2015年11月08日
寄せられた質問『つつみ足はなぜ反転しやすいのですか?解答編』ローソク足・プライスアクション

※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に確認して下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。




現在の状況
五期生の募集は終了致しました。
次回募集は早くても11月下旬となります。

FXクマ詐欺

応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
6.png10.png


ここから今回の更新▼ 

Tesla_S22arony.jpg 

American Hero Official Trailer

▼ オススメ記事一覧 ▼ 

 

 

 











 今回は前回の質問に対する解答、解説編です。


 time-for-answers.jpg

 「 える過程 」が無いままに解説だけ見てもまったくもって意味がありません。

 本記事を読まれる際は必ず前回の質問に対して「 考える過程 」を経てからお読み頂くようお願いします。

 形で覚えればいいと考える方がいたとするなら正直見込みは無いと思います。

 私は理屈屋なのでトレードは自分を納得させるための勝負だと思っています。

 自分の頭で納得できない事であったり説明できない事を背景にトレードする事は考えられません。

 それは投資ではなくギャンブルだからです。 

 「 なぜ 」そうなのか。

 その理由をもってその過程を見て取れた上で認識する事に意味があります。

 これは波を見る上でも何をするにも重要な事です。

 では解説編をスタートしましょう。

 前回の記事で出題した質問を一つずつ確認していきます。

 まず包み足とされる以下のローソク足がありました。

 20.png

 そして最初の質問ではこの包み足の前のローソク足を取り出して

 以下のローソク足たちがに見えますかと問いました。
21.png


 ここで一つ注意しなければいけません。

 今やっている事はこの一つのフレームのロウソク足「 だけ 」で判断するという前提

 行っております。なぜわざわざこのように注意を促しているかの理由については各自考えてみてください。

 では先程の回答です。

 先程のロウソク足の本体とヒゲ「だけ」で読みとれる動きというのはそれが「正しい陰線、陽線」である限り

 以下のようにしか読み取れません。つまり以下のように読む事に裁量的な判断は一切ありません。

 もっといえばこのようにしか読めないはずです。
24.png

 このように立った二本の陽線続き、陰線続きから見てとてる情報として隠れていたのは

 上昇トレンドと下落トレンドがあると単体のロウソク足「だけ」で判断した場合推測する事ができます。

 大事な事はまず「 基準となる正しい陽線の見方、陰線の見方 」というような「 正解 」を作ってあげる事です。

 そしてさらに大事な事は「 絶対にこうとしか見えない 」という形でなければいけません。

 では本題に戻ります。

 先程の隠れていた上昇トレンドと下降トレンドに包み足を加えて見ます。
25.png
 その上でさらに考えてみてください。つつみ足が追加された時、どのような動きが追加されたのか。

 頭の中、あるいわノートに書いてみてください。

 15.png(作:三期生HANEさん)


 当に実際に描いてみましたか?


 何度も言いますが形で覚えるだけの人と頭でなぞれている上で覚えてる人というのは歴然たる差が出ます。

 これは断言してもいいですが間違いなく前者は見込みがありません。

 少なくともそういった方は私の指導への応募は是非控えて頂きたいと考えます。

 口うるさく色々と言っておりますが以下解答を描いていきます。

 もしそのロウソク足「だけ」で判断した場合、以下のような形意外に読んではいけません。

 26.png
 さてここで前回の質問を思い出してください。

 なぜこれが反転しやすいパターンであるのか。

 包み足というのはどんなプライスアクションを背景としたサインであるのか。

 もうおわかりですね?

 わからない方のためのに先ほどの画像から値動きだけを取り出してみましょう。
 27.png
 さらに付け加えると上記左の売り方向への包み足と右側買い方向での包み足は状況が違う事もわかりますね?


