FXで6ヶ月毎に生活レベルを激変させてきた記録! > 罫線分析・支持抵抗線シリーズ
2015年08月04日
検索で上位表示されるフィボナッチやギャン系FX商材がなぜ使えない物ばかりなのかについてのその理由と真実。


※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。

現在の状況
三期生の募集は終了致しました。四期生の募集時期は未定です。
早くて8月最終週か9月一週目。遅くて10月です。


為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1292右矢印1247右矢印1239位(右矢印2)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG6.PNG


ここから今回の更新

Tesla_S22arony.jpg 

High Speed Luge in 4k!




■ フィボナッチは人気の罫線分析ツールです。次いでギャンなども人気ですね。
  
  ギャンなどは日本ではあまり積極的に紹介されている所も少ないために、逆にそれを利用して
  
  くだらない内容の商材を販売している方もおられます。
  3.PNG
■ 私はインジケーター、特にオシレーターやその他のインジケーター合わせて数種類を利用した上での
  
  結論としてインジケーターで見られる優位性はローソク足と値動きからも見れると考えていますので
  
  今はインジケーターに幻想を抱く事もなければ新たに探す気もありません。

    12.PNG

■ しかしラインは別です。フィボナッチやギャン、サポートラインやレジスタンスラインと言われる水平線。
  
  そしてトレンドラインなどについては使い道があると考えています。

  ですので過去、フィボナッチやギャンなどの商材や塾が目につけば大抵のものは体験してきたつもりです。

  その中でまともに使えた物、もしくは素晴らしいと言える商材は一つもありませんでした。

  その一番の理由は何んだと思いますか?




  
■ 罫線を用いた分析を語るなら必ずどうやってもどう考えたって言及しなければならない事に対してまるで

  言及がない商材ばかりだから使えないわけです。


  それはか?

  当たり前の話ですが高値安値です。



  信じられますでしょうか?



    罫線を用いた商材であるのに高値、安値に対して適当すぎる内容を簡単に
  
  サラッと書いただけで済まされたものが販売されているのです。

  ありえない話です。フィボナッチ・ギャンが魔法のツールで値動きが追従してるわけではありません。

  値動きあってのフィボナッチ、ギャンです。高値、安値があってのフィボナッチ・ギャンです(笑)

  トレードする上で高値、安値からは逃げられません。

  ここからアプローチを開始せずに何をするのか?カリスマトレーダーの方々に是非、ご意見を伺いたい
  
  ところです。プライスアクションも何らかの罫線を用いたトレードもインジケーターもそうです。

  逃げられません。言及無くしてトレードは成り立ちません。断言します。

   attention.jpg

■ 私はよく受講生にも頂くメッセージの中でも一貫して以下のように言っています。

  フィボナッチやギャン、フォーメーションを用いたものでもなんでもそうですが 
  
  高値、安値に対して罫線ツールの存在なんてものは鼻糞程度の位置づけですよ…と。


■  罫線ツールというのはいくつかありますが基本的に効かせるコツは結構単純です。
 
    では特別な引き方があるのかというと別にそんな事もありません。

   誰が見てるとも知らない誰が意識してるともしれないようなオリジナルなラインを誰が

   意識してトレードするのでしょうか?(笑)

     001.PNG
    
    

   金比に引き寄せられ無意識に意識されるのでしょうか?(笑)
  
   私の引き方も少しひねりを加えてはいますが逸脱した目を引く事が目的のような

   ひねりではありません。相場は常に基準を求めさまよってるという考えを引き方にも
   
   少しばかり加えてみた程度のものです。つまり理由にすべき優位性を背景に引いていますが

   それは全体に合わせるという事ではなく見て取れる傾向を背に引いているわけです。

   ですのでオリジナルだと言ったところでそれは罫線自体に大きな秘密があるわけではありません。

    もちろんフィボナッチが機能する場面は多いですがそれはフィボナッチがというよりもその



   フィボナッチを置いた高値、安値に価値があると考えるべきでしょう。

    もし高値なり安値なり一つ山を間違えて引いていたらどうでしょうか?



