2015年10月18日
高山FXスカイプ塾 5期生 募集概要

※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に確認して下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。



現在の状況
五期生の募集は終了致しました。
次回募集は早くても11月下旬となります。

FXクマ詐欺

応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
6.png10.png


ここから今回の更新▼ 

Tesla_S22arony.jpg 

White Noise

▼ オススメ記事一覧 ▼ 

 

 

 









10/19をもって五期生の応募は定員に達したため終了しました。

期 生 募 集 概 要
That-Professor-Failure-Taught-Me-About-Success.jpg

◆ 応募条件 ◆

 1. 生活基盤があり時間的余裕を有し、余裕資金での投資検討・可能な方

 2. 20歳以上である方(学生・無職不可)

 3. PCを所有しインターネット環境の整っている方

 4. スカイプでの受講が可能な方

 5. 現在投資に関する商材販売や情報発信に携わっていない方
   (※過去にある場合には正直に自己申告頂ければ問題ありません)

 6. 一ヶ月間週2程度のペースで17:00以降に二時間程度必ず確保できる方

 7. 受講内容について守秘義務を厳守できる方

 8. 思い込みを持ちこまずフラットな状態で受講できる方

 9. お客様精神を捨てて言われた事を素直に徹底して行える方
   (※お客様は募集していません)

10.写真付き身分証(住所の確認できる物)及び電話番号の提出ができる方
  →以上の物はすべて指導内容の流出を防ぐ目的であり、流出が起きた場合を
   除いて開示・個人利用・流出するという事はあり得ません。
   頂いた個人情報はすべてウィルスにも考慮してPCの外に手作業で保存させて頂きます。

 ● コチラも合わせてお読みください ➡ 【高山に指導を希望される方へ】

▼ 以上すべてに問題がない方は以下へ進んでください ▼


- 応募上の注意・応募の流れ -

■ 応募は当ブログの「 メッセージ機能 」(コメント機能と間違えないでください)かTwitterのDMを

  利用した応募のみで行ってください。


■ 応募時には以下の内容を記入してください。

 @応募条件についてすべて問題無いか

 A投資経験及び投資における現状、投資目的

 Bなぜ応募しようと思ったのか

 C一ヶ月間必ず最後までやり遂げられるか

 D入塾に対しての意気込みなど

 E氏名・連絡先(Gmailのみ)

※ 必読記事に目を通されていない、私のスタンスに理解された方でないと内容的に
  
   判断した場合はその段階でお断りさせて頂く場合もあります。


■ 上記メッセージを頂いた後、メールにて個別面談を行います。

  私の抱えられる生徒さんは限界があり、基本的に少数で集中して行うスタイルで

  行っているため人員は厳選させて頂いております。

  その際、お断りさせて頂く事がありますがこれは珍しい事ではまったく無いため

  そこに関して気にされないように事前に理解された上で応募ください。

➡ 尚、申し込みの詳細や費用、利用規約などについては面談時に確認させて頂きます。


■ メール上のやり取りにおいて24時間経過しても返信が無い場合はその段階で無効とさせて頂きます。


期生受講プログラム
3fb0832.jpg
- 山流マルチタイム次点トレードのために -

第一週 (授業二回) 

DAY.1 (120〜150分)

■ マルチタイムフレームで見る高値・安値に対する基本アプローチ

 > 相場の最小単位・構造・波はいつ引けるのか

 > シングルフレームで見た相場

 > マルチタイムフレームで見た相場

 > アプローチから次点を選び出す

 > 反転と見なす四つのプライスアクション

 > KOYAMA理論

DAY.2 (120分)

■ 4STEPで波をチャート上に描き出す

 > DAY.1で理解した事をチャートに波を描きチャート上で確認する

 > 実際のチャート上で現値(縦軸)に対する現値分析を行う

 > その波の位置づけ、自分が見ている状況が何か、自分が何をまっているのか

 > 詳細な分析・解説を自分に行い、自分を納得させるための分析を構築する


第二週(授業二回)

DAY.3 (120分)

■ 第一週の確認授業と次点部の波の分解による構造確認作業

 > なぜ次点部分の波を分解する必要があるのか

 > この時点での総合分析を私と同時進行で一緒に

 > STEP4・波を機械的に行えているだろうか?

 > 波を描く事に対して90%機械的に行った後での1割の感覚の入れ方

DAY.4 (120分)

■ DAY.3の内容までに関する確認と総合分析練習


第三週(授業 二回)

DAY.5(120分)

■ 最後の最後に確認する足し引きすべき優位性

 > インジケーター、ライン等

 > インジケーターやラインなどに見られる優位性・傾向の扱い方

 > なぜ最後の最後に見るべきなのか

DAY.6(120分)

■ DAY.5までの要素を絡めた総合分析練習

 > 数で馴染ませる作業、波の細かなチェック

 > エントリーを想定した分析練習ができているかどうか


第四週(授業 二回)

DAY.7 - DAY.8(各 120分)

■ 複合的な総合練習

 >完成度を高めるための細かなチェック段階


- 確認 -

 授業は日曜日を除く17:00〜1:00の中で行っていきます。(理想は18:00〜)