  ➡ 直近上昇トレンドに対し「高値をつけた安値」(ネック)を基点で割った 

     ➡ 上昇トレンドの転換示唆(ダウ理論背景)を背景にした基点ネックブレイクのプライスアクション 

  ➡ 直近下落トレンドに対し「高値を付けた安値」(ネック)を次点で割った

     ➡ 直近下落トレンドに対して次点ネックブレイクのプライスアクション


 という事ができるはずです。

 つまり包み足は何かといえば簡単に言えば「 トレンドブレイク 」を終値に重きを置いて見ているという事です。

 さてこれで包み足の正体がわかると私がなぜ前回、以下のような画像を載せて包み足を紹介しているサイトなどは

 見る価値の無い情報しか書いていない可能性が高いといった理由もわかると思います。
 23.png

 つまり「 ヒゲ 」があって尚且つ「 ヒゲ 」から読みとれる情報が

 「 良い包み足 」と「 悪い包み足 」を見分ける事へつながるという事なのです。

 では例えば以下のような包み足であった場合に信用度は高いでしょうか低いでしょうか。

 28.png

 考えてみましたか?

 正解はこの場合における包み足の信頼度は「 最悪 」です。

 ではこのロウソク足「 だけ 」で判断した場合どのような動きがあるのか実際に描いてみます。
 29.png
 こうなります。見てのとおり、何の根拠も背景もないサインとなります。

 では以下の場合はどうでしょうか?右と左、どちらが信用度が高いか考えてみてください。
 30.png
 考えてみましたか?

 本当に考えてみましたか?

 正解は当然右側の買いサインの方が信頼度は高いです。

 ではまたこのロウソク足「 だけ 」で判断した場合、どのような値動きがあったのか描いてみましょう。

 31.png
 「 だけ 」で判断した場合、こう以外考えられないはずです。

 当然ネックを割った上で終値ベースで乗り上げている方が根拠が高いに決まっています。

 このような目線で包み足に向かえば最善の形、最悪の形、中間の形というように信頼度に評価をつける事ができます。

 ただし最初にも言いましたがこういった事を「 形 」で覚える人というのは

 私が見てきた限り上達が遅く、理解も低いです。ですのでそういった傾向が見られた生徒さんは

 早いうちに毎度叱って見方を変えさせるようにしています。本質はそこじゃないでしょと。

 その背景にある動きも含めて毎回目で追った上で認識する事が大切です。



 回の質問・解説に関連して…

 本文中「 だけ 」と強調してきた事については是非、なぜ強調してるのか考えてみてください。
  
 ところでこのロウソク足の包み足だけでトレードができるかどうか考えた方もいるでしょう。

 その答えは簡単です。


 『 できません。 』


 ぜか?値幅に対しての期待値における優位性等簡単に想像できる物も含め

 理由はいくつかありますが例えば、こういった小さなアクションというのはそれ以上の

 フレームが特定の状態になった時まで「 待って 」から見るものです。

 エントリーにつかうような物ですからエントリーをするしないといった背景があって、

 待っている状態になって、はじめて出てくるものなのです。

 またロウソク足とプライスアクション(値動き)を切り離して考えてしまってはいけません。

 ロウソク足トレード、プライスアクショントレードというような形でわざわざ名前を変えて

 区切って宣伝しているような方というのはこれら二つをまったく別物のように考えているように

 思われますが本来は一緒に紹介されるべきものなのです。

 see-waste.jpg
 さく見ているのか、大きく見ているのか。

 またなぜ小さく見た場合だけでトレードしてはいけないのか。

 その辺りを考えて頂ければ現値分析がいかに大切か見えてくると思います。


 をするにしてもどこかしらで苦労する時間は絶対に必要です。

 投資であろうが何であろうがそれは同じはずです。

 頭を使い、当たり前の事を当たり前で終わらせず、

 他の誰でも無い自分を納得させるためのトレードを構築する。

 一見難しい事も一つ一つ見て行けば意外と単純な事であったりします。

 相場の面白い所は一つがわかると連鎖的に様々な事がつながっていく所だと思います。

 そういった楽しみを感じながら考察を深めてはいかがでしょか。

 長くなりましたが以上解説編でした。 高 山




ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。
投資クマ 勝てない ローソク足FXクマトレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法
みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>
為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1251右矢印1208右矢印1238位(↗)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄せられた質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月02日
寄せられた質問『つつみ足はなぜ反転しやすいのですか?質問編』ローソク足・プライスアクション

※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に確認して下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。