   そういった罫線に興味をひかれるならそういった罫線の本質を考えるべきでしょう。

    引いた罫線がよく効いてるとき、価値があるのはその罫線の引き方ですか?

    それとも罫線を引くために抜き出した高値と安値ですか?

    どちらに価値があるのか。どちらに重きを置くのか。

   考えるまでもないと思いますがいかがでしょうか?

  dog-study-quilie.jpg


■ そういった事に言及がないのであればその商材は使えないと判断されるべきでしょう。

  少なくともそれを書いた方は何も理解してない方であり

  商材を通して私はトレーダーではありませんと自己紹介頂いてるようなものです。
    cheerful-man-money-14924479.jpg
  うも私はFXのFの字もわかっておりませんが

 そんな私の商材を買ってくださいませんか?

 お安くなっておりますよ  …と。

  では私が変わりにフィボナッチやギャンの商材を出しますので購入してください…

  なんて話ももちろんありません(笑)

  もうここまで読んで頂いた方ならわかって頂けてるとは思いますが 

  そんな物は販売する程のものではないんですよね。大切なのはそこではないのです。

  ギャンやフィボナッチにフォーカスする前に高値、安値について考えて見ましょう。

  高値、安値から見るパズルの話を考えてみましょう。右矢印1高値安値をみれるようになる前のパズルの話

  フィボナッチやギャンなどというものは前述したような事へのアプローチが決まり、

  チャート上で見ていく高値、安値がある程度見えてきてからで遅くはないし考えるべきでは

  ないと私は考えています。




■ 勝てないとされる方々が大半と言われています。

  だからこそ魅力的な言葉に踊らされる方が多く、又それを利用しようとする人間がいるというのも

  必然なのかもしれません。

    丢失胜利-7479098.jpg

  しかし本当にあなたがゲームとしてのスリルや楽しみを味わいたいのではなく

  トレードで収益を得たいと考えているのであれば心踊らさられる言葉から距離を置き、

  より現実的な戦略とは何かを考えていくべきでしょう。これは言い続けていきますし

  これは絶対にそうすべきです。

  もしくはFXをやめるという選択の二つが最良であると私は思います。


■ 現実的な戦略を考える前にまずは余計な事にフォーカスして時間を無駄にしないように

  以下の記事をまだお読みでない方は一読してみてはいかがでしょうか。

   
       
                  右矢印1      ・【次点トレードの前に最低限知っておくべき事B


■ 次回はたぶん次点トレードについて改めて少し書きます。
  
  三期生のみなさんはとにかくこの一ヶ月は使える時間は
  
  すべて投入して全力で駆け抜けてください。
  
  一期生の頃は私にできてみなさんにできないとは言って欲しくないと言ってましたが
  
  今は一期生、二期生ができてきた事をできないやれないとは言って欲しくないと言えます。
  
  やりきってください。それだけだと思います。 
  
  高山       




ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。投資

※受講者
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法


みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 罫線分析・支持抵抗線シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月18日
《FX》罫線分析と支持抵抗戦(レジサポライン等)への考え方をゆっくり学ぶ(2)水平なラインイメージ
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
個人的に読んで欲しい記事
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。投資
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐欺

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

Earth From Space - HD


ずっと見ていられますねこれ。

こんばんは高山です。
本日も二記事更新してます。
現在募集はしておりませんがちらほらと
指導を希望される方がいるようです。
その辺りに対しての気持ちや仮にやるとなった場合の
環境や流れをもう一つの記事の方に書き出しておきました。

Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1168右矢印1145右矢印1135位(右矢印2)
一週間に1-2度程度の更新でやっていきたいと思います。
引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG6.PNG



ここから今回の更新

■ どうも高山です。前回に引き続き戻りのシリーズを進めようと思っていたのですが
  今回は別のテーマでお送りします。現在私は無料で以下のメッセージに対して全レスしております。