 私の個人的な理由などによって授業感覚を調整して頂く場合を除き、

 基本的には週2回、約一ヶ月から一ヶ月ちょっとで完了を目安としてください。

 この環境の維持・確保は必須です。



高山塾の徴・受講者の私に対するレビュー
469_195_samsam_microfoon.png
特徴


卒業生レビュー

 ※四期以降のレビューはリンク先の記事から飛んでください



期生応募希望者の方へ
light house.jpg

 伝えるべき『核』となるべき事は一貫して同じです。

 指導における私のスタンスも同様です。

 前回の募集の際、四期生に向けて書いた言葉、


 これ以上には伝えようもありません。

 募集をかけるごとに応募人数は増えています。

 これが良い事なのかはわかりません。

 私が受け持てる生徒さんの人数が増える事もありませんから相対的に断る人数が増えます。

 一度に受講できる人数を増やす事は物理的に不可能である事以外にも理由があります。 

 適当な商材完結のトレード、中身の無いセミナーや塾を一回二回受けたぐらいじゃ

 何も変わりません。あってないような曖昧な質疑応答タイムなど無意味です。

 いつも言っている事ですが『その他の事』と投資を別物のように

 取り扱う理由などまったくないのです。

 仕事も同じ、スポーツも同じ、勉強も同じです。

 投資だけ特別楽をする方法があるなどと思い込出でいる、期待している人というのは

 人間は見たい物だけを見ようとするという心理的現象にされるがままの

 努力と考える事を放棄した人であると私は考えます。

 じですよ投資もなんでも。

 しっかりと集中して一定のアプローチや物差しを手にチャート

 接し取り扱っていく事で上達していくものだと思います。

 物差しと言葉があればそれなりにうまく付き合っていけるのがチャートです。



 100%が無い世界でどのような基準を持って高値・安値に対して立ち振る舞うべきか。

 そういった事を教えようと思ったらどうしたって少数で集中してやらなければ無理だと思います。

 というような話を改めてする必要が無い方の応募が望ましいです。

 定員は今期も最大でも三名。

 頑張り屋さんとの楽しい出会いを期待しています。

 高 山




ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法
みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>
為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1275右矢印1250右矢印1290位(↘)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高山のスカイプ指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月15日
レジデンス高山指導レビューV 4期生・5期生

※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に確認して下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。





現在の状況
四期生は満員により応募締め切りました。
五期生募集は早くて10月中頃〜10月末を予定。

FXクマ詐欺

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1255右矢印1236右矢印1246位(↗)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
6.png10.png


ここから今回の更新▼ 

Tesla_S22arony.jpg 

Teeterboard | Damien Walters

▼ オススメ記事一覧 ▼ 

 

 

 









期生のみなさん、卒業おめでとうございます』

degree_program_graduates.jpg

 今回のいつもと同様に生徒さんには私の指導に対しての率直なレビューをお願いしています。

 今回もいつもと同じように「 難しかった 」という言葉が並んでいます(笑)

 やはりこれもいつもと変わらず私としては「 そんな事ないでしょ簡単でしょ? 」と

 言い続けてはいますがまず前提として覚えていて欲しい事は、他のいかなる事柄と同じように

 『 技術は使わなければ錆びてしまう 』という事です。

 Sharpening.jpg

 逆に日々、磨き続ければ輝きは失いません。

 手に馴染み、切れ味も増していくでしょう。

 私の場合はほぼ一年中波を書いている上に指導でも波を書いているわけで

 おそらく生徒さんの誰よりも一日に波を書いているはずです。

 私にとって簡単な事が誰かにとって難しいという事は当然あるでしょう。

 ではこの内容が感覚的なもので占められているのかと問えば生徒さんたちのおそらくほぼ全員が

 『 感覚的な内容ではない 』

 と答えてくれると思います。凡人トレーダーは理詰めです。理屈で考えるべきです。

 私はとにかく感覚的な話は最後の最後の最後に持ち出すべきだと教えています。

 そもそも感覚というのは一定の基準を持ってチャートに接しているから養えるものであって


 何もないところから感覚なんぞ生まれないのです。


 なぜ負けトレーダーは負け続けるのかといえば基準が無い事に加え、負けてる場面ばかり見ているから

 潜在意識の中で負ける場面に親しみを感じ、結果的に勝つための感覚ではなく「 負けれる場面を探す感覚 」

 が養われてひたすら負け続けるわけです。

 science-intuition.jpg


 ある意味、現象としては同じですね。それがネガティブに働いているのかポジティブに働いているのかという

 決定的な違いはありますが(笑)

 一つの物差しをもって同じようにチャートを見つめ、アプローチに沿ったエントリーを想定し相場についていく。

 難しいのは覚えた事をスムーズにアウトプットできるか。

 マルチタスクにせずに順々にシングルタスクで一つ一つ処理していけるか。

 それだけの事です。それだけの事ですが知ってるだけなのと、実際にやるのとではやはり違うのでしょう。

 魚を三枚におろす方法を知っていても、やった事がなければ最初はうまくおろせなくて当然です。

 ですから数です。そして数で解決できる理由は一定のアプローチに沿って「 練習 」ができるからでしょうね。



 残念なお知らせ 

 指導をはじめて初めての途中離脱者が出てしまいました。

 これは生徒さんの私生活上のある理由によりどうしても授業を受ける時間を確保できなくなってしまったという事で

 辞退を選ばれたという結果となってしまいました。

 本人のやる気が強く本人としても非常に残念がっていましたが私としても非常に残念です。

 一番最初に全員に言う事ですがやるからにはやり切ってくれと言ってあります。

 今回の事はイレギュラーな出来事で回避できない事だと私も理解していますので

 仕方無い事ではあるのですが受講される以後すべての方たちには

 何事もなく最後まで必ずやり切って頂けるよう願っております。


 ▼ 長くなりましたが以下、過去のレビュー及び今期の四期生から頂いたレビューです ▼

過去の卒業生レビュー



※ 受講を希望されている方は三期生・二期生(一部)の中の下段にある

  「 指導第三期を振り返る + 応募の採用基準 」という部分を願います。
  
   