現在の状況
五期生の募集は終了致しました。
次回募集は早くても11月下旬となります。

FXクマ詐欺

応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
6.png10.png


ここから今回の更新▼ 

Tesla_S22arony.jpg 

Sonny Alven feat. Emmi - Our Youth

▼ オススメ記事一覧 ▼ 

 

 

 










 Questions.jpg
 回はDMで頂いた良いと感じた質問を紹介します。

■今回この質問を良いと感じた理由、これは教えられた優位性であったり傾向をそのまま鵜呑みにせず

 なぜ?そうなのかとその理由に疑問を持たれた事です。

■大抵の方は紹介されるがままにその情報を呑みにします。

 ですがいつも言っていますがくだらない情報が横行する投資・情報系業界で尚且つ正解がない分野、

 その中で一番信用できるのは自分の観察結果だけなのです。

 ですので私は指導時も必ず教えた事の優位性だったりなんだりを口にした直後に各人目の前で確認してもらいます。

 確かにそうである…とその理由と理屈、そして実際の現象として

 確認してようやく検証・練習はスタートさせるべきです。

 自分が使う道具に対しての理解を深めるという事は必要な事だと思いますがいかがでしょうか。

 前置きが長くなりましたが今回頂いた質問内容は、

 o-QUESTIONS-TO-ASK-facebook.jpg


 『 なぜつつみ足は反転しやすいサインとしてよく紹介されているのですか? 』



 つみ足について紹介しているサイトはいくつかあるでしょう。

■しかしなぜ?という事について紹介している所はおそらくないでしょう。

 まさしくそのなぜ?という部分が大切であるのに「 形 」で覚えさせようとする。

 もしなぜ?という部分が理解できていたらそれを見る時の注意点も自ずと見えてくるはずなのにそれがない。

 つまり理解がない上で紹介し、又理解の無いものがそれを利用するのですから上手くいくはずがないのです。

 ぼやきが入りましたがまずはその「 形 」で見てみましょう。

 20.png
 ※青が陽線、赤が陰線

 ➡ ようはりなら反転前の陽線の本体を陰線本体が包む形で下に抜ければ売り、

 ➡ ようはいなら反転前の陰線の本体を陽線本体が包む形で上に抜ければ買い、


■これだけです。非常に簡単ですね。

 では本題、なぜこれが反転しやすいパターンとされるのか。
 (ちなみにローソク足単体で見るようなサインの場合、私の中で包み足は三番目に反転しやすいパターンとしています。

 実はこの包み足を説明するとローソク足以外の話題にも触れないといけませんので

 少し長くなってしまうため二回に分けたいと思います。

 ですのでいつもと趣向を変えて今回は質問形式にしたいと思います。

 なぜ?という部分に関して是非少し個人で考えてみてください。

 そして答えに行きつくと結局の所、アホな商材等で横行してしまっているある勘違いにも気づけると思います。

 答えは数日後の次回に掲載するとします。

 その質問を考える上で注目して欲しい事、

 肝心の包み足の前の足に注目してください。
 21.png


■あなたにはこれが何に見えますでしょうか?

 そしてそれが答えられたとして包み足とはではどういったアクションなのでしょうか?

 またそのアクションが想定できたとするならば

 こういったローソク足の並びかた見てとてるパターンの一つとしてつつみ足を見る時、

 注意しなければいけない点があると思いますがそれは何でしょうか?

 以上3つの質問をよろしければ次の更新までに考えみてください。

 ^B1F388B05751C7ED49E6737A79A2BCFA213F8A3057121B72D1^pimgpsh_fullsize_distr.png(作:三期生HANEさん)