 ・何らかのFX教材、主に塾・アカデミー系の受講を考えている方でそのサービス及び指導内容が
  はたして有効かどうかご自身では判断できそうにない…という問題を抱えている方に対してその
  塾・アカデミーの参考画像や発言、時には実際に体験した上で私なりの評価をお伝えするというもの

 ・あなたが今、トレードする上でで困っている事、わからない事を教えて頂きブログの内容へ
  反映させていただくかもしれないという試み

■ 以上二点ともに基本的に全レスしておりますしレスの中で他のサービスへの誘導もなければ
  私の指導に対しての勧誘も行っておりません。
  そもそも現在何かの募集もしてないのでただただ回答だけを送らせて頂いております。

-その頂くメッセージの中で私のトレードの柱の一つである罫線分析に関係した質問がありました-
1334096061_aae99f245896d1128cc359bc83d31663.jpg
質問

「 自分なりにラインをなんとなく引く事ができるのですが
      そのラインを具体的にどう使っていいのかがイメージできません 」 との事。

■ ラインについては以前少し


■ すでに罫線分析の「 引き方 」だけはお持ちの方も当然いるでしょう。
  今回の方は水平ラインはなんとなく引けるという方のようです。
  その方が言われるには引いた後に値が動いてしばらくしてから見直して見ると
  なんとなく意識されたような動きをしているのでラインは引けてると思うのですが
  ラインに対してのトレードのイメージがわかないという事のようです。

  という事ですので今回は次点トレードを例に水平ラインが引ける方を前提として
  トレードのイメージを考えてみましょう。

最初に言っておきますがラインに対してのイメージ「 非常に簡単です 」(笑)
1334096061_aae99f245896d1128cc359bc83d31663.jpg
次点トレードとは??という方、初めて来訪頂いている方は過去の記事に目を通してからお願いします。

まず水平ラインとはなんでしょうね?

値の先が「 点 」です。その「 点 」を付ける場所が水平ラインであり
点と点を結んだものが「 値動き 」ですね。
その中で次点トレードは基本「 N字 」を書きます。直前の動きから見れば「 MW 」ですね。

もうこれでイメージはつく思うのですがどうでしょうか?
水平ラインに対して
5.PNG

値の先「 点 」=いずれかのサイズの高値安値
5.PNG
点「 点 」を結んだものが値動きであり
5.PNG

その中で「 N 」の右端「 / 」を想定したエントリーをイメージしていく
5.PNG

■ つまりラインというのは特定の形を見るために引くのであり、
  その特定の形がイメージできた時にその場所で特定のアクションを待つために
  引くものでもあると言えますよね。

■ 特定のアクション捉えるためにはエントリーを行うためのルールが必要ですね。
  インジケーターを使って行う人もいるでしょう。私の場合はプライスアクションを
  ローソク足で見つつその騙しをある方法でさらに精度を上げながら取っていく手段を用いています。

■ 今回は水平ラインに対してのイメージとなりましたが他にも斜めのライン、縦のラインがあります。
  これらのラインは基本的には水平ラインでイメージしていく形に他の要素を組み合わせてみていく
  ための手段に引いていくものであって互いに補いあうように引いたものがつまり罫線分析というものです。
  ですからどこで反転するかを予想するために引くというのはラインの正しい表現ではないと思いますね。
  165636-plasticlogic_reader_original.jpg
■ 値の先、未来は誰にも結論づける事はできませんが予想する事はできます。
  なぜ予想する事ができてなぜ結構な確率で当てる事ができるのか。
  それは以前からよく言っておりますが相場の性質、
  
  「 相場はいつも基準を探している 」
  
  これがあるから予測・予測が立つわけです。これがあるからラインが機能していくわけですね。

■ 実際のチャートでも見ておきましょうか。
  私がTwitterで上げているチャート画像をよくみられている方はなんとなく感じられていると思いますが
  私のチャートはいつも特定のルールに沿って引いてるようなライン構成が見てとれるはずです。
  水平ラインに関してもそうです。次のチャート画像は私がいつも引いてるラインと同じものです。
  次点がイメージできる所はどこでしょうか?余談ですが私は基本となる水平ラインは一日一回しか引きません。
  