【四期生】

 ■ orz さん

 7.PNG

 ▼ orz さんへ

 レビューありがとうございます。

 率直な意見で応募される方には良い参考になったかと思います(笑)

 orzさんの場合、最終日には一通りの想定ができるようになっていたのでご自分で書かれていた予感は

 おそらく現実のものになるでしょう。

 人間自分で得られたイメージは大抵その通りにうような気がします。

 改めて細かい所を言わせてもらえればいつも同じような所でミスをされていましたので

 とにかく波を引く際には見逃すポイントが無いように気を付けてください。

 特にSTEP3とピンクの波の中の黒と混ざらないようにしてくださいね。

 手前まで普通にかけているのに突然できていたものがある瞬間だけできていないという同じミスは

 「 ちゃんとやって 」としか言えませんので丁寧に書いてください(笑)

 予感が実現し良い報告が頂ける事のをお待ちしています。

 卒業おめでとうございます。


 ■ S さん

 8.PNG

 ▼ Sさんへ

 Sさんに関しては第一に残念であるという事につきます。

 ただ最後にお伝えしたような事を現在大変な状況ではあると思いますが継続して頂ける事を願っております。



 ■ maru さん

 9.PNG

 ▼ maru さんへ

 うちでは珍しい女性の生徒さん。

 maruさんの授業途中までのイメージは今だから言いますが「 雑だなぁ… 」です(笑)

 もっと細かく書けるでしょ!てな事がよくあったような気がします。

 その辺りも自分で意識されてか終盤には分析における言葉も増え、

 あのmaruさんとの授業で発掘された要素全部乗せの難解チャートでもに落とせていた事は

 上達の証だと受け取って良いと思います。

 四期生の中ではおそらく一番予備知識なく飛び込んでこられたのがある意味よかったと思います。

 なんだかんだいいながらアウトライン的な理解はわりと早い段階で確立できていたと思います。

 問題はmaruさんも細かい所ですよね。言えば「 あ〜そうだ〜 」と腑に落とせていたので

 大丈夫とは思いますが独自のルールなどを作りださないよう細かい所にこだわって作業するように

 心がけてみてください。そういえば夫婦円満の秘訣を聞くのを忘れていました!

 卒業おめでとうございます。


期生卒業おめでとうございます。』

- 期総括 -

■ 今回五期は今までの1〜4期までと少し異なる生徒さん達で構成されていました。

  今回は初心者の方が一名と、専業トレーダーの方が二名参加されました。

  専業の方のうち一名はスキャル、もう一名はデイトレードをされている方です。

  結果から言いますとスキャルで専業をされている方は結果的に、ご自身で確立されている

  トレードを選択される事になりました。

  そしてもう一名の方は最後までやり遂げて頂きました。

  相場は絶対ではありませんし「 手法 」という言い方は表現としてどうもピンと来ませんが

  そういった物も複数あっても不思議ではないでしょう。

  例えばスキャルをなさっている方は局所的な優位性の中でトレードを組みます。

  私達は背景を考えながらエントリーを「減らせる」事を良しとします。

  どちらを選ぶかは自由ですが前者で財を成す方は私の周りも含め才能がいると思います。

  特にターゲットに対するアクションというのはかなり個人差の出る所だと思います。

  私はといえば凡人トレーダーであり、だからこその理屈屋であり、臆病だからこそ

  背景と根拠を求めます。となると必然的に私の指導内容というのは直観的な才能が無く、

  根拠や理屈を求め背景を味方につけたデイトレーダー。所謂波乗りタイプの方向けだと思います。

  今回残念ながら一名途中離脱という形になりましたがこういった事も別に隠す事ではないので、

  今後も何かあれば(いつまで続けるかわかりませんが)総括などでご報告していきたいと思います。

  では以下、五期生二名のレビューとなります。

期生】
※ 一部個人名や個人情報に関わる部分は黒塗りさせて頂いています。

■ 嵐さん

8.PNG
9.PNG

▼ 嵐さんへ

 すでに専業の方という事でのその過信から練習量に影響が出るのではと少し心配していましたが

 そういった事もなく授業毎の頭に提出されるチャート画像に残る努力と、几帳面にまとめられた質問シートから

 大きな期待感を持って授業を行う事ができました。ありがとうございます。

 理解も非常にスムーズで早い段階で会話のテンポもあがり非常に優等生だった印象がのこっています。

 同じ乗りトレーダーとして共感できる部分も多く伝えたい事がスムーズに伝わっていく様は、

 指導を行っていく上結構快感でした。何かアドバイスさせて頂くとすれば、本命を基準とした場合の

 短期的なポイントなどについても視野に入れて頂いてもいいと思います。

 資金がすでにだいぶ大きいようですので厳選されるにこした事はありませんが2フレームエントリーの
  
 特に60分背景の場合で想定はされているのに入っていなかった箇所がいくつか目についたので

 もったいないかなと。そのぐらいですね(笑)