■もう一つヒントを置いておきましょう。つつみ足を紹介しいるサイトなどで以下のような絵で

 紹介しているサイトがあったら二度と見ないようにした方が良いと思います。

 おそらくそこには見る価値のある情報が無いと簡単に予想できます。

 それがなぜかという事に関しては三つの質問の一番最初がわかれば答えられると思います。

 23.png

■今日取り上げた質問というのは単体で答えるのなら大した事ではありません。

 しかしこれは所謂商材屋のカモの方たちが食いつきやすいワードに対する勘違いにも

 関係があるためその辺りまで含めて次回紹介していこうと思います。

 余談ですが本文中にて包み足はローソク足の並びかた見て取るようなサインに限った

 場合で言えば私は三番目に反転しやすいパターンと捕捉しています。

 三番目ですので私の場合、かなり状況が絞られた中でないと包み足単体で入るという事は

 まずしないという事を付け加えておきます。

 そういった小さなアクションは結局「 その波はいつ引けたのか 」といった問題の後に

 「 いつ見るか 」という形で取り扱うものであってそもそも単体で機能するサインではないのです。

 それでは数日後の解答編でまた。

 五期生も後半戦、気を抜かずに頑張っていきましょう。

 2015年の生徒さんの募集はあと一回やれるかどうかですね。

 来年についてはまだ特に決めておらずブログを含めて未定です。
  
 『 当たり前を当たり前で終わらせない

   当たり前の中にこそヒントはある 』

                                 高   山




ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。
投資クマ 勝てない ローソク足FXクマレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法
みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>
為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1255右矢印1221右矢印1251位(↗)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
続きを読む
posted by レジデンス高山 at 02:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄せられた質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月29日
<次点トレード>前提を置いたトレードとは〜前提を置かなければトレードはできない〜

※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に確認して下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。



現在の状況
五期生の募集は終了致しました。
次回募集は早くても11月下旬となります。

FXクマ詐欺

応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
6.png10.png


ここから今回の更新▼ 

Tesla_S22arony.jpg 

New Electro Dance & House Music Mix 2015

▼ オススメ記事一覧 ▼ 

 

 

 










Little-Girl1.jpg


■ トレードに前提を置くという事はどういう事か ■


 度々お話していますがトレードというのは前提なくしては成り立ちません。

 では具体的に前提を立てるという事はどういう事なのか今回はお話していきます。

 例えば私が行っている次点トレードを例に出してみましょう。


◎ 点トレードにおける次点前の基点形成

  それが基点形成だと疑う場面は大きくわけて二つです。


  ・ ダウ理論を背景にした基点想定

  ・ ダウ理論を背景にしていない基点想定


  ダウ理論を背景にしていない場合は独自のKOYAMA理論というものを用いて

  いち早く基点を想定し次点を待つ事が可能ですがKOYAMA理論については
  
  私の指導内容に触れますので紹介できませんので今回は前者を例に取って解説していきます。


➡ ウ理論を背景にした基点想定

 今回はわかりやすくシングルフレーム(一つのサイズの波だけで)での解説です。

16.png



 ダウ理論を背景にした基点想定の場合、

 『高値Aをつけた安値B』をブレイクしたら〚反転示唆〛となり、

 基点形成を疑います。その場合高値Aを割らない中で次点を作る事を想定し、

 エントリーに対しての準備を始める事になります。

 <注意:実際にはKOYAMA理論により高値Aまでは待たずより狭い範囲の中で次点を待つ場合もあります

 つまりこの場面におけるダウ理論にによる基点想定の前提とは

 値をつけた安値を割ったら高値の下で次点を作る』

 と言う事ができます。この前提の通りに値が動いたとするとセオリー通りなら以下の通りになる事が

 望ましいという事になります。

17.png

 これは想定できる方が多いと思います。しかし以下のような状況になると

 途端に次に何を待てばいいのかわからなくなってしまう方が多いのです。

 18.png
 さてこれは今、何を想定し何を待っている状態でしょうか?

 ここでこの場面におけるダウ理論による前提を思い出してください。

 値をつけた安値を割ったら高値の下で次点を作る』

 つまりこの場面ではその前提が崩れたわけです。

 前提通りになった事を成功というのであれば、

 この場面は失敗したという事になります。

 高値を割らずに次点を作り、反転していくという前提を次点を作る前に崩された。

 前提の逆であるのならつまり逆方向へ「 反転した 」という事になりますね?

 敗は成功の基とは良くいったもので、

 前提を置く事で失敗(前提が崩れた場合)にも対応できるようになるわけです。

 つまり先程の展開で言えば今度は展開が変わり高値A’をつけた安値B’を

 割らずにA’-B’間で買い方向への次点を待つ展開へと変わります。

19.png

 提が崩れたという事自体がそのまま次の想定へつながるサインへと

 変わるという事です。こういった面からも相場へついていくという事の容易さや

 次点を待つという事による防御面での優位性も又、容易に想像できるのではないでしょうか?

