて欲しいのでどんなイメージかだけご紹介します。

RAD_Puzzle-Photo.jpg

■ 基本はチャートは左を見て右を想定し、予測し、決めつけてエントリーしていくわけです。

  その左をまず図にします。いくつものパターンがあるはずです。

  すべて描くつもりで書いてみてください。

  一見似たような状況に見えても少し引いてみればまるで違う状況の時もあるはずです。

  例えばわかりやすい例を一つ上げましょう。

1-1
01.PNG

1-2

02.PNG

■ これは非常に単純で簡単なパターンの違いですが例えば以下の場合だとどうでしょうか?

2-1
 03.PNG
2-2
01.PNG

■ こうなってしまうだけでもうわからないという方が多いと思います。
  ではさらにこう見たとしたらどうでしょうか?

3-1
033.png

3-2
044.png


■ 自分がどのサイズの波に対してポジションを持ち、そのポジションの延長上に
  
  マルチで見た波があるのか。単独完結の波なのか。
  
  その判断をしなければポジションを早く手じまうのか長く持てる可能性があるのかさえ
  
  わかりません。そんなトレードは精神的にも継続的に行っていく事は難しいはずです。

  「 自分がどこにいて何をしているのかさえわからないトレードはやめましょう 」

  ンプレート型の商材がまったく勝てないのは

  この事に対しての言及がないからというのも大きな理由の一つです。

    07311.PNG

■ 今回出した例はどれも歩的な比較的イメージしやすい形です。

  ここからどう想定するのかという答えはブログでは紹介できませんが

  こういった想定問題を考えられるだけ描いてみてください。まだまだいくつもあるはずです。

  その中で自分がどのパターンなら対応できるか考えてみてください。

  おおまかな基準や理想とする状況というものを自分の中に持っている方は

  それがどんな状況であれ入るか入らないか入りたいかそうでないかは別として

  いずれにしろ想定はできると思います。

  それがないのであればどれも不可解で似たような形にしか見えないかもしれません。

  そしてこれが解決した後にチャートでパズルの問題を探すために必要な事はなんですか?

  当たり前ですが高値と安値ですね。必要な事はすべて関連性をもっているはずです。

  個別に各優位性をどうこうしても何にもなりません。


■ またパズルのベースに私はダウ理論を引いています。

  しかしながらダウ理論は実をいうとあまり親切な理論とは言えないと思います。

  完全に理論に沿った状態というのは必ずしも毎回起こってくれるわけではありませんからね。

  もしそんな事が起きれば誰も負けない優しい世界。

  しかし誰も勝てない魅力の無い世界になってしまいます。

  そんなわけで実際には予測気味のエントリーというのもあります。

  ではそういった予測気味のエントリーと完全な状態でダウ理論が背景にあるエントリーとでは

  どちらの方が根拠が強いのでしょうか?答えるまでもないですよね。

  例えばこういった判断というのは複合的な判断の一つと言えるでしょう。

  実際にエントリーに至るにはそこにリスクの認識や次点形成の特徴を逆算的に見て

  背景やもたつきやすい所が前後に無いかなどの確認などがあるわけです。

  このすべてを定義する事はできませんが一つの一つの優位性は

  ある程度定義しやすあく比較的認識しやすいはずです。

  Twitterか以前の記事でも書いた気がしますがトレードは足し引きで考え行います。

  優位性の中でトレードをするわけですので優位性と

  ネガティブな要素の足し引きによる判断が必ず必要になってきます。


    5.jpg
■ 事ですが三期生のメンバーをどうにか絞り切れました。

  一期生、二期生に続き三期生も礼儀正しくやる気あふれるメンバーで発進できそうです。

  今までのメンバー同様にチャートを見るのが楽しくなりましたと報告頂けるように

  頑張っていこうと思います。

    それと最近どこかのブログを紹介されてそこに書いてある事はどうですか?
   
  ここで紹介されてるインジケーターどうですか?