 一ヶ月の私のモチベーションに大きく貢献して頂きありがとうございました。

 また面談などで某トレーダーの噂話の続きを聞かせてください(笑) 

 高 山


■ T さん

10.PNG

▼ Tさんへ

 最後になってわかった事ですが精神的にも時間的にもかなり厳しい環境にあったTさん。

 それでも応募時の約束通り、最後までやり切って頂きご自分でも書かれていますが5回、6回目辺りから

 言葉のやり取りがスムーズになり、波を描く事についてもブレイクスルーしてきてくれたわけですから

 見えない所でしっかり練習されていたのだと思います。

 開始時間がTさんの都合上やや遅い事もあり、色々な事情から睡眠不足のせいもあって小さなミス…

 というかほぼいつも同じ所でしたね(笑)が、気になっていましたがそういった部分を抜き出してしっかり見れば

 認できるという事もわかりましたので安心しています。

 迷ったら書き出してすぐチェックしましょう。指導中と違って私にせかされる事もありませんので冷静に(笑)

 最後までやり遂げてくださりありがとうございました。早めの専業報告お待ちしています^^

 高 山



 卒業生と読者の方に一言。

 何があっても何に目をむけても何がなんでも…


『 値・値から絶対に離れるな!離れたら100%終了! 』


 ▼ 期生募集は現在の所〜10/18までにブログ記事上で報告する予定です ▼




ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。投資

※受講者
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法


みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 03:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高山指導レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月12日
【FX】次点トレードにおける基点形成はどのタイミングで想定すればいいのか【相場分析】


※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に確認して下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。


現在の状況
四期生は満員により応募締め切りました。
五期生募集は早くて10月中頃〜10月末を予定。

FXクマ詐欺

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1300右矢印1271右矢印1255位(↗)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
6.png10.png


ここから今回の更新▼ 

Tesla_S22arony.jpg 

Romeo + Juliet

 

 

 

 








 ask-a-question.jpg

 私たちが行っている次点トレードに対して頂く質問の中に以下のような内容のものを頂く事があります。

 「 次点トレードにおける基点形成はいつ想定すればいいのでしょうか? 」

 この質問は非常に良い質問だと言えます

 なぜなら基点が想定できなければ当然次点を「 まっている状態 」に移行できないのですから。

 その「 待っている状態 」ではただ待っているだけでなくやる事が色々とあるのです。

 例えば基点が形成した(波が確定した)という段階でその基点形成部の波の詳細を

 あるステップによって分解しなければいけません。

 なぜ分解する必要があるのかは是非考えてみて下さい。

 ともかく基点では?と想定しなければ次点トレードがスタートできないという事は想像できるかと思います。

 Forex1.jpg



 基点形成を疑うタイミンングは主に4パターン

  1. ダウ理論を背景にした基点想定

  2. KOYAMA理論に基づく基点想定

  3. KOYAMA理論「 解消後 」の左基点スイング対右スイング

  4. 基点次点同時発生の場合の同時想定

  ※高山オリジナルKOYAMA理論とは?

  ➡ 【KOYAMA理論@

  ➡ 【KOYAMA理論A


 handpressbutton3_63E2404D.jpg
 2〜4に関しましては私の指導内容に触れますので今回は紹介を差し控えさせていただきますが

 毎ブログ頭に列挙されたリンク先の記事などからヒントを拾い集めていけば何か形が見えるかもしれません。

 興味のある方は試みてください。今回の記事の後半に少し触れます。

 今回は一番代表的なその1について主に触れてみます。

 1. ダウ理論を背景にした基点想定


 これは至って簡単な話です。

 まずわかりやすくシングルフレームで確認してみましょう。

 12.png

 これは誰がみても基点想定しやすいパターンですよね。

 高値をつけた安値を割られた→ダウ理論を背景に転換を示唆。

 12.png

 後は戻りの範囲の中で「 波が基準に基づいて引ける 」のを待ち、

 特定のプライスアクションで叩いて売ればいいだけですね。

 画像上に表面的な戻りの範囲と記載していますが実際には戻りの範囲は

 こんなに広くはないのです。潜在的な戻りの範囲が存在します。

 これはKOYAMA理論によるところですので割愛させて頂きます。

 またこの説明ではシングルフレームで紹介していますが、実際には

 マルチフレームで考える必要があります。

 私たち高山組は少なとも2フレーム以上のエントリーを検討しますので

 シングルフレームでの上記のような状態はむしろ買いを待ってる状態だという事です。

 handpressbutton3_63E2404D.jpg

 話を戻しましてこの1のパターンがもしマルチフレームだった場合、

 この割られた安値が「 どの波 」の安値かという問題が重要になります。

 これは割られた後の動きを予想するのに大きく関わるからです。

 これは「 レンジ相場 」になるなどといった曖昧な状態を予想するためではありません。

 ちなみに私は「 レンジ相場 」は存在しないというスタンスでいます。


 例えば最初1に対して2というサイズの波の安値を1というサイズの波で割ったのなら

 戻りは1でなく2でなければいけないわけですね?