点と点を結び次点をイメージしてみましょう
5.PNG
するとこんな所がエントリー箇所として見えてきますよね。
5.PNG
そして実際にはこのような形でラインをオーバーシュートする事もありますが
これは基準の大きさに基本的には比例します。基準が大きければ終値で意識してくる事も
多くなってきます。つまり髭です。この辺りはローソク足のルールよって判断が
つくようになってきます。

まとめましょう

■ ライン然り、インジケーターも結局はそうです。値の先をイメージしなくてはエントリーできません。
  当然といえば当然の話です。ですからインジケーターだけ見ていても勝てないわけです。
  そして人間はイメージする時イメージの元となるものは状況からヒントを得ながらイメージします。
  
  青いリンゴを見た事が無い人はリンゴをイメージしろと言われても赤いりんごしかイメージできません。
  
  これもしつこく言っておりますがしっかりと基準を持たないといけません。トレードは基準が大切です。
  私の罫線分析もローソク足のルールも基準あってのものです。
  基準があるから同じ場面を100回やっても100回同じ分析ができ、同じ結論が出せるわけです。
  

今夜も2記事更新しております

メッセージ募集
テーマ「あなたがトレードにおいて知りたい事はなんですか?
ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。

追加
今、アフィリエイターが捏造大絶賛中の商材、
通称ドラスト正式名称ドランゴンストラテジーFXにご注意を。
この商材はすでにブラックな現状が暴露されていますね。
火消しに躍起なようですがここまで露骨に大量のレビューサイトと
アフィリエイター全力販売されてしまうと墓穴を掘ってるようにしか思えません(笑)
まあドラストやゴルスパなど一斉にアフィリエイターが飛びつく商材はアフィリエイト率が
すさまじく高いですから露骨に気持ち悪いくらいに宣伝されます。
みなさんの中に購入される方はいないと思いますが一応ご注意を。
今週どこかでレビューするかもしれません。この商材ももれなくバックエンド販売
後に控えた販売のプロのいつもの手口です。

みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 04:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 罫線分析・支持抵抗線シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月04日
《FX》罫線分析と支持抵抗戦(レジサポライン等)への考え方をゆっくり学ぶ (1)基点探しに使う
前回更新以降アクセスの多い4記事(毎回更新)
通常アナウンス 
毎月、知見を得るため月に2-3個程度、無名・有名商材を購入しています。
すると面白い事がわかるようになります。
トレーダーとは名ばかりの有名商材屋(イサ〇氏等を筆頭にたくさんいますね)さんたちに
よる手持ちのリストに対する販売の流れや季節的な変化が迷惑メールフォルダを開くと
面白いようにわかります(笑)
購入をされる場合は充分に吟味してからにしてください。
特にアフィリエイト率の高い物、インフォ〇ップ絡みのものは要注意です。
緊急・追加アナウンス
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
warning-yellow-tape-featured.jpeg
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。

-凝り固まった脳に刺激を与えるような動画や音楽をどうぞ-

Mission: Impossible Rogue Nation Trailer

早く見た過ぎますね。

Twitterやブログのメッセージ、コメントなど交流が広がっております。
今の所みなさんマナーある方ばかりなのでありがたいです。
今後ともよろしくお願い致します(^-^)

Tesla_S22arony.jpg

応援頂けると嬉しいです^^

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1167右矢印1168右矢印1148位(右矢印2)
かなりの頻度で更新しないとすぐ下がってしまっていたのですが…
ありがとうございます!拡散、宣伝までしてくれた方もいるようで感謝感謝です。


ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
2.PNG6.PNG
▼ココから本日の更新▼


新しくはじまったこのシリーズは私のトレードでは必要不可欠な罫線分析。その考え方やアプローチの仕方などを順々に
ゆっくりと紹介していく物になります。まったりゆっくり進めて行く予定です。
罫線分析の実践的な内容や詳しい私のオリジナルの技術的な話をする場合は閲覧制限や閲覧基準・条件を設ける場合があります。