  というようなメッセージがちらほらありますが基本的に私は散々様々な物を

  見て、試して、結果今はまったく相手にしてないという立場ですのでが

  そんな私から言える事は誰をお手本にするにしても、どんな言葉に踊らされて

  踊ってる最中のワクワクを楽しんでガックリされるのも各人の自由ではありますが

  基本的に話してる事に一貫性が無い。高値、安値についての言及がない。若しくは薄い。

  インジケーターやテンプレートを中心にまわっているブログやサイト。

  こういった物は排除した上でお手本を探された方がいいですよ。

  毎度の事ですが私よりトレードが上手な人はいくらでもいるでしょう。

  ですので私に学べとも言いませんし私自身そんなに何人も手に負えませんからね(笑)

  ではまた次回!記事は出来上がってるので週末にでもまた。



ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。投資

※受講者
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法


みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 02:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高山流のトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月29日
戻りの範囲の重要性について

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
個人的に読んで欲しい記事
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。投資
※受講者
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

Soft Jazz Sexy Instrumental Relaxation Saxophone


飲めないお酒が飲みたくなります(笑)

最初で最後の指導案内記事お待たせいたしました(笑)

Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1141右矢印1145右矢印1192位(下矢印2)
一週間に1-2度程度の更新でやっていきたいと思います。
引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG6.PNG








※高山の指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。


現在の状況
6月はすでに定数一杯です。希望されたとしても最速でも7月からの受講になります。
又希望者全員をお受けする事はできません。受講前にメールでの面談を行ってから
お受けするかどうか決めさせて頂いています。

 

ここから今回の更新

■ どうも高山です。
  今日は近頃私がTwitterでつぶやきまくっていた事や思っている事を
  ヒントと交えて書かせて頂きます。
  FXブログなのに今回はチャート画像が一枚も無い記事です(笑
  Twitterではかなり色々と核心に近い事などもつぶやいていますのでたまに覗いてみてください。
  一応、次回は戻りのシリーズを予定しています。

■ 私のトレードは基点に見送り指標を見送り次点を捉えるトレ―ドです。
  そのトレードに関連した戻りのシリーズという記事を書いております。

  そこには戻りの範囲という言葉が出てきます。

  戻りのは範囲がわかるという事はトレードの流れすべてがわかるという事といっても過言ではありません。
  The-Wolf-of-Wall-Street-014.jpg
  大げさですか?いえそんな事はありません。

■ 範囲があるという事はそこには縦軸2つの点があるわけです。

  「点」です。

■ 「点」と「点」を結ぶと高値、安値が生まれます。高値、安値の点を結ぶと相場が形成されます。
  チャートは「範囲」で動いています。
  とても単純な単純すぎる動きならイメージできるという方も多いと思うのです。
  しかしいざ生きたチャートを目の前にすると右往左往してしまうわけです。
  

  私が指導する場合、その授業の二週目までにこの範囲の見方を徹底して覚えてもらいます。
  私が教えた後に私の見てる前で実際にシュミレーションして頂きます。
  そしてまず相場の分析なんてものは非常に簡単である事。
  どの時間足であっても同じように見る事ができる事。そして各時間足を連携して見ていくという事が
  難しくはないという事を体感して頂いています。

  一ヶ月の講習の半分をその部分に費やすのはなぜでしょうか?
   image writing.jpg
■ 戻りの範囲というのおそらくみなさんが例えばわかりやすい高値から安値にリトレースメントを引いて
  戻りを見るというようなイメージのものとはまったく違います。
  ちなみにこれは宣伝ではありません(笑)
  六月はすでに受講人数手一杯ですし七月も受講希望を受付らられるかどうか
  まだ特に決めていません。どちらにせよ毎月は無理ですしね。
  

  まあそれはそれとしまして、

  フィボナッチやギャンなどの罫線分析ツールの話
  
  そもそも私はフィボナッチリ系のツール、ギャン系のツールを正しい二点
  及び三点に対して引いてるブロガーや販売者、セミナー指導者に
  対して見た事がありません。あらゆる教材でも見た事がありません。
  単純に高値、安値に引けばいいわけじゃないのです。見るべき高値安値はその時々で違います。
  そしてそれを形式に当てはめて100回やっても100回同じようにその高値、安値でだると判断が
  できなければ意味がありません。

  しかし私と同じように引いてる人は必ずいると思っています。いないわけがない。

  世に出ないという事は考えられる理由としては以下の二点。

  ・誰かに教えるメリットがない

  ・何スパイダーだかなんだかに関連した商材をひたすら売っている猿キャラクターのあの人のように
   FXで儲けずFX商材で儲けた売上を脱税したあの人のように
   被害続出中のローソク足トレードのスカイプ/対面指導を行ってるよ某動物名のあの人のように
    ↑レンジをインジケーターで判断できますなんて言われてる段階で私はトレードを理解していませんと
   自己紹介頂いてるようなものなのですがどうなんでしょうね(笑) 
     そもそも商材などを売る事のみを目的としてる人しか情報発信をしないから

                                               …でしょうね。

  
  では私もいずれかの理由でしょうかね?(笑)