 当然2の「 波が描ける時 」を待たずして下落の準備は整ったとはいえないわけです。

 1という波のサイズしか見ていなければ所謂「 レンジ相場 」に見えても仕方ないかもしれませんが

 それは方向感が無いのではなくて単純に2という波に対しての修正波を形成する必要があり、

 なんとなくボックス相場、レンジ相場だと確認しながら上下を気にしてスキャルを繰り返す場面ではなく

 2という波を一つの基準に基づいて描きながら2の戻りが入ったという状態まで悠遊と待っていれば

 いいだけの話なのです。


 少し書きすぎましたでしょうか?

 何にせよ相場で何をするにしても必ずある事に突き当たります。

 「 波 」を描けなければ何もできない。

 という事ですね。波を描くためには何をどう取り扱い、どのような物差しを持って接するか。

 是非考えてみてください。


 お知らせ

 minimini.png( 作:三期生HANEさん)
  現在の予定ですと〜10/18までに5期生の募集をブログ上の記事にてお知らせできるかと思います。

 予定定員は今回も少数にて集中して行いたいので3名以下と考えております。

 また応募に対して誰でもお受けするわけではなく過去の受講生と同じように面談を行った上で指導を

 お受けさせて頂くか決めさせていただく事をあらかじめご了承ください。

 又、お断りさせて頂くケースはまったく珍しい事ではないのでそのような結果になっても

 どうか気にされないようお願い致します。

 募集記事の前にまた4期生のレビュー記事を掲載しようかと思います。

 もしかしたら4期生は3名ですので三名だけで記事を上げるのもどうかなという理由で

 5期生と一緒に掲載するかもしれません。それではまた次回の更新で。

 高 山



ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。投資

※受講者
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法


みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高山流のトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月05日
<FX初心者向け>インジケーターの基本とよくある間違い・オシレーター編といつものメッセージ


※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に確認して下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。


現在の状況
四期生は満員により応募締め切りました。
五期生募集は早くて10月中頃〜10月末を予定。

FXクマ詐欺

為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1262右矢印1287右矢印1300位(↘)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
6.png10.png


ここから今回の更新

Tesla_S22arony.jpg 

Man Up Official Trailer #1

 

 

 

 









オシレーター系インジケーターが手放せない方へ

「 波 」 にシンクロさせて見ていますか?



 Twitterなどで頂く質問内容を分析しているとどうもインジケーター関連の質問者の方が

 非常にインジケーターありきの目線である事が強く伺えます。


 私はインジケーターはある場面を切り抜いた時の傾向をエントリーの最後の最後に一瞬目を配り

 ポジティブな要素のある無しの足し引きにつけくわえる程度にしか見ませんがどうしてもインジケーターが

 手放せない方に向けてインジケーターを使う以上はこれだけは意識しなければいけない事を少し書かせて

 頂こうかと思います。

 say-no.jpg

 まず間違っていけないのはインジケーターにしろラインにしろすべて「高値・安値」からなる

 値動き、つまり「波」をもって生まれているという事を忘れてはいけません。

 それを踏まえた上で最初に絶対に確認しておかなければならない事は、

・インジケーターを見て波(値)を見る…×

・波(値)を見てインジケーターを見る…


 この絶対的な順番を間違えてはいけません。

 よく中期・長期設定のオシレーターを使う方で例えばRSIが50%以下の時、短期がどうこう…

 などというセットアップを紹介されているのを目にしますがこれが所謂、

 「 インジケーター主体のアプローチ 」 となります。


 結論だけ言いますとこれでは本末転倒なアプローチといっても過言ではありません。


 相場の基本構造を改めて考えてみましょう。

 「 N 」というブロックを用いて常にWMを構成しています。

 つまり相場には「 角 」があります。

 「 角 」とはつまり高値安値です。

 その角をつなげていったものがつまり波です。

 オシレーターはこの波をシンクロさせて見る。波に沿ってみなければ意味がありません。

 (波に沿ってみる一例)
 41.PNG

 そういったアプローチではなく例えば

 〇〇以上から下に抜けたら売り、〇〇以下から上に抜けたら買い、

 〇〇がクロスして〇〇%以下から反転したら買い…etcというような見方をしているのであれば


 無駄です。

 こんな事をしているのは勝ち方を知らないトレーダーだけです。


 これを検証と称して時間を費やしている方がいたら直ちにやめられた方がいいです。

 非常に無駄な時間を過ごしています。

 まずやるべきは高値・安値に対するアプローチを固めましょう。


 又、インジケーターが放つサインというものがある種、売買サインへつながる事もあるでしょうが

 無秩序にそのサインを拾い上げても仕方ありません。問題はそれを「 いつ 」見るかと同時に

 「 何 」と見る事でどのように扱うかなのです。


 例えばインジケーターを利用する方の多くは「 エントリーサイン 」に使おうと考え、表示させて

 いる方が多いかと思います。先程、最初に確認しておかなければならないという事を

 思い出してください。

・インジケーターを見て波(値)を見る…×

・波(値)を見てインジケーターを見る…


 でしたよね?エントリーサインのような局所的なサインを見るのであればもう少し的を絞った

 言い方をする事ができます。

 45716_lightbulb-idea.jpg

・特定のプライスアクションを見てインジケーターを見る

 特定のプライスアクションが今見ているローソク足が3分後にある状態で確定すれば

 エントリーしようかなと思うタイミングで「 RSIはどうなっているかな? 」という形で

 見るのが正しい順番です。

 ではそのプライスアクションはいつ見ればいいのか?