 しかしたったこれだけの想定もできない方が大半だという事実があります。

 授業の頭五分でこの事を確認すると過半数の方が答えられません。

 一方向から見るのではなく双方向に確認できる優位性や現象に目を向けるようにしましょう。

 またこれらが可能である事の大きな要因としてこの相場の構造上の問題が強く関係している事は

 言うまでもないという事を付け加えておきます。

 値がどちらへ行っても対応できるように前提を置くのだという事。その一例でした。


※ 注意点 ※

 崩れてしまった事がその後の想定につながないというものが前提となっている場合、

 それは前提にふさわしくない性質の物である可能性が高いです。

 例えば移動平均線を抜けたら反転示唆などというような事の場合、

 非常に恣意的な傾向を元にした前提・基準であり優位性とは異なるためにうまくいきません。

 相場のNMWという構造を踏まえた上での基準・前提を持ち出す事が重要です。

 そしてその構造を意識する以上、波への執着と理解、波の仕訳が必須である事も又容易に想像がつくでしょう。

 基本的に高値・安値からなる「 波 」を中心とした前提である事は最低限の条件となります。


 ^B1F388B05751C7ED49E6737A79A2BCFA213F8A3057121B72D1^pimgpsh_fullsize_distr.png(作:三期生HANEさん)


  このNMWという相場の構造について、

  より興味深く観察される事を強くオススメ致します。

  当たり前を当たり前で終わらせない。

                                                高 山






ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。
投資クマ 勝てない ローソク足FXクマレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法
みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>
為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1365右矢印1286右矢印1256位(↗)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 04:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 次点トレードの前にしっておくべき事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月25日
ローソク足における正常な陰線と正常な陽線

※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に確認して下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。



現在の状況
五期生の募集は終了致しました。
次回募集は早くても11月下旬となります。

FXクマ詐欺

応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
6.png10.png


ここから今回の更新▼ 

Tesla_S22arony.jpg 

Sexy Motocross Girls 2016

▼ オススメ記事一覧 ▼ 

 

 

 










 ■ ローソクにおける正常な陰線と正常な陽線

 波を描く上でも波を読む上でもローソク足は必要不可欠です。

 ラインチャートは終値ベースで作成されるため実際に値をつけたはずの高値・安値を拾う事ができません。

 又、ローソク足からはストーリーを読み取る事ができます。

 幸いな事にその際、単一時間足限定のロウソク足だけで言えば裁量的な判断の入る余地はありません。

 なぜならば最小まで分解するとすればその内情はともかく認識できるレベルで言えば

 どうやっても一定に収束してしまうからです。

 ただし1つだけ注意を払う必要のある事があります。

 それが同じ陽線・陰線でも正しい陽線・陰線と異常な陽線・陰線があるという事です。


 下の二つの陽線をご覧ください。

 b1.png

 どちらが正常な陽線であり、どちらが異常な陽線かわかるでしょうか?

 わかった方がいましたが是非ご連絡ください。

 そんなあなたはおそらく超能力者でしょう。

 当然この図から見て取れる情報では左右のロウソク足に差異は見られません。

 ではこのように中身が見える状況であればいかがでしょうか?

 b2.png

 中身が見える事のメリットというのはいくつかありますがここでは

 一番単純に見て取れる事を確認してください。それは、、

 どちらのが先に形成されたのか

 という事になります。

 同じ陽線であっても髭の形成がどちらが先かでそのロウソク足の性質が真逆に変わります。


 常な陽線というのは下髭が先で上髭が後です。

 常な陰線というのは上髭が先で下髭が後です。


 つまり先程の図の二つの陽線であれば左側の陽線が正常であり、

 右側の陰線は異常な陰線であると判断する事ができます。


 では異常な陽線・陰線はどのような性質に変わるのでしょうか?

 言葉で表現すると非常に単純な物になります。


 常な陽線の性質  ➡ 正常な陰線と同等

 常な陰線の性質  ➡ 正常な陽線と同等


 ではこの事をどのように利用するのでしょうか?