今日は罫線分析と支持抵抗線について少しお話しをしたいと思います。
 これはとても一回で収まらないので少しずつシリーズ化してゆっくり紹介していきます。
 今回は〚1〛横のライン - その@ 基点探しに使う   を紹介します。
 tumblr_n9upnjWDFt1tho5xzo1_1280.jpg

 罫線分析、私のトレードにおいてはなくてはならない技術になります。
 しかしこの罫線分析や支持抵抗線へのアプローチや考え方などは行っているトレードによって
 微妙に違ってくるのではないでしょうか?

 罫線分析や支持抵線と聞くとみなさん何を思い浮かべますでしょうか?

 ・一般的なレジスタンスライン、サポートライン、トレンドライン

 ・フィボナッチやギャンなどを用いライン

 ・サイクルラインやタイムゾーンと言ったライン
 6.PNG
■どのラインも上手に使えばとても便利でトレードの精度を著しく上げてくれるでしょう。
 しかし目的も無くただなんとなくラインを引いても意味がないわけですね。
 ラインに値が達した時、そこでどうするのか。ラインに達した時は自分のトレードの中で何が
 起きた事を確認するタイミングなのか?そういった目的が先にないと罫線分析も何もないわけです。

 あなたが引いたそのラインは何のためのラインですか?

■明確な回答がそこにあるなら問題ありません。
 しかに理由もなく引かれたラインは迷いを生じるさせる障害でしかありません。

 私は縦・横・斜めの三つの性質のラインすべてを使いますが引くラインすべては
 目的と役割を与えた上で引いています。今回は横のラインを例に話をしていきます。

 横に引くライン その@
 横のラインも状況によってその使い道はいくつかありまして
 その状況や使い方というのは曖昧な裁量判断によって行うものでもなく
 ある程度ルール化された上で利用する事は可能であるという事がまず前提としてあります。

・そのラインに到達したかしないかを見る
・そのラインで反発したかしないか見る
・そのラインを境に「売/買」の目線が変わる事を見る
・そのラインに達した時の特定の動きを見る

■横に引いたラインで見る事はおそらくこの4つのいずれかだと思います。

 その中で今回見ていくのは
 「そのラインに到達したかしないかを見る」

 私がこの見方をする時は決済を行う時か基点を探す時です。

 今回はその中で「次点トレードの準備開始」のための「基点探し」に使うという事を紹介します。

 私のトレードは「指標を見送り、基点を見送り、次点を待つトレード」ですので
 基本的に基点で負けるという事はあり得ません。
 言いかえるなら値がフィボナッチリトレースメントの61.8%をつけようが
 半値をつけようが何か重要と思われるレジサポに到達しようがそこでの
 反対売買はしませんという事です。

 売る時は必ず背にする高値があり、買う時は背にする安値があります。
 基点でのトレードはまさにギャンブル的であると私は考えています。

 そのギャンブル的な基点も探す事自体には意味があるわけですね。
 基点かな?という反応があればトレードの準備ができるわけです。
 のんびりと落ち着いて準備に入る事ができますし次点を待つことの
 優位性は今まで散々述べてきました通りです。

 また基点を探すという事は罫線分析の練習にもなりますし、そこで
 売買するしないは別としても反転する可能性の高いポイントを把握して
 おけるなら把握しておいて別に損はないわけです。

 以下の画像をご覧ください。
 2.PNG

 このような状況の中、今あなたは戻りの中にいます。
 すでに目線は買い目線へと転換したとします。

 さてこのような状況でフィボナッチリトレースメントを引いたとします。
 目線が転換したからといって絶対はありません。
 このままストンと落ちてしまうパターンもあります。
 そこであなたは目線が転換しているしフィボナッチで反転の兆しがあれば 
 売買してもいいだろうとエントリーしたとします。
 するとあなたが背にしている安値はずっと後方にあるわけですね?
 仮に61.8%でエントリーしたとしましょう。
 その下には76.4%もあるしなと安心していたとしましょう。
 その76.4%を飛び越えたらどうするんですか?ナンピンですか?(笑)
 ではナンピンまでして安値を飛び越えたらどうするんですか?