■ そこはどう思われてもどうでもいいです。実際に受講された方が結果を出してくれさえすれば。
  もし何の役にも立たなかったというなら各人、個人で私の指導内容を批判してくれてもまったく
  構わないと思っています。内容流出など契約違反でもされない限りは自由にしてくれていいと思っています。
  ブログでもTwitterでも本当に受講された方なら構いません。

■ ただですね、ブログの中で嘘は一切書いていません。
  無料ですから言葉は濁し、遠回しに言ったりもしますが嘘はないです。
  ですので今日書いたキーワードについて是非考えてみてください。

 戻りの範囲とは何か…を

■ 戻りの範囲がわかると罫線分析が正しく行えます。
  リトレースメントでもファンでもなんでも戻りの範囲がわからないと引く事はできません。
  大きな時間足を意識するのは大切ですよと説明しつつ具体的な方法を何も紹介しないような
  知ったふうな事を言ってるブログを読んでる暇があったらご自分で高値、安値と向き合ってください。
  
  timemanagement_1600x900.jpg  
  マルチタイムで同じように各時間足に対しての分析を毎日同じように行える術が絶対に必要です。
  そうする事で戻りの範囲を知り、そうする事で正しい罫線分析を行え、限られた範囲ににおいて
  次点のアクションを待つ事ができます。

  今一度言いますが値は常に範囲の中で動いています。
  無秩序に動いたとしたらそれは基点形成です。
  しかし基点形成で勝負をしない受講者含めた私たち次点トレーダーは基点で負けるという事を知りません。

  なぜ次点を待つのか?それは〇〇しない。〇〇した。そういった事を例えばMWという相場の基本形に
  当てはめればよくわかるはずです。

  トレードで勝つ事が難しいのではありません。
  トレードで勝つ方法を知る事が難しいのです。
  知ってしまえばどうという事でもないのです。
  だからといって私や誰かに対価を払いショートカットしろという事ではありません。
  自分で気づけたら一番いいのです。それが理想です。私がそうだったように。
  お金が無いなら自分の時間を投資すればいいのです。
  1380018538160746.jpg
  チャートを見る時、どうしても高値安値からは逃げられません。
  そんな事は当たり前だと思う方にお聞きしたいのはそれではあなたは
  高値、安値を実用的に認識・利用できていますか?

  できていれば勝てるでしょうしできていなければ勝てません。それだけです。
  ロウソク足を見るのも高値、安値を見るのも変わりません。
  罫線分析などは戻りの範囲に比べればオマケ程度の存在にすぎません。
  なぜなら罫線分析は戻りの範囲を知った上でスタートラインに立てるからです。
   

 戻りのシリーズの方向転換

■ では次回は戻りのシリーズの続きを。
  ただし今後は戻りのシリーズの内容を見直そうと思います。
  有料受講者に配慮し言葉を選び、無料で公開できる範囲にクオリテイを下げて更新するとなると
  どうしてもマルチタイムで見ていくという事を説明しきれなくなります。というかできません。
  ですので単一の時間足での想定練習などに内容をシフトしていこうと思います。
  又基本的には受講者がいる月は受講者さんになるべく時間を割いていく形になりますので
  週によっては更新頻度が落ちると思います。かなりみっちりやっております。

 高山から受講を検討している皆様へ一言

 私の指導受けない方、受けれない方もこの無料ブログの端々には多くのヒントを詰め込んでおります。
 ブログは無料でやっていますので時にはかなり遠回りした言い回しであったり、あえてわかりずらい解説を
 行っている事もあります。もちろん無料では話し切れない事も多々あります。
 ただ情報としてはすべて嘘偽りの無い私のトレードで得た知識の一部を文字にしております。 
 熱心に読んで頂けた方で多少のインスピレーションに恵まれれば完全なコピーは難しくともある程度、私のトレードに
 近いものはできるようになるかもしれません。是非参考にして頂ければと思っております。

 又、私の受講を検討している方に申し上げたいのは手順さえ知ってしまえばできる事とやはり
 積み重ね続けていかなければいけない事の両方があるという事を理解してください。 

 私のトレードで言えばロウソク足のルールや罫線分析の手順などはほとんど覚えてしまえば誰でもと
 いった感じですが高値、安値を綺麗に目で追う事やラインの中でも特に斜めに引かれるようなラインというのは
 どうしても積み重ねる作業というものが必要不可欠になってきます。

 知識は対価を払ってショートカットできますが得た知識を咀嚼もしないで飲み込むような事はしないでください。
 知識に関しても長い時間チャートを見つめて得てきた私にとって大切な物ばかりです。
 どうか大切にして頂ける方と共有できる事を心より祈っております。




メッセージ募集
テーマ「あなたがトレードにおいて知りたい事はなんですか?
ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。