 と逆算的に考えると何から手をつければいいのかわかるのではないでしょうか?

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
 ちなみにエントリーに対するプライスクアクションはそもそもいつ見るのかといえば、

 その現在の想定の先にある「 特定のサイズの波 」が「 引けたタイミング 」以降に

 特定のプライスアクションをみる出番がようやくめぐってくるわけです。

 インジケーターの出番はさらにそれより後という事です。
----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+


 ちなみにオシレーターといえばダイバージェンス等の現象に優位性を見出す方もいるでしょうが

 そもそもダイバージェンスを見るにしてもサイズ別に波を認識できてこそ

 対象の角を合わせて正確に見くらべる事ができるはず。

 が描けてはじめてダイバージェンスも見てとる事ができます。

 波を一定の根拠に基づき描けないのであれば

 インジケーターはアクティブにさせることさえできないという事です。

 普通に考えれば当然ですよね。

 そしてそれこそが「インジケーターに対する基本のセットアップ」という事を理解せずに

 インジケーターを表示させているという事は非常に愚かであると理解しましょう。

 good-choice-bad-choice.jpg

 インジケーターを表示させている事が悪影響へつながるのか、それとも想定と分析の最後に少し見る事で

 優位性の足し引きの一つの要素として複合的な判断を助けるものになるのかは今日紹介した基本であり

 尚且つ勘違いが横行したこの基本アプローチを知っているか知らないかだという事を認識してください。

つもの話を何度でも…
  
 FXに関連するブログやサイトは幾千とありますがトレードを実務として取り扱っている人間が書いている

 物というのは非常に一部です。基礎知識や表面的な「常識」について紹介しているほとんどの方が

 例えば将来的にトレードで利益を考えたいという方のメモであったり、

 もしくは商材販売やアフィリエイトで稼ごうとしている方であるという事実を認めましょう。

 その方たちが言う常識は一体どういった立場からの常識なのでしょうか?
 handpressbutton3_63E2404D.jpg

 何が「 常識 」であるのかという事が非常に曖昧で不透明なFXの世界。

 で、あるならば一番信じられるのは自らの観察と考察から得られた傾向の寄せ集めを元に、

 そこからアプローチを考え、集めた「 傾向 」を振るいにかけて優位性を取り出し、

 アプローチに沿って尚且つその優位性の中でトレードをする事です。


 誰に頼るのも夢を見るのを自由です。しかしまず自分でやってみましょう。

 知識や偏見を一度手仕舞ってまっさらな状態でチャートを一度見てみてはいかがでしょうか?

 素直に見ればどこまでいっても高値・安値だという事に直面できる事でしょう。

 そこにたどり着けばようやく正しいスタートが切れるはずです。

 高山



ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。投資

※受講者
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法


みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | インジケーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月25日
<FXチャートパターン>ペナント&フラッグ&レンジの話


※高山流次点トレードの指導を希望されてる方へ※
毎月募集しているとは限りません。私がカバーしきれない人数を一度にお受けできません。
希望されてる方はその都度募集しているか個別に確認して下さい。
尚、検討される際は以下の記事にすべて目を通してください。


現在の状況
四期生は満員により応募締め切りました。
五期生募集は早くて10月中頃〜10月末を予定。



為替ブログランキン10以内到達で感謝還元企画!
第一弾は超簡単ローソク足だけで戻りの範囲を知る方法(初心者向け)を予定
第二弾は超簡単日足始値を使った四時間足プチスイング(10名限定)を予定
※順位キープに応じてその後も新企画を検討予定
今週のランキング推移右矢印1332右矢印1253右矢印1226位(↗)

引き続き応援のほどよろしくお願いします。

ブログランキング上位に純粋な投票で到達しているブログはごく稀です。
上位にいるアフィリエイト、自演サイトはFXの技術が高いのではなくSEO対策と
マーケティングに優れた方々である事を忘れないでください。
情報価値の水準は彼らによって下がり続ける一方です。
応援頂けると嬉しいです^^


Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
色々とつぶやいております
6.png10.png


ここから今回の更新

Tesla_S22arony.jpg 

The Big Short Official Trailer

 

 

 

 





レンジ相場は存在しない

<関連記事LINK> 


 35cf4ef4-9de4-41eb-9e59-63d02e70b5b2.png


 ※今日は2記事同時更新しております。

 私は上記リンク先の記事で以前、「 レンジ相場など存在しない 」と明言させて頂きました。

 その事に対してうなずいて頂く声もいつくか頂きました。

 高値・安値をマルチ的に見てるトレーダーにとってレンジ相場という言葉を使う人というのは

 高値・安値を見る事を放棄した人達、つまり勝つ事を放棄した人達と映ります。


 レンジ相場というのは高値・安値から見るべきアプローチを知らない人が使う言葉であり、

 今見ている各サイズの波が「 今、何をしたがっているのか 」がわからずその結果自分が

 どこでトレードするために「 何を待つべきかのか 」という基本的な事がわからない人が使う言葉でもあるのです。


 私が波の引き方を教える時には「 何をもってして波が引けるのか 」という話から行います。

 何かをもってして一つの波が引けるという事は当たり前の話ですがサイズ別の波というのは順序をもって

 発生するという事です。そして波はある原則から逃れる事ができず絶えず波を描き続けようとします。


 例えば小、中、大の三種類の波があるとします。(実際にはこんなに適当に認識しません(笑)

 中の波の中は小で形成されているとします。とれば中を引くためには小を引く必要があります。

 その結果中が引けるとします。そしてまた中がある要件を満たすと大が引けます。


 仮に大が基点形成を疑える状況になったとします。

 その場合、大は何をしたがっているのでしょうか?大は次点形成を行いたがっています。

 となると大は大の波を引きたがっているわけです。

 大が大の波を引きたがっているという事は中は中を引ける要件を待っているという事です。

 その要件を待つまえにそもそも中が引ける要件を待ちたいわけですよね?