 こうなるとまさに地獄絵図。ポジションへの無意味な執着心が巨大な損失へと
 変わっていくだけになります。

 これが基点で負けるという事です

 まずフィボナッチのいずれかで反応があった。(今はフィボナッチを例に出しています)

 これだけを確認しその反転がどこまで行こうともただ見送ります。
  394359583_f6fc5d4036_m.jpg

 「もし基点で入っていれば…」

 「最初の反転で入っていれば…」

 そのような思いを捨てられない以上ただひたすら基点で負けていきます。
 基点で負ける要因はいくつもありますし基点でエントリーしたとして上手く値が進んだとしても
 その後決済の難しさに気づくでしょう。しかし今回はその話は置いておきます。


 まず特定のライン、今回の例ではフィボナッチリトレースメントのラインで反応を待つ

 反応があった箇所を基点と想定する。

 基点でいくら反応があろうともとにかく基点は見送る。

 反応があった時点で準備を開始する。次点を待つ。

 次点は基点を割る事はないので基点の伸びた先から基点までの戻りで次点を探す。

 基点を割ったらまた基点を待つ。

 戻りの次点の探し方など諸々ありますが今回はフィボナッチリトレースメントしか使っていないという
 条件である事を前提にイメージしてくださいね。

 先ほどの画像を拡大します。

  3.PNG
 一度目の反応後、次点を作らずそのまま戻りの安値更新。
 一度目の反応を見てエントリーしていたら(基点で入っていたら)負けちゃいますね。
 二度目の反応を見て、次点を待っていたら基点を割らずに次点を形成。

 よし!入ってみよう

 画像には基点に限定されたリスクと書いてありますね。
 どんなに踏ん張ってもここを割ったら切りましょうという意味です。
 次点トレードなのに基点を割ったら次点が次点じゃなくなりますので当然ですね(笑)
 しかし実際にはこんなにリスクは抱えません。
 他のいくつかの分析方法によってより次点形成の範囲を絞れますので実際には
 エントリーした足の後方、この場合ならエントリーした陽線後方1pipsで充分です。

 蛇足入りましたが横のラインの使い方その@

 基点を探すために使う。基点でトレードしない。ラインで反対売買はしない。基点で負けない。

 という話でした。

 なんて事ない話ですが、基点を待てるというのは無駄にチャートの前にいる必要はありませんし
 何より限定されたリスクを想定した上でエントリーできる事は非常にメンタル的にも余裕が持てると思います。

 今回は技術的な話ではなく横のラインに対しての考え方の一つの紹介でしたね。
 一応下に、シンプルな画像でまとめておきます。

  1.PNG

 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。

 次回はこちらのシリーズか戻りのシリーズ、もしくは「基準の抜き出し方 お試し編」を検討しております。


メッセージ募集
テーマ「あなたがトレードにおいて知りたい事はなんですか?」
ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。

追加
今、アフィリエイターが捏造大絶賛中の商材、
通称ドラスト正式名称ドランゴンストラテジーFXにご注意を。
この商材はすでにブラックな現状が暴露されていますね。
火消しに躍起なようですがここまで露骨に大量のレビューサイトと
アフィリエイター全力販売されてしまうと墓穴を掘ってるようにしか思えません(笑)
まあドラストやゴルスパなど一斉にアフィリエイターが飛びつく商材はアフィリエイト率が
すさまじく高いですから露骨に気持ち悪いくらいに宣伝されます。
みなさんの中に購入される方はいないと思いますが一応ご注意を。
今週どこかでレビューするかもしれません。この商材ももれなくバックエンド販売
後に控えた販売のプロのいつもの手口です。

みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
posted by レジデンス高山 at 23:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 罫線分析・支持抵抗線シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。