 この事についての利用方法は複数考えられますが

 私がこの事を視野に入れる時というのは波を引く時のメインフレームを構成する

 波の中の波を見る時のみです。

 <※受講生の場合はSTEP3に該当する事を言葉を変えて表現しているだけです。>

 15.png(作:三期生HANEさん)

 波の描き方については私の指導内容の大きな要素の一つですので割愛させて頂きますが

 波を精密に描くにはどうやってもローソク足への理解を深める事が不可欠となります。

 その一つの要素としてこのような事にも触れてみると良いでしょう。



 今日のあとがき

 私は高値・安値を見る事から逃れたら絶対に勝ち越す事はできないという考えでありますので、

 全ての基準とその基準を取り出す技術に関してとことんまで掘り下げて理屈で自分で自分を納得

 させる事ができるようにその要素一つ一つに関して理解を深める事を徹底しています。

 なぜなら自分の使う道具の事をよく知らずに道具をうまく使いこなせる訳がないからです。

 ですのでローソク足一つにしても愛着を持って接し理解できるように努めています。

 これは私の考えでありますが、絶対という言葉が存在しない相場の世界ですので

 みなさんもそれぞれに基準なり物差しなりを持って相場に接しているかもしれません。

 ですがもしそれがうまくいっていないのであれば、その基準が信用に値しそうなものであるなら、

 その基準を構成する要素一つ一つの理解を深める事にも目を向けてみてはいかがでしょうか。


 高  山


 連 絡

 前回の記事内容の続きは今後適当なタイミングで作成していきます。

 mini.png(作:三期生HANEさん)

 高値安値から離れたら即終了!

 波が描け、仕訳できなければ何もできはしない!』

   高 山



ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。
投資クマ 勝てない ローソク足FXクマレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法
みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>
為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1316右矢印1305右矢印1365位(↘)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 04:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ローソク足関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月20日
FX『 相場における値の範囲 』とは何か?@ - 相場が動く時とは -

※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に確認して下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。



現在の状況
五期生の募集は終了致しました。
次回募集は早くても11月下旬となります。

FXクマ詐欺

応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
6.png10.png


ここから今回の更新▼ 

Tesla_S22arony.jpg 

Motocross Is Awesome 

▼ オススメ記事一覧 ▼ 

 

 

 









Summer-Reading-List-600x397.jpg
■Twitter上で頂く質問の中で被る頻度の高いワードが『 値の範囲 』になります。

 質問頻度の高い内容は記事に反映させて頂きます。

 今回は二回に渡ってお送りします。

 『 値の範囲 』というのは私が分析を行う上で必要なため造った言葉です。

 多少なりとも高値と安値を見ている方からするれば一般的には『 値の範囲 』と聞くと

 例えば以下のような上昇トレンドであれば現値が現状高値に位置する場合、

 その高値からその高値をつけた安値までの事を『 値の範囲 』と思う方がほとんどでしょう。

 005.png

 これは言いかえれば『 戻りの範囲 』となりますね。

左スイングに対しての修正波を認識する際、その下限・上限をダウ理論に照らし合わせて考えるものです。

 私がこれを指す場合には『 戻りの範囲 』と言います。

 一方値の範囲というのは表面的な戻りの範囲ではなく実質的な戻りの範囲を示し、

 このラインまではAのアクション、このライン下ではBのアクションというような仕切りの意味もあり、

 想定される利益を考える上での目安(壁・値の上限下限)でもあり、波と同様マルチ的に発生するものでもあります。

 ですので『 値の範囲 』とは『 戻りの範囲 』とはまた異なるものです。

 主にこれはKOYAMA理論による所ですが今回は以前と少し違った観点から説明したいと思います。

  ➡ 【KOYAMA理論@

  ➡ 【KOYAMA理論A

 先にKOYAMA理論との関係性だけお伝えすると以下のような位置づけとなります。

 マルチタイム的に波を描く(基準に基づきサイズごとに波を仕分ける)