 そうすると小が今、どういった事がしたいのか。具体的に言えばローソク足を特定の要件に

 当てはめる形で最低何本どうこうしたいのかという事までが現値に対する分析が行える事になります。


 そういった形で正しく「 現値 」における現状分析を行える人であれば

 「 レンジ相場 」などという曖昧でレベルの低い表現はしないはずです。

 fear_ofcommitment.jpeg
 今回はレンジ関連の話で所謂チャートパターンにおける

「 ペナント 」 「フラッグ 」

 そしてそこから見られるブレイクトレードについて少し話をしましょう。


 まず「 ペナント 」 「 フラッグ 」の形式的な説明は検索をかければすぐにいくつも出てくるでしょう。

 自信満々の解説を多く目にする事ができると思いますが先に結論だけお話しておきますと「 ペナント 」

 「 フラッグ 」そしてそういったパターンからのブレイクトレードを推奨しているようなブログやトレーダーから

 得られるものは何も無いという事だけ断言しておきます。(高山の個人的な意見です)

 まず「 ペナント 」について確認しましょう。

 形としては以下のような物の事を言います。

 4.PNG



 保ち合いが「 ペナント型 」に形成された物を指す分けですね。

 このペンナントが確認されたらそのブレイクについていく。

 その際、サポレジ的な要素を加えたりトレンドを方向に限定するなど言葉を添えて

 紹介されている場合が多いと感じます。

 handpressbutton3_63E2404D.jpg
 しかしこれも私達、高値・安値を常に把握しながらマルチ的に時系列にそって最速で波を書いて

 いく者たちからすると高値・安値を見る。そこからのアプローチを知る。といった行為をすべて

 放棄しているようにしか思えないのです。


 このペナントの中にも波があり、その波を抱える左スイングがあり、その左スイングには

 直前の波の中での位置づけがあります。


 そういった話があるのにも関わらずどっちかにブレイクしたらエントリーなどという話は

 ラインがどいこうといった話等を根拠にいくら含めたとしても局所的な話だけにすぎず、

 それは根拠あるトレードとは言えないのです。


 高値・安値からみるアプローチに基準を持っている人間にとってそもそもペナントの持ち手部分(棒)の

 段階ですでに待っている動き、トレードすべき方向を頭の中でスタンバイさせている状態でなくてはいけません。


 そしてペナント内の波を処理し、現状まっているべき波のエントリーがくればついていけばいいだけの話です。

 フラッグも同様です。

5.PNG



 どっちにブレイクしたらなんて目線は論外です。

 フラッグも同様に持ち手部分の形成段階ですでに待っている動きがあり、

 まっている動きがあるという事は待っているサイズの波があるという事であり、

 その波が引けるまではそもそもただ見ていればいいだけの話であり、

 それまでやる事とといえば待っているサイズの波の中に相当する波を手順に沿って

 整理しておけばいいだけの話なのです。


 google-keep-icon.png
 ■ 一例としましてこんな状況であったとします。
 6.png

 ■ この状況には所謂ペナントが隠れています。

   以下の画像で確認してください。

 7.PNG

 ■ ペナントブレイクでエントリーしたら利益が出ていそうですよね?

   なんとなく背景的にも下落トレンドのようだしペナントブレイクでトレンド追従かな?

   …なんでしょうねなんとなくって(笑)そもそもトレンドといいますがここはどのサイズの

   トレンドで動いていてそのトレンドの中身はどのサイズの波で形成されているんでしょうね?