追加
今、アフィリエイターが捏造大絶賛中の商材、
通称ドラスト正式名称ドランゴンストラテジーFXにご注意を。
この商材はすでにブラックな現状が暴露されていますね。
火消しに躍起なようですがここまで露骨に大量のレビューサイトと
アフィリエイター全力販売されてしまうと墓穴を掘ってるようにしか思えません(笑)
まあドラストやゴルスパなど一斉にアフィリエイターが飛びつく商材はアフィリエイト率が
すさまじく高いですから露骨に気持ち悪いくらいに宣伝されます。
みなさんの中に購入される方はいないと思いますが一応ご注意を。
今週どこかでレビューするかもしれません。この商材ももれなくバックエンド販売
後に控えた販売のプロのいつもの手口です。

みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高山流のトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月17日
高山流のFXトレードの例@
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
緊急・追加アナウンス
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
warning-yellow-tape-featured.jpeg
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

Best Female Vocal Dubstep 2014 Vol. 1 (2 Hours - Free Download) 

花粉症の高山はこの時期、薬のせいで眠くなるので眠気対策に音楽はかかせません。

今日は私のトレードについて少し。
Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1292右矢印1197右矢印1188位(右矢印2)
感謝還元企画にまた一歩近づきました。ありがとうございます。


ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG

〜ココから本日の更新〜



以前メッセージを募集していた時期に頂いた質問に次のような物がありました。

>「高山さんはライントレーダーなのですか?」
  
言っておりますが私、高山の用いる技術のそのほとんどが罫線を用いたものになります。
6.PNG
そういった意味では私はライントレーダーに分類されるのかもしれません。
ライントレーダーというとトレンドラインとレジスタンスライン、サポートラインを主要ラインとした
トレードをされてるというのが一般的なイメージだと思います。
しかし例えばですが以前『ライントレードのラインの種類とその使い方の一例』の中でも話した通り
トレンドラインというのは非常に曖昧で「模倣」するための「基準」として利用するには少々頼りない
というのが私の考えです。

私のブログの中での主要キーワードを思い出してください。

・もっとも安全なトレードは指標を避け、基点を避け、次点を待つトレード
・相場はいつも基準を探している。相場における模倣性
・相場は基本的にいずれかの回帰すべきトレンドの中にいる

この三つに重きを置いてる私のラインの利用方法は少なくとも私がこれまで見た商材やブログ
セミナーの中で紹介された事はない性質のものになります。
しかしそうなると矛盾を感じませんか?

「基準」とはだれにとってもわかりやすい物でなければならないはずです。
誰にも意識されない「基準」を持ち出して「模倣」したとしてもそんな物が機能するのでしょうか?

>おそらくしないでしょうね。

ですので私が用いる基準は特殊なものではありません。
おそらく言われてみれば確かに!と言うものであると思います。
ただその切り取り方が特殊でその利用方法が実用的なだけです。

知っているだけでは…という話をしましたがトレードをしてる中で気づいた事というのは
チャート上の「傾向」である事が多いはずです。
しかし傾向だけ知っていてもトレードはできませんよね。

例えば〇〇では反転する可能性が高い…ですとか
200MAの下では売り、上では買いを考えるべき…とか

どうなんでしょうかね(笑)実用的と言えますでしょうか?

意見は色々あるかもしれませんが私はとてもこういった類のものが実用的であるとは
言えないと思います。

「傾向」に気づいたら実用的な水準で利用できる「方法」を考える必要があるわけです。
では例えば高山の場合どの程度「実用的な水準」で利用しているのか一つ例を出します。

先程列挙した主要キーワードの一つ

・もっとも安全なトレードは指標を避け、基点を避け、次点を待つトレード

これに関連する例を挙げます。このキーワードの最終的な目的は次点を探す事になりますね?
次点を探すために必要な事三点あります。

一つは基点を見つける事です。買いを考えるならば安値です。次点は安値を超える事がないわけです。
ですので次点を待つトレードである以上基点で負けるという事はまずありえません。

そして残り二つは「どこからどこの範囲で次点を探すのか」と「どのタイミングでエントリーなのか」ですね?