 ↓

 その過程でKOYAMA理論による所の値を『 仕切るライン 』が生まれる

 ↓

 『 仕切るライン 』を境に修正波を打ち返す場面なのかダウ理論を背景にしていなくても

 次点トレードを仕掛ける状況であるのかどうかをラインを通して見れる『 値の範囲 』において待つ事ができる。


 このような形で『 値の範囲 』は表示されます。

 このラインはマルチタイム的に波を仕分ける事と同様に、

 水平ラインであるにも関わらずマルチ的に仕分ける事が可能です

 つまりそのラインに対応した波でのアタックでその時見るべきラインが変わるわけです。

 これは難しい事かといえばマルチ的に波を基準に沿って仕分けてる方であれば

 独断難しい事ではありません。単純に色分けなり番号なりで仕分けた波と同等の

 サイズのラインを見て上か下かで立ち振る舞いを決めればいいだけの話ですので。

 ここで少しチャート画像を見ていきましょう。

 そのラインに対応した波でのアタックでその時みるラインが変わるとは以下のような事を指します。

  001.PNG
 上記ラインと囲いは適当に引いたものではなく縦軸(時間)まで含めて正確に引いたものです。
※各波は指導内容に触れますので記載を避けます。ご了承ください。

 まずピンクに囲った部分の戻りの際は青のラインは例え目に見えていても存在していない事になります。

 よってこのピンクの囲いの戻りの部分の際の『 値の範囲 』というのは以下のようになります。

 002.PNG

 さらに解説をつけると以下のようになります。

 003.png


 このピンクの囲い最高値から囲い内の戻りをつける中で買うとするなら

 実質的な値の範囲と仕切られた上でないと買ってはいけません。

 もしこの仕切りを下回った場合になると直近安値を割っていなくても基点想定となり

 売りの準備段階に入ってしまいます。つまりダウ理論的に見た直近の安値なり高値なりを

 割らずとも反転の可能性を見据え次点を待つ段階へと移行します。

 つまり抜けたらラインの下、抜けた後『 確定 』した安値から見た場合、値の範囲は今度は

上に位置する値の範囲のラインへの変わるわけです。

 ここで間違っていけないのはこのラインは値を仕切るラインであってこのライン上でアクションが起こる

 といった支持抵抗線の役目があるわけではありません。

 ありませんが実際にはこのライン越しにアクションが起こる事は多いです。しかしあくまで基本目線は

 仕切るラインであり左スイングに対しての実質的な『 値の範囲 』を見るものである事を忘れてはいけません。

 ピンクの囲いに対してピンクのラインが役目を終えるとラインは消えます。

 これを解消といいます。そして次は青のラインに対して青の囲いの話に移行するわけです。


 004.PNG

 今回は戻りの範囲に対しての値の範囲という目線で触れましたが、

 この値の範囲というのは『 解消すべき壁 』としての役割もあります。

 先程ちらっと解消という言葉が出てきましたね?

 実はこれは波が引けない高値・安値がマルチで見えてない人がよく使うあの言葉

 『 レンジ相場 』  関連した動きにも関係があるのです。

 『 ボックス相場 』や保ち合いの状態にも実はこの

 壁と壁の解消作業による値の範囲の縮小・拡大

 が関連している事が非常に多いです。というか基本これが原因です。

 これを➡ 次回のFX『 相場における値の範囲 』とは何か?Aで続きを書いていこうと思います。

 ようは相場が動きやすい時とはどんな時かという事に関連しています。

 最後にまた書くつもりではいますがこのKOYAMA理論に基づいたラインは何も複雑な方法を

 用いなければ描き出せないというものではありません。マルチ的に波を描けた上で高値・安値と

 その切り替えしについて丁寧に観察していれば私でなくても気付ける事だと思います。

 何を観察するにしても見つけるにしても結局高値・安値なのです。

 私が卒業生に送る言葉をみなさんにも、
 mini.png(作:三期生HANEさん)

 高値安値から離れたら即終了!

 波が描け、仕訳できなければ分析を何一つスタートできない!』

 しばらくはこの言葉で締めていきたいと思います。

 高 山



ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。
投資クマ 勝てない ローソク足FXクマレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法
みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>
為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1290右矢印1272右矢印1316位(↘)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 04:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寄せられた質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。