   そこまで分析できて初めてエントリーを考えられます。

   以下のチャートをご覧ください。

 6.png

 ■ 私は無料ブログでマルチ的な波の引き方や要件について詳しく書く予定はありません。

   ですのでこれはシングルフレームを「 ある要件 」に照らし合わせて引いた波の一部になります。

   以下の解説も虫食い形式で解説を入れている事をご了承ください。

   ここには書いていない波を含めましてこのエントリーについて説明をしますと、

   ・オレンジの波下落トレンド〇〇波、〇〇下、

   ・中の緑5波背景、〇〇下

   ・緑背景修正ピンク次点、〇〇〇抜けエントリー

   というような形で説明できます。ちなみにエントリーは矢印を置いた所以外ですと

   直近ではエントリーサインはありません。

   そもそもエントリーサインを拾う事を考えるのは縦軸で言うと以下の青い波線部分になるまで

   まずエントリーサインを探す事さえしません。

 7.PNG 

 ボックスブレイク、ペナントブレイク、フラッグブレイク、レンジブレイク、保ち合いブレイクでエントリー

 というのはこれを某ブラック企業ワ〇〇代表の悪い意味で有名な言葉を引用するのであればまさしく


 「 吐きの言葉 」です。


 レンジだペナントだブレイクだと言ってる本人は嘘を言ってる感覚も無く単純に理解無く話してる場合も

 多々あるでしょうがいずれにせよ信用してはならない言葉です。

 「 何をもって波を引けるのか 」を始点にマルチ的に発生・認識していく波の中で

 その波をもって何をするのかというアプローチさえ構築してしまえばあとは「 相場についてく 」だけです。

 その中で後はどこで勝負するかだけです。

 私であれば次点トレード、つまり次点で勝負するわけです。それが2フレームの次点なのか、3フレームの次点なのか

 そもそも次点は「 どこ 」なのかなどという話は波がいつ引けるかを

 理解した上で波を引けていれば想定できない方がおかしいはずです。

 forexonetv-forextrader2.jpg

 エントリーしてから決済までというのはトレーダーの仕事の一部分に過ぎません。

 トレーダーの大半の仕事というのは自分に対して

現値に対しての説明をなるべく詳細に正確に行う事だと私は思います。

 現値が今、どの波の中にいてどの波を作りたがっていて、

 それには最低限何時間必要であるのかを把握し、無駄な時間を

 省きながら待っている特定の波が描ける要件を満たされるのを待つ。


 そして自分が勝負したい場所、待っていたサイズの「 次点 」が形成される要件を

 満たしたら後は、値を叩いていけばいい。

 つまりようやくエントリー〜決済・損切・途転を行う機会に巡り合えるのです。


 それはレンジやらペナントやらがブレイクしたらやってくるのではありません。

 又、ペナントよりフラッグの方が。フラッグよりペナントの方が信用度が高い・低いというような

 話をたまに目にしますがこれも同様に無意味で理解が深いとは言えないアプローチであると

 私は個人的に考えております。ゴミにも等しい情報に右往左往されないよう何にフォーカスすべきが

 慎重に精査し個人での観察や学習に取り掛かる事をオススメ致します。

 高 山




ツイート、いいね、ブックマーク、ランキング等応援よろしくお願いします(^^)

Twitter開設しました
ブログ右サイドより見れます。
よろしければフォローお願いします。
 ランキング感謝還元プレゼント企画についてのお知らせ

 みなさんの応援のおかげで少しずつ順位が伸びてきています。ありがとうございます。
 みなさんのクリックがそのままランキングに反映されております。
 その感謝還元企画として10以内達成時、またそのランキング維持に際してのプレゼント企画を
 用意しておりますがまだまだ先は長そうなのでその手前、50位でもプレゼント企画を行いたいと思っています。

 Twitterの方でもつぶやいたのですが日々、応援してくださってる方向けの特別枠とそれ以外の方への一般枠との
 二つを用意して抽選にしようと考えております。

 何をプレゼントするかはまだわかりませんが基本的に当ブログより発行する物で特に技術的な部分に触れる物は
 その流用やその技術を用いた商材への転用、個人でのトレードを行う以外での金銭を目的とした利用防止のため、
 又そのような事態が起きてしまった時に迅速に然るべき対応がとれるようにするために、
 利用される方の個人情報を把握・管理させて頂く事を前提としております。
 応募の際はそのような事も再度お伝えしますが、
 それでも良いという方向けになるという事はあらかじめご了承ください。


緊急・追加アナウンス
ローソク足トレード関連の商材、講習系サービスに要注意!!!
danger-housing.jpg
最近また動物名のローソク足トレード販売者(以前はブレイクトレードツール販売者)がまた
精力的にレベルの低いローソク足トレード販売に力を入れていますのでご注意ください。
身銭を切ってすでに体験済みですがとても薄い内容のものでした。
受講者の被害が拡大してるようです。
ローソク足トレードの商材、セミナーを販売している長年高勝率を謳い商材やツールを販売している方がいます。
ブログは自演ブログを合わせるといくつかの名前がありますがメインブログでは動物名を使っています。
以前はブレイクトレードの商材を勝率9割と言って販売していました。もちろんそんな勝率は嘘です。
これはその昔コミュの方が人員二人で各自300時間程テストしており断言できますが勝てません。
ローソク足トレードは商材、セミナーの販売です。これもローソク足の使い方を知っている人間からすると
まったく意味のないレベルの低い内容になっています。ローソク足の陰線、陽線のペア自体に意味などありません。
ペアに意味があるのではないのです。ルールは確かに明確ですが勝てない事への明確性に価値など無論ありません。
ブレイクツールで9割勝てるならそれをやっていればいいのでは?(笑)と。購入は自由ですがご注意を。
機会があれば詳しく商材レビュー致します。投資

※受講者
投資クマ 勝てない ローソク足トレード 詐トレーダー くま FX 最強のロウソク足トレード手法


みなさんへお願い
私のブログを誰かに紹介して頂いたりするのは大変嬉しいのですが
その際、一つだけ注意願いたい事があります。このブログ及びブログ上の画像等の切り出しや
記事の文面の転載、画像の転載はおやめ下さい。リンクはフリーです。
これは必ず守って頂くようにお願い致します<(_ _)>

★為替ランキング10以内到達達成で感謝を還元!
 応援よろしくお願いします。
   誰かのためになっているならに嬉しいです。
   ↓↓暇つぶしにはなったという方はクリックをお願いします(笑)↓↓
   更新頻度に反映させて頂きます。
   にほんブログ村 為替ブログへ 
   にほんブログ村   
   
   
posted by レジデンス高山 at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXを開始する前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。