後者は高山の場合、ローソク足をルール化してますのでエントリーは問題ありません。しかしそれも
ローソク足だけで見たらだましもあるのです。ちなみにローソク足のルールについては酒田五法はまったく
関係ありません(笑)いたってシンプルです。
Depositphotos_14423769_resize.jpg
前者「どこからどこの範囲で次点を探すのか」ですがこれは罫線を用います。
引き方については今後のコンテンツや企画のために伏せておきますが画像で少し解説します。

5.PNG
罫線を用いた技術は一つのエントリーに対していくつかの種類を使用します。
その順番も種類もいつも同じで決まっています。やり方に基準があるという事ですね。
上の画像はそのいくつかの種類の一つを上げた例です。少しラインを消してあります。
例えば基点から伸びる二本のラインがありますね?次点はこの範囲でなければ見送ります。
仮に次点と想定してエントリーした後、想定した通りに値が動かず上方のラインを抜けてしまったら
ドテン売買を行います。この場合、値はここでいえば高値を「試す」ように動きます。
このドテン売買の目的は損失のカバーであるのでここで高値更新は狙いません。
この基準から伸びるラインは何を基準に引いていると思いますか?
角度でしょうか?(笑)
pointmark.gif
例えばギャンファンの引き方の一つに角度を用いる引き方があります。
先程のラインがギャンファンに関連したものという事ではないです。
一般的に45度に対してギャンファンを引きますので一応未来に引けるラインの一種です。
ギャンという方は当時の相場に45度という基準を見出したのかもしれません。
しかし45度が一体なんだというのでしょうか。基準というにはあまりも一方通行な気がします。
少なくとも私は角度が何度かなんて事を基準にはしません。

角度なんてものは毎回違います。しかし明確な基準はあります。
そしてこの罫線分析に限らずすべての罫線分析を行う上でもっとも練習を要すべき事は
なるべく正確に高値と安値を把握する事です。

また私が利用する罫線の種類やその利用方法はそのほとんどが
次点をとらえるためにあります。ただその一点に集中させています。
wsydblasb.jpg
先程のどこからどこの範囲でというラインの出し方は今後のコンテンツ用に伏せさせて頂きますが
一つだけヒントをお教えします。このラインがいつ引かれるかというタイミングについてです。
このラインは「基点」の候補ができた瞬間にすでに引く事ができます。
そもそも基点で勝負をしない私のトレードでは次点の端っこを取れればいいわけですのでこれは
非常に理に適った安全なタイミングで最速のタイミングともいえます。
そうすると基準の候補を探すラインが必要ですね?もちろんそれもあります。
そのように何が必要かつなげて考え逆算的に学ぶべき探求すべき事柄というのは見えてきます。

引くラインは未来に引き、そのラインで反応する事はとても多いですがそこでエントリーはしない。
基点は見送る。反応があれば「基点かな?」と準備に入るだけです。

基点で負けない。次点で入る。次点で入るという事は必ず高値もしくは安値を背にします。
基点で入るという事は背にするものが何もありません。それってとても怖いと感じませんか?

次点があればそこからおおよその利益を想定する事もできる。しかし基点でうまく値が進んでもそれは
単純な戻りの数値しかわからない。それってどうなんでしょうか?

pointmark.gif
安全で尚且つ勝率が高く、メンタル的にも余裕があり、負ける時も損失を明確に限定できる。
次点トレードの優位性。そしてその次点トレードの精度を高めるための罫線分析。
私の場合はやりたいトレードを実現するための技術がたまたま罫線を用いたものであったというだけです。
知識を頭の中に点在させても一円にもなりません。
どんなトレードをしたいのか。そのトレードを行うために必要なスキルはなんなのか。
つなげて考えてあなたに足りない事、あなたが目指すスタイルを逆算的に考えてみてはどうでしょうか?

メッセージ募集
テーマ「あなたがトレードを行う目的はなんですか?」
                  
次回は…
次回は情報商材やFX商材の特に「売る事を専門」にした人達のやり口と購入者に対して
私が思う事や言いたい事を書いた内容か逆張りについての内容かのいずれかを考えています。
前者に関しましては今後の私の活動内容にも触れるものになりますので目を通してもらえますと
参考になるかもしれません。


ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。

追加
今、アフィリエイターが捏造大絶賛中の商材、
通称ドラスト正式名称ドランゴンストラテジーFXにご注意を。
この商材はすでにブラックな現状が暴露されていますね。
火消しに躍起なようですがここまで露骨に大量のレビューサイトと
アフィリエイター全力販売されてしまうと墓穴を掘ってるようにしか思えません(笑)
まあドラストやゴルスパなど一斉にアフィリエイターが飛びつく商材はアフィリエイト率が
すさまじく高いですから露骨に気持ち悪いくらいに宣伝されます。
みなさんの中に購入される方はいないと思いますが一応ご注意を。
今週どこかでレビューするかもしれません。この商材ももれなくバックエンド販売
後に控えた販売のプロのいつもの手口です。

みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
posted by レジデンス高山 at 00:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 高山流のトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。